EPIC SPEEDドライバー USモデルの特徴・違い

キャロウェイのEPIC SPEEDドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

EPIC SPEEDドライバー USモデル

フレーム状に進化したジェイルブレイク・テクノロジー

出典:callawaygolf.com

2021年のEPICで最も顕著に変わってポイントの1つが、ジェイルブレイクの構造です。

従来まではヘッド内を縦に貫通させた二本の柱でしたが、EPIC 2021では四角いフレーム形状となっています。

より剛性が高くなりヘッドの無駄な撓みが抑えられ、ボールスピードがアップします。

エアロ設計を採用

2021年のEPICドライバーは、全部で3種類発売となっています。

MAVRIKで採用されたディープでハイバックなサイクロン・ヘッド・シェイプは、EPIC SPEEDドライバーのみに採用されています。

これが影響してか、EPIC MAX・EPIC MAX LSドライバーに搭載されているペリメーター・ウェイト(スライダー式のウェイト調整機能)は、EPIC SPEEDでは搭載されていません。

AI設計による新たなフラッシュフェースを搭載

出典:callawaygolf.com

フェースには、AI設計による新たなフラッシュフェースが搭載されていて、フェースの広いエリアで高初速が実現されています。

AIによるシミュレーションは、ヘッド形状・ジェイルブレイクも加味してモデル別に行われていますので、3種類のドライバーそれぞれで最適なフェースが搭載されています。

EPIC SPEEDドライバー USモデルのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:58°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ

標準シャフト

  • Project X Cypher 40 Graphite
  • Project X HZRDUS Smoke iM10 50 Graphite
  • Project X HZRDUS Smoke iM10 60 Graphite

Project X Cypher 40 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Light 40 Mid-High Low

Project X HZRDUS Smoke iM10 50 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Regular 50 Mid Mid
Stiff 50 Low-Mid Mid

Project X HZRDUS Smoke iM10 60 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Regular 60 Low-Mid Mid
Stiff 60 Low-Mid Mid

EPIC SPEEDドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ライ角・ヘッド体積・長さなど、日本モデルとUSモデルで違いがありませんが、ロフト角のラインナップに違いがあります。

日本モデルは9.0°と10.5°のみですが、USモデルでは8.0°があります。より低く打ち出したい方にとって、8.0°というなかなかないスペックは魅力的かもしれません。

シャフトは日本モデルではDiamana 50 for Callawayが標準シャフトですが、前述の通りUSモデルでは異なるシャフトとなっています。

USでは同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

EPIC SPEEDドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでの掲載価格を見てみますと、USは$529.99、日本は84,700円~となっています。1ドル110円で計算すると20,000円弱ぐらいの差があります。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


TSi1ドライバー USモデルの特徴・違い

タイトリストのTSiシリーズから発売のTSi1ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

TSi1ドライバー USモデル

 

TSi1ドライバーは超軽量クラブ

TSi1ドライバーは、ヘッドからグリップに至るまで軽量化が図られ、前作のTSドライバーと同様に軽さが特徴のモデルです。

普通のヘッドスピードで最大飛距離がですよう、重量配分がなされています。

新素材のフェースは上下に高MOI設計

TSiシリーズでは、航空宇宙の分野で用いられるATI 425という新たなチタン素材が採用され、弾きと打感に優れています。

高MOIというと、一般的には左右方向で使われることが多いですが、タイトリストでは上下方向に高MOIを実現しています。

スピン量のブレ幅が小さく抑えられ、弾道が安定性に繋がっています。

TSi1にも調整機能を搭載

TSi1ドライバーは、アベレージ向けのドライバーと比べて20~30g前後、軽量に仕上げられています。

それでいながら、重量負荷の要因ともなるロフト角・ライ角の調整機能は、省かずにしっかり搭載されています。

ロフト角・ライ角を独立的に調整することができますので、クラブの側から自分の理想の弾道に近づけることができます。

TSi1ドライバーのスペック

ヘッド

  • ロフト角:9.0、10.0、12.0°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • 打ち出し:高弾道
  • スピン:中

シャフト

標準シャフトは、ALDILA ASCENT UL 35・40です。

シャフト 硬さ 重量 トルク 弾道
35 R3 41g 8.5°
40 R2 44g 8.3°
R 47g 8.2°
S 48g 8.0°

TSi1ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ロフト角の種類、ライ角、ヘッド体積など、公開されている基本的なスペックはUSモデルと日本モデルで同じ値となっています。

標準シャフトはUSモデルと日本モデルで異なっています。種類だけでなく、USモデルではシャフトスペックについても日本と違いがあると言われています。

USモデルを購入する場合、このあたりを考慮して普段より1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

TSi1ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

US・日本のメーカー公式サイトの価格表記を比べてみますと、USサイトでは$549、日本サイトでは82,500円となっています。1ドル110円で日本円に換算してみると、USモデルは6万円ぐらいになりますので、USモデルの方が安く購入できるようです。

USモデルを購入したいという方で、ショッピングモールでの購入が不安という方は、フェアウェイゴルフUSAさんがオススメです。

アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


TSi3ドライバーの解説記事が興味深かった件【売れている理由は、飛ぶから】

タイトリストから発売のTSiシリーズは、前作のTSシリーズに引き続き、市場では評価されているようです。

TSi2・TSi3ドライバーの双方とも、評価が高く人気がありますが、TSi3ドライバーについて書かれている記事が興味深かったので、取り上げてみたいと思います。

TSiシリーズはプロからの評価が高い

以前にTSiシリーズを取り上げた記事でも触れましたが、TSi2・TSi3ドライバーは、即座にツアープロが使い始めたことで、注目度が高まったように思います。

≫ Titleist TSi2 & TSi3 Driver Review(タイトリスト TSi2・TSi3ドライバー評価)–英語ページ

上記のサイトによれば、タイトリストを使用する48人のツアープロの内、28人がTSiドライバーを使用しているとのことです。

割合にすれば約6割、しかも、ニュードライバーを手渡されて1週間での出来事ということも更なる驚きです。

TSi3ドライバーを解説した記事が興味深い

大手のゴルフメディア「ALBA」さんにて、TSi3ドライバー1本にフォーカスした記事が出ていました。

≫ タイトリストの『TSi3 ドライバー』ってどんなクラブ?

今の時期ですと、ゴルフ業界を牽引する外ブラ2社、テーラーメイドとキャロウェイがニュードライバーを発売する時期ですから、ゴルフメディアはその記事で溢れています。

このタイミングで、昨年後期に発売されたタイトリストのTSi3ドライバーを特集しているということ自体が興味を惹かれます。

TSi3ドライバーが売れている理由は、やっぱり飛ぶから!

ALBAさんでの記事は、お二方がTSi3ドライバーについて解説されています。

最初に登場するのはゴルフショップの方です。その方の店舗では、やさしい方のTSi2ドライバーではなく、アスリート向けのTSi3ドライバーの方が売れているということです。

売れている理由について、「ヘッドスピードが速い人が吹き上がらない」「ボールが潰れる感触がある打感」「振り抜ける感じがする」といったことが述べられています。

最も大きな理由としては、「試打するとトラックマンで過去最高記録が出る」ことだそうです。

ドライバーは、やはり飛距離が出ることが性能を感じる上で一番分かりやすいです。

つかまり、操作性、打ち出し高さ、スピン量など、重要な要素は他にもありますが、ドライバーを新調して飛距離が落ちてしまうというのは、心情的にも受け入れにくいのは想像に難しくありません。

TSi3ドライバーが支持される最大の要因は、「飛ぶから」ということのようです。

TSi3ドライバーが飛ぶ理由

引用:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/drivers/tsi3/

TSiシリーズで驚かされた点の一つに、素材が挙げられます。

フェースはドライバーの大重要なパーツです。そしてこのフェースの素材に、TSiシリーズでは「ATI 425チタン」という新たなチタン素材が採用されています。

航空宇宙の分野で採用されている素材で、高強・強度が優れています。

強靭なフェース素材だが、打感は良い

フェース素材の強度が増すと、弾き系の強い打感になるのかなと、上級者としては懸念を抱いてしまいそうですが、実際はその逆です。

硬度や強度が増すと、硬い打感や甲高い音が出ると思われがちですが、『ATI 425』は軟らかい打感としなやかな音が特徴です。
*引用:https://www.gew.co.jp/news/g_64722

TSi3ドライバーは、吸い付くような打感があり、この点も上級者に好まれている理由となっています。

逃げ顔も上級者に好まれる

写真左がTSi2ドライバー、右がTSi3ドライバーです。ヘッドシェイプはTSi2ドライバーの方がヒール寄りとヘッド後方に体積が確保されていて、つかまりとミスに対する許容性が感じられます。

一方、TSi3ドライバーの方は、いわゆる洋ナシ型で操作性の高さ、思い切り叩けるイメージが持てます。

もう一つ注目したい点は、フェースのトゥ側です。TSi3ドライバーの方は、トゥ側が逃げていますので、左につかまり過ぎてしまう感じがありません。

ヘッドスピードが速く、思い切り叩いて行くタイプのゴルファーが、安心して構えやすい顔となっています。

TSi3ドライバーの試打・評価

TSi3ドライバーの全体的な評価については、しだるTVさんの試打動画にて詳しく述べられています。

シャフトも標準シャフトとプレミアムシャフトの両方で試打されていますので、TSiシリーズでポイントとなるシャフト選びにも参考になります。

タイトリスト TSiドライバーの特徴を解説!TSi2ドライバー・TSi3ドライバー

TSi3ドライバー USモデルの特徴・違い

TSi2・TSi3ドライバーの海外での評価!タイトリスト使用プロの約6割がTSiを使用

 

TSi1・TSi4の全モデルを一挙紹介!TSi1はフェアウェイウッド・ハイブリッドもある

タイトリストのTSiシリーズに、TSi1、TSi4が追加されました。

ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッドに新たに追加されたモデルについて取り上げます。

TSiシリーズに追加されたTSi1・TSi4

2020年の後半に発売されているタイトリストのTSiシリーズ。

発売当初はTSi2、TSi3の2種類のモデルでしたが、前作のTSシリーズと同様に、TSi1、TSi4が追加となりました。

本投稿時点では、USモデルの存在は確認されていますが、日本モデルの方は確認されていませんので、USモデルの情報を取り上げます。

TSi1はフェアウェイウッド・ハイブリッドも発売

TSi1については、ドライバー・フェアウェイ・ハイブリッドの3種類が発売となっています。

一方、TSi4については、ドライバーのみとなっています。

TSシリーズではフェアウェイウッド、ハイブリッドはTS2・TS3のみでしたので、TS1の市場ニーズを確認したということかもしれません。

そう考えると、軽量のニーズはアジア市場の方がポテンシャルが高いと思いますので、TSi1の日本での発売も可能性が高いのではないかと思います。

TSi1ドライバー

ヘッド形状

特徴・適合ゴルファー

TSi1ドライバーは、前作と同じく軽量が特徴となっています。

ヘッド形状は丸型で、ウェイトはソール後方の中央に装着されています。

このヘッド形状のドライバーの特徴としては、低重心・深重心で、球が上りやすく、直進性が高い弾道が出ます。

適合ゴルファーとしては、弾道を高くしたい方、スピンが入らずどっぷ気味になりやすい方、290~300gのヘッドが重いと感じるようになった方が挙げられます。

TSi1ドライバーの解説動画になります。英語バージョンですので、翻訳機能を使ってご覧になってください。

スペック

ヘッドサイズ 460cc
ロフト角 9.0°・10.0°・12.0°
ライ角 59°
ヘッド形状 モダンエアロ
弾道
スピン量
クラブ長さ 45.75インチ

TSi4ドライバー

ヘッド形状

特徴・適合ゴルファー

TSi4ドライバーは、シリーズの中で唯一ヘッドが小ぶりで430ccです。

ヘッド形状もツアープロが好む洋ナシ型のディープフェースです。浅重心でスピン量が抑えられますので、ヘッドスピードが速いゴルファーが思い切り叩きに行けます。

ヘッドの操作もしやすい形状になっていますので、思い通りの弾道を繰り出したい上級者に適しています。

スペック

ヘッドサイズ 430cc
ロフト角 8.0°・9.0°・10.0°
ライ角 58.5°
ヘッド形状 クラシックツアーピア
弾道
スピン量 超低
クラブ長さ 45.5インチ

TSi1フェアウェイウッド

ヘッド形状

特徴・適合ゴルファー

TSi1フェアウェイウッドは、ドライバーと同様に打ち出しが高く、スピン量も中程度です。

こちらも軽量に仕上げられていますので、軽いヘッドで楽にスイングしたい方に適しています。

USの公式サイトでは標準のフェアウェイウッドよりも50g軽量と紹介されています。

スペック

番手 3 5 7 9
ロフト角 15° 18° 20° 23°
ライ角 56.5° 57.5° 58° 58.5°
ヘッド形状 モダン モダン モダン モダン
弾道
スピン量

TSi1ハイブリッド

ヘッド形状

特徴・適合ゴルファー

TSi2、TSi3のハイブリッドは、ソールウェイトが前方に搭載され、スピン量を抑えた強い弾道が出やすく設計されています。

一方、TSi1ハイブリッドは、ドライバー、フェアウェイウッドと同じく一貫してソール後方に搭載されています。

スピン量を抑え過ぎず、ミスへの寛容性を高め、球の上がりやすさを備えています。

スペック

番手 4 5 6 7
ロフト角 20° 23° 26° 29°
ライ角 58° 58.5° 59° 59.5°
クラブ長さ 40インチ 39.5インチ 39インチ 38.5インチ
弾道
スピン量

「TSi」関連記事

タイトリスト TSiドライバーの特徴を解説!TSi2ドライバー・TSi3ドライバー

タイトリスト TSi2・TSi3フェアウェイウッドの試打動画まとめ

TSi2・TSi3ドライバーの海外での評価!タイトリスト使用プロの約6割がTSiを使用

TSi2ドライバー USモデルの特徴・違い

TSi3ドライバー USモデルの特徴・違い

TSi2、TSi3ハイブリッドがツアー・シーディング開始!

 

SIM2ドライバー USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM2ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM2ドライバー USモデル

日本ではSELECT STORE限定のモデル

SIM2シリーズのドライバーは、USモデルも日本モデルも3タイプあります。

日本では前作と比べて取り扱いが変わっていまして、前作ではドローモデルが後から追加されました。Mシリーズ・SIMシリーズを通じて、ドローモデルが正式に日本テーラーメイドで取り扱われたのは(恐らく)初めてです。

ドローモデルの販売が好調だったためか、SIM2ではドローモデルも同時発売となり、最もハードはSIM2ドライバーがSELECT STORE限定という扱いになっています。

2種類のウェイトが、大慣性モーメントと低スピンを両立!

出典:USテーラーメイド

SIM2ドライバーには、ソール後方と前方にウェイトが1つずつ搭載されています。

後方のウェイトはヘッドの最深部に配置されることで、大きな慣性モーメントを実現しています。これにより、ミスに対する許容性が高くなっています。

そしてソール前方のウェイトはスピン量を抑え、最適な打ち出し角を実現しています。SIM2ドライバーは低弾道・低スピンで、吹け上がらない強い弾道で飛ばすことができます。

SIM2ドライバーのスペック

  • ロフト角:8、9、10.5°
  • ライ角:56°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75″

SIM2ドライバーのシャフト

Tensei AV Raw Blue

硬さ 重量 トルク 弾道 スピン量
X 71g 3.9 中~低
S 68g 4.0 中~低
R 65g 4.4 中~低

Project X HZRDUS Smoke RDX

硬さ 重量 トルク 弾道 スピン量
X 69g 3.5
S 67g 3.5

SIM2ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

SIM2ドライバーのスペック面での違いとしては、日本モデルではロフト角が2種類なのに対して、USモデルは3種類あります。8.0°のスペックがありますので、ヘッドスピードが速いハードヒッターで、出来る限り打ち出しの高さを抑えたいという方は、より低い弾道を求めることができます。

ライ角、クラブ長さといったその他の基本スペックは同じ値です。

シャフトについては、日本モデルではTENSEI SILVERの標準シャフトに加えて、公式サイトでは4種類のシャフトが紹介されています。一方、USモデルではTENSEIとPROJECT Xの2種類となっています。

標準シャフトでのバランスは、日本モデルがD3、USモデルがD5となっていますので、よりヘッドの重量を感じながら振りたい方は、USモデルの方がおすすめです。

SIM2ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでのSIM2ドライバーの掲載価格を見てみますと、USは$529.99、日本は76,000円となっています。1ドル105円で計算すると約2万円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで簡単に購入できる

USモデルの購入については、特に難しい点はありません。日本の小売りでも取り扱いが増えていて、ネットでも多数出品されています。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト