BALDO CORSA PERFORMANCE 438・458ドライバーの2モデルを一挙紹介

BALDOから2021年のニュードライバー2モデルが発売となっています。

BALDO CORSA PERFORMANCEドライバーの438と458について、スペックや特徴などを取り上げます。

BALDO CORSA PERFORMANCEドライバー

438と458の2モデル

BALDO CORSA PERFORMANCEドライバーの2021年モデルは、438と458の2モデルとなっています。

BALDO CORSA PERFORMANCE 438ドライバーは、440ccの小ぶりでディープなヘッド、それと比べて、BALDO CORSA PERFORMANCE 458ドライバーは、438よりも投影面積が大きく460ccの大型ヘッドとなっています。

ハニカム構造を採用

構造面の特徴としては、ソールに蜂の巣のようなハニカム構造が採用されています。

この構造により、剛性と衝撃吸収性が備わり、ボールを捉まえて初速をアップさせる役割を果たしている。

低スピン・強弾道

従来と比べて、セミカップフェース構造の面積が25%拡大していて、速いボール初速が実現されています。

センターで捉えた時のバックスピン量については、従来よりも約500~700回転抑えられるため、低スピンでライナー性の強い弾道が出やすくなっています。

BALDO CORSA PERFORMANCE 438ドライバー

特徴

ヘッド体積440ccのこぶりなヘッドで、フェース高があり、ディープ形状となっています。

重心距離が36.0mmと短く、重心角は25.0°で、ヘッドを操作したい人に適しています。

スペック

ヘッド体積 440cc
ロフト角 8.5〜11°
ライ角 59°
ヘッド重量 198g

重心設計

重心距離 36.0mm
重心深度 40.5mm
重心高 34.0mm
重心角 25°

発売価格

ヘッド価格は、70,000円(税別)、ヘッドカバーは別売りで3,800円(税別)です。

BALDO CORSA PERFORMANCE 458ドライバー

特徴

ヘッド体積460ccの大型ヘッドですが、438よりはシャローなものの、ふっくらとした洋ナシ形状です。

重心距離は41.0mmあり、438よりは操作性が控えめですが、重心角は26.0°と最近のドライバーとしてはかなり小さめになっています。

スペック

ヘッド体積 460cc
ロフト角 8.5〜11°
ライ角 60°
ヘッド重量 198g

重心設計

重心距離 39.5mm
重心深度 41.0mm
重心高 33.0mm
重心角 26°

発売価格

ヘッド価格は、70,000円(税別)、ヘッドカバーは別売りで3,800円(税別)です。

あわせて読みたい