ミズノ JPX 921 HOT METAL PRO アイアン USモデルと日本モデルの違いを徹底解説

ミズノのJPX 921 HOT METAL PRO(ホットメタル プロ)アイアンのUSモデルと日本モデルの違いについて取り上げます。

JPX 921 HOT METAL PRO アイアンの特徴

JPXシリーズは、もともと日本でアベレージゴルファー向けとして捉えられていましたが、海外の方で人気が出て、ツアープロも使用するアスリート向けモデルという位置づけになり、その位置づけが日本に戻ってきたという異色なシリーズです。

JPX921シリーズは、JPX919シリーズの後継で、4機種が発売となっています。

  • JPX 921 ツアー アイアン
  • JPX 921 フォージド アイアン
  • JPX 921 HOT METAL PRO アイアン
  • JPX 921 HOT METAL アイアン

JPX 921 HOT METAL PROアイアンは、原英莉花プロが使っていることで人気のJPX 921 HOT METALアイアンと比べると、ロフト角、ライ角、クラブ長さは同じです。

異なる点として注目したいのはオフセットで、プロモデルの方がオフセットが小さく、ボールのつかまり過ぎを抑え、操作性が高いネック形状となっています。

JPX 921 HOT METAL PRO アイアンのUSモデルと日本モデルの違い

USモデルと日本モデルのスペックの違い

USモデルと日本モデルでは、ロフト角が異なる場合やデザインそのものも異なる場合もあります。それとは逆にデザイン、基本スペックが全く同じものもあります。

JPX 921 HOT METAL PROアイアンについて、公式ページで掲載されているスペックやセッティングの違いを見てみましょう。

▼USモデル

番手 4 5 6 7 8 9 PW
ロフト角 19 22 25 29 34 39 44
ライ角 60 60.5 61 61.5 62 62.5 63
オフセット 0.15 0.142 0.134 0.126 0.118 0.11 0.102
長さ 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.5

▼日本モデル

番手 5 6 7 8 9 PW
ロフト角 22 25 29 34 39 44
ライ角 60.5 61 61.5 62 62.5 63
バウンス角 1 1 2.5 3.5 4.5 6
FP 3 3.2 3.4 3.6 3.8 4
長さ 37.75 37.25 36.75 36.25 35.75 35.25
バランス D1 D1 D1 D1 D1 D2

USモデルと日本モデルでは、クラブセッティングに違いがあります。USモデルでは4番がありますが、日本モデルでは4番がありません。

スペックは、ロフト角、ライ角は同じ数値となっていますが、公式サイトに掲載されているクラブ長さを見ますと、日本モデルの方が0.25インチ短い値となっています。

USモデルと日本モデルのシャフトの違い

一般的に、USモデルと日本モデルでは、シャフトの種類そのものが違う場合があります。これは、シャフトメーカーが国によって展開しているシャフトのシリーズが異なっていることや、USモデルの方が同じスペックでもシャフトが硬い傾向にあることなどが影響しているようです。

JPX 921 HOT METAL PRO アイアンのシャフトは、USモデルと日本モデルで主に設定されているものが異なっています。

  • USモデル:Project X LZ BLACK
  • 日本モデル:NSプロ950GH neo

USの公式サイトでシャフトの記載はありませんでしたが、USミズノの公式ECサイト、また、USのネットゴルフショップでは、上記のProject Xのみが掲載されています。

HOT METALの方は、USも日本もNSプロ950GH neoでしたので、この点は、HOT METAL PROの購入を検討する際は留意しておくと良いでしょう。

なお、シャフトのスペックについては、USモデルの方は公式サイトに掲載がありませんでしたので、Project Xを取り扱うトゥルーテンパー社のUSサイトで公開されている同シャフトのスペックを紹介します。

シャフト種類 フレックス 重量 長さ ラウンチ
Project X LZ Steel 5.5 115 40~36.5

日本モデルの方のシャフトのスペックは以下となります。

シャフト種類 フレックス 重量 調子
NSプロ950GH neo S 98

USモデルと日本モデルの値段の違い

ゴルフクラブは全てのモデルで、USモデルと日本モデルがあるわけではありません。日本に進出している海外メーカー、またその反対で、海外に進出している日本メーカーの場合、両方のモデルがあることがあります。

シリーズやモデルは同じでありながらも、スペックやシャフトに違いがある場合があり、シャフトについては海外モデルの方が同じフレックスでも硬めと言われています。

そのため、シャフトや価格の違いなどから、日本でもUSモデルを求めるニーズがあります。

USモデルの購入となると、輸入をイメージされて難しいと思われる方もいるかもしれませんが、日本の小売りでもUSモデルを取り扱っているお店が増えていますし、大手ネットサイトでも出品されていますので、とても簡単に購入することができます。

JPX 921 HOT METAL PROアイアンの本記事執筆時点での価格を調べてみますと、USサイトでは4~9、PW、GWの8本セットで1,000ドル(約105,000円)、日本サイトでは5~9、PWの6本セットで118,800円です。

シャフトの違いがありますので一概に比較するのは難しい面もありますが、クラブ本数はUSモデルの方が2本多い点を踏まえると、USモデルの方がかなりお買い得と言えます。

USモデルを購入したいという方で、どこで購入すれば良いか分からないという方は、フェアウェイゴルフUSAさんがオススメです。

アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


まとめ

JPX 921 HOT METAL PRO アイアンについて、USモデルと日本モデルの違いについて取り上げました。

JPX 921 HOT METALでは、シャフトがUSモデルと日本モデルで同じNSプロ950GH neoでしたが、JPX 921 HOT METAL PRO では、USモデルがトゥルーテンパー社製のProject Xなっています。

もし、Project Xの方が好みと言う方は、是非、USモデルを一度検討されることをおすすめします。

あわせて読みたい