MAVRIK サブゼロ トリプルダイヤモンドドライバーが限定発売されている!

キャロウェイのMAVRIKシリーズから、ツアープロ専用のモデルが限定で発売となっていますので取り上げます。

MAVRIK ツアープロ限定モデルは、440とサブゼロ◆◆◆

MAVRIKのツアープロ専用モデルで、限定発売されるのは、MAVRIK 440ドライバーとMAVRIKサブゼロトリプルダイヤモンドの2つです。

前年のEPICFLASHでは、ダブルダイヤモンドとトリプルダイヤモンドが発売されましたが、今回は若干異なっています。

MAVRIK サブゼロ トリプルダイヤモンド ドライバー

こちらが限定発売のツアープロ専用モデル、MAVRIK サブゼロ トリプルダイヤモンド ドライバーです。ちなみに、もう一方のツアープロ専用モデルの方は、石川遼が使っています。

洋ナシ型の上級者好みのヘッド形状

トリプルダイヤモンドは、EPICFLASHの時と同様に、より洋ナシ型に近づけたヘッド形状となっています。

通常のサブゼロよりもヒール寄りや後方がすっきりしています。

重心設計もドローバイアスになっていますので、左を恐れずに思い切り叩きに行け、ハードヒッターが安心して扱えます。

上級者が構えやすいフラットなフェース

フェースは通常のサブゼロよりもフラットになっていて、バルジとロールが抑えられています。

フラットになることで、ターゲットに対してスクエアに構えやすくなります。そして、捉えた通りの弾道が出やすいため、操作性を重視するゴルファーに好まれる仕様となっています。

ヘッド体積は450ccのまま

ヘッド体積は通常のサブゼロと同じ450ccです。

ウェイトポートも前と後ろに1つずつあり、前側のウェイトにより浅重心となり、スピンが抑えられて強い弾道が出ます。

MAVRIK サブゼロ トリプルダイヤモンド ドライバーのスペック

ロフト角 10.5°
ライ角 56°
ヘッド体積 450cm3
フェース素材 鍛造FS2Sチタン
フェース構造 FLASH FACE SS20
ボディ素材 8-1-1 チタンボディ、Triaxialカーボンクラウン

ロフト角は9°と10.5°の2種類あります。ウェイトはソールの前と後ろに搭載されていて、前方が約2g、後方が約14gです。

トルクレンチを用いて取り外して交換することができますので、重心を変更して弾道を調整することもできます。

MAVRIK サブゼロ トリプルダイヤモンド ドライバーの試打

こちらの動画では、前半にMAVRIKサブゼロ トリプルダイヤモンドを、後半にMAVRIK 440ドライバーを試打されています。

あわせて読みたい