ゼクシオ11ドライバー USモデルの特徴・違い

ダンロップのゼクシオ11ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

ゼクシオ11ドライバー USモデル

クラブ重量が軽い

ゼクシオと言えば、軽量クラブというイメージがあると思います。そして、USでも、軽量ドライバーとして紹介されています。

クラブ重量は280gとなっていて、日本と同じ重量になっています。バランスについても、RがD2、SがD3でUSモデルと日本モデルで同じです。

ウェイトプラス・テクノロジー

出典:xxiousa.com

ゼクシオ11ドライバーの最大の特徴は、クラブ重量設計にあります。これまでゼクシオはクラブの軽量化を長年進めてきましたが、ゼクシオ11では約10gの重量アップとなっています。

ただし、重量負荷を強調したのはグリップエンド側でして、グリップ側に重量感があるカウンターバランスにすることで、ヘッドの重量負荷が和らいでいます。

これにより、ヘッドがスイング中にぶれにくくなるため、トップポジションとスイング軌道が安定しやすくなっています。

カップフェースを採用

出典:xxiousa.com

カップフェース構造が採用されていて、芯を外してもボールスピードが落ちにくくなっています。

打点がブレやすく、それによってミスヒットが多い方は、ゼクシオ11ドライバーの広いスイートエリアによって救われる場面が増えそうです。

ゼクシオ11ドライバー USモデルのスペック

  • ロフト角:9.5、10.5、11.5°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ
  • 標準シャフト:XXIO MP1100 graphite
  • フレックス:S、R

ゼクシオ11ドライバー USモデルと日本モデルの違い

ロフト角のラインナップ、ライ角、ヘッド体積、クラブ長さなど、公開されている基本スペックは同じ値です。シャフトも同じ名称の「XXIO MP1100」です。

ゼクシオ11ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでの掲載価格を見てみますと、USは$649.99、日本は80,000円となっています。1ドル110円で計算すると10,000円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


あわせて読みたい