NSプロ950GH neoは従来の950と何が違う?飛び系アイアン用の新シャフト

日本シャフトからアイアン用に新たに発売のNSプロ950GH neoについて取り上げます。

従来モデルはアイアンのスタンダードシャフトとして長らく支持

アイアンのシャフトと言えば、長らくダイナミックゴールドとNSプロ950GHの2択でした。特にNSプロ950GHは、軽量スチールシャフトとして、しなりとスイングのしやすさから多くのゴルファーに支持されてきました。

しかし、最近ではストロングロフト化によりシャフトへのニーズが少しずつ代わり、また、より軽量でしなりのあるカーボンを標準シャフトに採用するケースも増え、NSプロ950GHが標準で用意されていないモデルも散見されるようになっています。

このようなアイアンの変化に対応するかのうように、950GHは新たな進化版モデル、NSプロ950GH neoが生み出されています。

NSプロ950GH neoは飛び系アイアン向けのシャフト

最近のゴルフクラブは、アスリート向けのドライバーが軒並み460ccの最大サイズに変わってきているように、全体として、やさしいクラブに向かった流れがあります。

アイアンでも同じようなことが起きていて、大型化・ストロングロフト化が顕著にみられます。数年前までは7番アイアンが30°でストロングと言われていましたが、2019年に発売のゼクシオクロスアイアンでは25°となっていて、ストロングロフト化はますます進んでいる状況えす。

NSプロ950GHは1999年に誕生したシャフトのため、開発された時の市場ニーズが現在と大きく変わっているのは当然と言えますし、逆にここまで長く利用されていたことを考えると、品質の高さを感じさせます。

中間部の剛性を高め、先端のしなり戻りをアップ

従来の950GHは中間部が柔らかめでしたが950GH neoでは、中間部の剛性が高められ、先端部がしなりやすくなっています。

近年のアイアンはストロングロフトで、ボールを前に飛ばす設計となっていて、ライナー弾道が出やすく飛距離が出る反面、アイアンの本来の弾道である上がって止まる動きが鈍くなってきています。

そこで、NS950GH neoでは、先端が鋭くしなり戻る設計となっていることで、打ち出しが高くなり、さらに、スピンも掛かりやすくなっています。

出典:https://nipponshaft.co.jp/product/steel_950gh_neo.html

メーカースタッフがNSプロ950GHの従来シャフトと新作neoについて解説

NSプロ950GH neoのプロモーション動画

NSプロ950GH neo の評価

アイアンのストロングロフト化や低重心化が進み、アマチュアゴルファーでも楽に遠くへ高くボールを飛ばすことが出来る様になりました。ですが、多くのアマチュアゴルファーのヘッドスピードだと、スピン量が足りずにグリーン上で上手くボールを止めることが出来ない

『N.S.PRO 950GH neo』は…スピンレスになりがちなヘッドやボールでも適正スピン量に補ってくれる特徴を持っています。今までよりも高く・遠くへボールを飛ばして、なおかつグリーンで狙ったところにピタッと止められる
引用:https://nipponshaft.co.jp/950ghneo/

体感的には「NSプロ 950GH」よりも硬く感じ、しっかりしていて、「中折れ」する感じがまったくない。

ダウンスイングからインパクトにかけては、シャフト先端側のしなり戻りが鋭く…打ち出し角を高く、スピンが少し増える
引用:https://lesson.golfdigest.co.jp/gear/special/impression/gt1000010464303.html

飛び系アイアンが主流になったことで、ヘッドが全体的に大型化かつストロングロフト化している中、払い打ちでもボールが上がるようになっているという。

ところが、ストロングロフト化することでトータルの距離は伸びるもののスピン量が減ってしまうことにより、キャリーが少なくランが多いというのが最近のアベレージゴルファーの弾道になっている。

本来、アイアンは狙った場所にボールを止めるという役割のクラブなので、『950GH neo』はそれを実現する
引用:https://www.gew.co.jp/news/maker-news/g_58359

NS950GH neoのスペック

フレックス 長さ(in) 重量(g) バランス トルク(°) 調子 Butt(mm) Tip(mm)
R 39.5~35 94.5 51.5 1.9 15.24 9.02
SR 39.5~35 97 51.5 1.8 15.24 9.02
SR 39.5~35 98 51.5 1.7 15.24 9.02
X 39.5~35 104 51.5 1.6 15.24 9.02

 

あわせて読みたい