ツアーB JGR ドライバー の3代目 2019年モデルの最新情報をまとめました!

ブリヂストンから発売のツアーB JGRドライバー 2019について、最新情報を取り上げます。

ツアーB JGRドライバ―は今作で3代目となる!

ツアーB JGRドライバ―は、前作が2017年に発売されていて、2年ぶりのリニューアルとなります。その前にJGRドライバ―として2015年に発売されていますので、JGRとしては3代目のモデルとなります。

新機能 サスペンション-コアを搭載

NEW ツアーB JGRドライバ―では、フェースの直ぐ後ろに黄色いネジが差し込まれています。

出典:https://store-bridgestonesports.com/item/detail?item_code=GDJD1W&rf=recommend_view_top

フェースの裏から1点を効果的に抑えることで、ルール上限を超えずに、オフセンターの反発性能を高めています。

スイートエリアが広くなりますので、打点のズレに対して寛容性が高く、飛距離のロスや弾道のそれが抑えられます。

ヒールのウェイトは交換できる

ヒールに装着されているウェイトは、オプション購入で交換することができます。標準では10gが装着されていて(一部スペックでは8g)、2~20gまで2g刻みで用意されています。

この位置のウェイトはボールのつかまりを大きく左右しますので、よりボールをつかまえたい方は重いウェイト、逃がしたい方は軽いウェイトにすると良いでしょう。

なお、カチャカチャ式と呼ばれるシャフト抜き差しの機構は搭載されていませんので、ロフト角の変更は行えません。

シャフトラインナップが多く、幅広いヘッドスピードのゴルファーに対応

ツアーB JGRドライバ―の特徴として、シャフトのラインナップが多い点が挙げられます。ツアープロでも使われていて、様々なヘッドスピードやニーズに対応できるようになっています。

公式ページでのヘッドスピードの適合表では、標準シャフトのTOUR AD for JGR TG2-5は約38~47m/s、軽めのエアスピーダーは約33~40m/s、その他のシャフトは約43~48m/sとされています。

ツアーB JGRドライバ―を所属プロが試打して解説

ツアー B JGRドライバ―のスペック

ロフト角 9.5° 10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 460cc
長さ 45.5インチ
フレックス S/SR/R

あわせて読みたい