タイトリスト TSiドライバーの特徴を解説!TSi2ドライバー・TSi3ドライバー

タイトリストから2020年モデルの新たなシリーズ「TSi」。

ドライバーとフェアウェイウッドが発売となっていますので、全モデルを取り上げます。

タイトリストの2020年モデルは「TSi」

*画像出典:https://www.titleist.com/golf-clubs/tsi-metals

タイトリストから2020年のニューモデルとして「TSi」が発売となっています。2018~2019年に発売の「TS」の後継となります。

「TSi」の「i」は、Innovation(革新)、Inertia(慣性)、Integration(統合)、Impact(インパクト)の4つの意味が込められています。

発売モデルはTSi2・TSi3のドライバー・フェアウェイウッド

TSiシリーズから発売されるモデルは、ドライバーとフェアウェイウッドで、従来と同様に、「2」と「3」のモデルがリリースされます。

  • TSi2 ドライバー
  • TSi3 ドライバー
  • TSi2 フェアウェイウッド
  • TSi3 フェアウェイウッド

TSシリーズではユーティリティがあったのと、「1」と「4」のモデルがありましたのが、現時点でTSiではありません。

なお、適合リストにはTSi4が登録されていますが、タイトリストの「4」のモデルは市販される場合とされない場合がありますので、TSi4が発売されるかは現時点では不明です。

TSi2ドライバー

概要

TSi2ドライバーは、460ccのシャローバック形状でヘッドで、後ろに深く体積が確保され、深く低い位置に固定ウェイトが搭載されています。

深低重心設計で、慣性モーメントを大きくし、ミスに強く直進性の高い弾道が出るドライバーです。低重心により、弾道の上がりやすさも備わっています。

スペック

ロフト角 10° 11°
ライ角 58.5°
ヘッド体積 460cc
クラブ長 45.5″

※ロフト角11°は特注対応です。

シャフト

TSi2ドライバーのシャフトは、TSP110 50(SR/S/Tour S)、TSP322 55(SR/S/Tour S)の2種類に加え、プレミアムシャフトとして、Tour AD DI(5S/6S)があります。

発売日・発売価格

TSi2ドライバーの発売日は、2020年11月13日です。発売価格はTSPシャフトのモデルで82,500円、プレミアムシャフトのモデルで93,500円です。

TSi3ドライバー

概要

TSi3ドライバーは、ヘッド体積こそ460ccありますがフェース高のあるディープバック形状です。

投影面積も小ぶりで、洋ナシ形状で上級者に好まれるヘッド形状となっています。

ウェイトは調整機能がついていて、これまでのスティック状のものではなく、移動可能なタイプとなっています。機構はブリヂストンのツアーB Xドライバーと似ていて、予め用意されている5つの箇所にウェイトを移動できる形となっています。

高さを抑えた強い弾道で、ヘッドの操作性もあり、左に行き過ぎないため、ヘッドスピードの速いゴルファーが思い切り叩いていけます。

ウェイト調整機能

出典:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/tsi-metals/

注目のウェイト調整機能は、ソール後方に搭載されています。予めセンターにN、そこからトゥ側にT1、T2、ヒール側にH1、H2の合計5つのウェイト装着ポジションが用意されています。

フェードにしたい場合は、標準のN位置から、T1、T2に、ドローにしたい場合は、H1、H2にウェイトを移動させて調整することができます。

スペック

ロフト角 10°
ライ角 58.5°
ヘッド体積 460cc
クラブ長 45.5″

※ロフト角8°は特注対応です。

シャフト

TSi3ドライバーのシャフトは、TSi2と同じです。TSP110 50(SR/S/Tour S)、TSP322 55(SR/S/Tour S)の2種類に加え、プレミアムシャフトとして、Tour AD DI(5S/6S)があります。

発売日・発売価格

TSi3ドライバーの発売日は、2020年11月13日です。発売価格はTSPシャフトのモデルで82,500円、プレミアムシャフトのモデルで93,500円です。

あわせて読みたい