イチローの野球以外の伝説まとめ【NTTやファミマも動かす】

野球を知らない人でも知っている、そして、アメリカでは一番有名な日本人とも言われていたイチロー。

野球での日米での活躍は伝説的ですが、野球以外の面でも影響力が大きいだけに、凄すぎる伝説があります。

本記事では、スーパースターであるイチローの野球以外の伝説についてまとめました。

イチローのひとことで、NTTのアンテナが島に立った

イチロー選手がオリックスに所属していた時、キャンプが宮古島で行われていました。

当時、宮古島では携帯電話が通じなかったため、イチロー選手が「宮古島って携帯が通じないんですね。」と一言述べたそうです。

すると、NTTが宮古島にアンテナを立てて、携帯電話が通じるようになったそうです。

これはオリックスでチームメイトのパンチ佐藤さんが語られていますので、いわば目撃証言とも言えるでしょう。

イチローの一言で島にコンビニが出来た

先程の宮古島に関連する伝説がもう一つあります。

宮古島にはキャンプをしていた当時、コンビニがなかったそうです。

そして、先程の携帯電話と同じく、イチロー選手が「宮古島ってコンビニ無いんですね。」と言うと、ファミリーマートが出来たそうです。

大手コンビニチェーンの島へ進出させてしまうとは、何ともスケールが大きな話です。

役者としての才能もある

出典:amazon.co.jp

野球選手は、引退してから色々なことを始められるケースが良くあります。

しかし、イチロー選手はバリバリの現役選手でありながら、三谷幸喜のドラマ、田村正和さん主演の「古畑任三郎」に出演されています。

しかも、ちょい役ではなく、いわば準主役とも言える敵役としてです。

→古畑任三郎、異色の犯人イチロー 三谷幸喜が驚いた質問

放送されたのは2006年1月4日、タイトルは「フェアな殺人者」です。素人とはとても思えない演技力に驚かされます。

 

あわせて読みたい