XXIO ゼクシオ 9 アイアン 試打・評価・徹底解説

XXIO 9 アイアンについて取り上げます。

ゼクシオ 9 アイアン

ゼクシオ9アイアンは、2016年に発売されているゼクシオの9代目のアイアンです。

発売時のキャッチコピーは、「5ピース構造でゼクシオ史上最も低重心、やさしくグリーンをとらえる」となっていまして、球の上がりやすさと寛容性を備えたアイアンです。

アベレージゴルファーの実打点に合わせ、フェース下部を拡大している

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2015/sp/2015_s27.html

アベレージゴルファーの打点がフェース面上の下部に集中することから、チタンフェースの面積をした方向に拡大しています。

フェース下部での反発性能が高められていますので、下目で捉えた際の飛距離の大きなロスが抑えられますので、打点が低過ぎて飛距離が伸びない方は、平均飛距離がアップしやすくなっています。

5ピース構造により、低重心・大慣性モーメントを実現

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2015/sp/2015_s27.html

ゼクシオ9アイアンでは、前作の3ピース構造から更に細かい5ピース構造になっています。内部ウェイトがトゥ側・ヒール側に搭載されていますので、低重心化に加えて、左右方向の慣性モーメントが大きくなっています。

ボールが上がりやすく、打点のブレにも強さを発揮してくれますので、やさしいアイアンに仕上がっています。

シャフトはゴルファータイプにより2種類から選べる

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2015/sp/2015_s27.html

シャフトはカーボンのMP-900とスチールのNSプロ890GH DST for XXIOの2種類が用意されています。

軽めのクラブでゆったりしたスイングの方、しなりを生かしてスイングしたい方はカーボンシャフトを、重量を感じながらしっかりめのシャフトで振り抜きたい方はスチールがおすすめです。

ゼクシオ9アイアンの公式動画


メーカーによるゼクシオ9シリーズの公式動画です。Dual SpeedUp Technologyの解説、5ピース構造の分割動画を確認することができます。

ゼクシオ9アイアンの試打・評価

  • ゼクシオ8よりもソールの幅が広く、ポケットも深くなっているため、ボールが上がりやすく、スイートエリアも広くなっている。
  • ゼクシオ8よりもシャフトが軽く、ヘッドに重量配分されているため、同じスイングでも大きな力がボールに伝わる。

ゼクシオ9アイアンのスペック

番手 ロフト角(°) ライ角(°) クラブ長さ(in)
4 22 60.5 38.5
5 24 61 38
6 27 61.5 37.5
7 30 62 37
8 34 62.5 36.5
9 39 63 36
PW 44 63.5 35.5
AW 50 63.5 35.5
SW 56 63.5 35.5

ロフト角・ライ角・長さといった基本スペックは、前作とゼクシオ8アイアンと同じです。

あわせて読みたい