タイガーウッズ、渋野日向子に見るフェアウェイウッドの使い分け

フェアウェイウッドの選び方について、タイガーウッズ、渋野日向子のクラブセッティングを参考にしながら解説します。

フェアウェイウッドを苦手なクラブに挙げる人が実に多いのですが、フェアウェイウッドを2本、3本とクラブセッティングに取り入れるのであれば、選び方にも工夫が必要です。

フェアウェイウッドは同じモデルで揃えている方が多いが・・・

フェアウェイウッドは、殆どのモデルで番手が複数用意されていて、だいたい2~4種類ぐらいます。

そして、クラブセッティングへの取り入れ方としては、同じモデルで2種類ほど買い揃えて、ドライバーからアイアンまでの飛距離を等間隔に埋めている方が多いと思います。

しかし、複数の番手を用いる場合、例えば、3番と5番を用いる場合、使い方によっては同じモデルで揃えない方が良い場合があります。

タイガーウッズは3番と5番でモデルが違う!

ここでタイガーウッズのクラブセッティングを見てみましょう。

タイガーウッズ クラブセッティング・プロフィール・スイング動画

2019年頃は、M5ドライバー、M5フェアウェイウッドの3番、M3フェアウェイウッドの5番です。

もう少し前の2017年頃は、M2ドライバー、M2ツアーフェアウェイウッドの3番、M1フェアウェイウッドの5番です。

同じモデルで揃えた方が使いやすいように思われますが、タイガーウッズは5番ウッドだけ敢えて異なるモデルを採用しています。

これは、ドライバーと3番ウッドは飛距離を重視していて、5番ウッドは小ぶりなヘッドで操作性を重視していると考えられます。実際、5番ウッドのヘッドは、M5よりもM3、M2よりもM1の方が小さく設計されています。

タイガーウッズが敢えて使用するM3フェアウェイウッド

M5フェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

渋野日向子もフェアウェイウッドの3番と5番でモデルが違う!

今度は、渋野日向子のクラブセッティングを見てみましょう。

渋野日向子 クラブセッティング・プロフィール・スイング動画

2019年は、G410プラスドライバー、G410 LSTフェアウェイウッドの3番、G410フェアウェイウッドの5番です。

タイガーウッズのように世代を跨いだ使い方はありませんが、それでも3番だけ低スピンモデルを採用しています。

低く強い弾道で飛ばせるG410 LSTフェアウェイウッド

PING G410 LSTフェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

飛距離重視かコントロール重視か?

先ほどの2人のプロのクラブセッティングで共通して言えることは、3番ウッドは飛距離重視、5番ウッドがコントロール重視の色合いが出ている点です。

これはプロに限った話ではなく、一般のゴルファーの方にも当てはまります。特に、アマチュアゴルファーの方は、飛距離とコントロールという2択ではなく、球の上がりやすさ、スピン量など、アイアンに近づいていくクラブですので、重視したい要素を改めて考えてみると、適した別のモデルが見えてくる可能性があります。

まとめ

フェアウェイウッドはアイアンと同じく、全ての番手を同じモデルで揃えてしまいがちです。

しかし、番手によって打ち方、求める要素が大きく変わってくるのであれば、異種のゴルフクラブと考えて、異なるモデルを選んだ方が攻めやすくなる場合があります。

2本、3本使われている方は、飛ばしたいか、上げたいか、止めたいかなど、気にしてみると良いと思います。

あわせて読みたい