ニューXXIOクロスアイアン2021のスペック・シャフト

ダンロップから発売のXXIOクロスアイアンの2代目モデルについて、スペック・シャフトを取り上げます。

ニューXXIOクロスアイアン2021

ゼクシオクロスアイアンとゼクシオ11アイアンの違い

ゼクシオクロスアイアンは、2019年に誕生したモデルで、ゼクシオのレギュラーモデルとは異なるクラブとなります。

ゼクシオクロスアイアンはフォルムが特徴的ですので、レギュラーモデルとの違いは見て取りやすいです。

特徴としては、ストロングロフト、ワイドソール、深低重心になっていて、飛距離性能・直進性に優れています。

長尺・ストロングロフトで大きく飛ばせる

ゼクシオクロスアイアンは、いわゆるディスタンス系アイアンのど真ん中のモデルです。7番アイアンのロフト角が25°でフェースが立った超ストロングロフトとなっています。

また素材面ではチタンフェースが採用されていて、2mmの薄さで撓みやすく、こちらも飛距離アップに貢献してくれます。

クラブ長さも一般的なものより0.5~0.75インチほど長尺になっていて、7番アイアンではカーボンで37.75インチ、スチールで37.5インチとなっています。

ワイドソールで球が上りやすく、ブレに強い

ゼクシオクロスアイアンの大きな特徴として、ソール幅の広さがあげられます。キャビティの肉厚とも直結しているもので、打点のバラつきへの強さ、低重心による球の上がりやすさ、ダフリにくさを発揮してくれます。

あまりにソールが厚いため、構えた時にフェースのトップラインの後ろからソール後方が見えます。

構えた時にこの見え方が気になるという方もいれば、気にならないという方もいます。

グースが効いていて、つかまりやすい

ネック形状ははっきりとしたグースネックで、ボールのつかまりやすさを感じながらスイングできそうです。

右へのミスが心配な方、スライスが出やすい方には適した形状になっています。

前作よりもフェース下目の反発性能がアップ

2代目のゼクシオクロスアイアンは、ヘッド内部のスリット構造が深くなっていて、フェース下目に反発エリアが拡大しています。

アイアンでありがちなフェース下目でのヒットに強さを発揮してくれます。打点が特に下目にブレやすい方は、救われる場面が増えそうです。

ニューXXIOクロスアイアン2021のシャフト

ゼクシオクロスアイアンは、前作同様、カーボンとスチールの2種類用意されています。

ゼクシオクロスMH2000(カーボン)

フレックス 調子 重さ トルク
S 51g 4.5
R 48g 4.6

N.S.PRO 860GH DST for XXIO(スチール)

フレックス 調子 重さ トルク
S 88g 3
R 84g 3.1

ニューXXIOクロスアイアン2021のスペック

番手 5 6 7 8 9 PW AW DW SW
ロフト角 21 23 25 28 32 37 43 49 56
ライ角 61.5 62 62.5 63 63 63.5 63.5 63.5 63.5
長さ
(カーボン)
38.75 38.25 37.75 37.25 36.75 36.25 35.75 35.75 35.75
長さ
(スチール)
38.5 38.0 37.5 37.0 36.5 36.0 35.5 35.5 35.5
バンス角 1 1 1 1 2 3 4 5 12
FP 1.5 1.5 2 2 2 2.5 3.5 5 5

あわせて読みたい