SIM MAX Dフェアウェイウッド(日本限定)の最新情報

テーラーメイドのSIM MAX Dフェアウェイウッドがテーラーメイドのセレクトフィットストアにて限定発売となっています。

SIM MAX-Dシリーズは、つかまりが良く、寛容性が高い

テーラーメイドのSIM MAX-DシリーズがSELECTFIT STORE(セレクトフィットストア)限定で発売となっています。

SIM MAX-Dは、SIM MAXよりも「つかまりやすさ」と「寛容性」に優れたモデルで、ドライバー、フェアウェイウッドがあります。

そもそも、SIMの前のMシリーズの時代も含めて、スタンダードモデルの他にD-TypeというモデルがUSでは発売されていました。

今回は、日本でも取り扱いされたということになり、シャフトも日本向けのものが挿入されています。

SIM MAX-Dフェアウェイウッド

SIM MAX-Dフェアウェイウッドの特徴について、主にスタンダードモデルのSIM MAXフェアウェイとの違いに注目しながら見ていきましょう。

ドローバイアス設計

出典:taylormadegolf.jp

SIM MAX-Dシリーズのフェアウェイウッドは、Dドライバーと同様にヒール寄りにインナーウェイトが搭載されています。

ヘッドが返りやすい重心設計となっていますので、スライスに悩むゴルファーが使いやすいフェアウェイウッドです。

ハイロフトで、球が上がりやすい!

出典:taylormadegolf.jp

SIM MAX-Dフェアウェイウッドは、SIM MAXフェアウェイウッドよりもヘッド体積が大きいだけでなく、ロフト角が寝ています。

3番、5番、7番の3つの番手全てで、スタンダードなSIM MAXフェアウェイよりも1°寝ていますので、より球が上がりやすいスペックになっています。

SIM MAX-Dフェアウェイウッドの試打・評価

  • 3番のロフトが16°でスプーンとは思えない高さが出る。
  • 球は上げやすい。フェアウェイウッドで球が上がらない人におすすめ。
  • ドライバーのDよりもつかまる。

SIM MAX-Dフェアウェイウッドのスペック

クラブスペック

番手 3 5 7
ロフト角 16 19 22
ライ角 57 57.5 58
ヘッド体積 190 165 165
長さ 43.25 42.25 41.75

シャフトスペック

標準シャフトは、SIM MAXフェアウェイと同じく、TENSEI BLUE TM50です。フレックスはS、SR、Rがあります。SIM MAXフェアウェイの方は、公式サイトで4種類のシャフトから選択することができますが、SIM MAX-Dフェアウェイは、標準シャフトのみとなっています。

フレックス 重量 トルク バランス キックポイント
S 51g 4.4 D2.0
SR 49g 4.8 D2.0
R 47g 5.0 D2.0

あわせて読みたい