MAVRIK 440ドライバーが限定発売されている!

キャロウェイのMAVRIKシリーズから、ツアープロ専用のモデルが限定で発売となっていますので取り上げます。

MAVRIK ツアープロ限定モデルは、440とサブゼロ◆◆◆

MAVRIKのツアープロ専用モデルで、限定発売されるのは、MAVRIK 440ドライバーとMAVRIKサブゼロトリプルダイヤモンドの2つです。

前年のEPICFLASHでは、ダブルダイヤモンドとトリプルダイヤモンドが発売されましたが、今回は若干異なっています。

MAVRIK 440ドライバー

MAVRIK 440ドライバーは、石川遼が使っているモデルです。

最近の大型ヘッドとは一線を画し、サブゼロよりもヘッドサイズを絞った440ccサイズの小ぶりなヘッドです。

MAVRIK 440ドライバーの適合ゴルファーを石川遼が解説

こちらの動画の中で、MAVRIK 440ドライバーの特徴や弾道、そして、どのようなゴルファーが適しているかについて語られています。

MAVRIK 440ドライバーはディープ、ハイバックで操作性が高い

ヘッド形状はディープで、重心が浅くスピンが抑えられます。打ち出しは中弾道ぐらいですが、スピン量が少ないため、ヘッドスピードが速い方か、または、スピンが多くて困っているという方に適しています。

通常のMAVRIKサブゼロドライバーよりもヘッド体積が10cc少なく、形状もディープなため、より操作性に優れています。

上級者が構えやすいフラットなフェース

フェースは通常のサブゼロよりもフラットになっています。

ターゲットに対して構えやすくなっていますが、フェースの曲線が生み出すお助け要素は弱まっていますので、意図した通りの球が出ることを望む上級者向けの仕様です。

MAVRIK 440ドライバーのスペック

ロフト角 10.5°
ライ角 56°
ヘッド体積 440cm3
フェース素材 鍛造FS2Sチタン
フェース構造 FLASH FACE SS20
ボディ素材 8-1-1 チタンボディ、Triaxialカーボンクラウン

ロフト角は9°と10.5°の2種類あります。ウェイトはソールの前と後ろに搭載されています。フロントウェイトが約2g、バックウェイトが約14gです。

MAVRIK 440ドライバーの試打

MAVRIK 440ドライバーと、もう一つのツアー専用モデル、MAVRIK サブゼロ◆◆◆の試打動画です。

あわせて読みたい