スリクソン Z785アイアン 試打・評価・徹底解説

スリクソンのZ785アイアンの試打・評価について取り上げます。

スリクソンZ785アイアンの特徴について

スリクソンZ785アイアンは、Zアイアンの2018年モデルです。左がポケットキャビティータイプのZ585アイアン、右がハーフキャビティータイプのZ785アイアンで、2種類のヘッドが発売されています。

Zアイアンは、当初、5、7、9の3種類のヘッドが発売されていましたが、2018年モデルではドライバーも含めて9のヘッドが廃止となっています。

ゴルフクラブ全体として、プロモデルもやさしい方向にシフトしていますので、スリクソンのモデルラインナップもそれに沿った形となっています。

ハーフキャビティー構造で操作性を高めたアイアン

Z785はポケットがなく、ハーフキャビティーとなっています。フェース周辺部のキャビティー部分がZ585と比べて薄めになっています。

Z585は飛距離とやさしさを重視した形状ですが、Z785は操作性を重視した形状となっています。

芯で捉えた時の打感が柔らかい

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2018/sp/2018_s90.html

打点となるフェースセンター部分のバックフェースが肉厚になっています。

弾き感の強いZ585アイアンに対して、Z785アイアンは芯を食った時にやわらかさがあり、しっかりと押し込んでいけるマイルドな打感です。ショットのレスポンスを求める上級者に好まれる打感となっています。

ストレートネックでインテンショナルに打ち出せる

ネックはすっきりとしたほぼストレートです。

Z585はややグースが効いていますが、Z785はFPが大きく、意図した球を打ちやすくなっています。

スリクソン Z785アイアンのシャフト

公式サイトで紹介されているシャフトは4種類あります。

  • ダイナミックゴールド DST シャフト
  • ダイナミックゴールドシャフト
  • N.S.PRO 950GH DST スチールシャフト
  • N.S.PRO MODUS3 TOUR120 スチールシャフト

スリクソン Z785アイアンの公式動画

Zシリーズアイアン2018年モデルの公式動画です。Z585 アイアン、Z785アイアン、ZU85ユーティリティについて紹介されています。

スリクソン Z785アイアンの試打・評価

  • スピン性能が高く、ボールが高くあがる。
  • 外観は前作のZ765アイアンよりスマートに見える。
  • 球を拾いやすい。

  • 打感が良い。球が喰い付く。
  • フック系、スライス系など、球を操作できる。
  • 前作よりもすこしつかまりが良く、フェースターンがしやすい。

スリクソン Z785アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 FP 長さ
3 20 60 2.9 38.75
4 22 60.5 3 38.25
5 25 61 3.4 37.75
6 28 61.5 3.5 37.25
7 32 62 3.8 36.75
8 36 62.5 4.1 36.25
9 41 63 4.5 35.75
PW 46 63.5 4.9 35.25
AW 51 63.5 5.4 35.25
SW 57 63.5 6 35.25

前作のZ765アイアンとロフト角・ライ角は同じ設定になっています。同年モデルのZ585アイアンと比べると、7番のロフト角は1度寝た32°です。

 

あわせて読みたい