【完全解決】ファミリーリンクで子供のGPSがONにならない場合の対処方法

Android版のgoogleアプリ「ファミリーリンク」を、子供の管理のためにご利用されているご家庭は多いと思います。

とても便利なアプリですが、親も子供もそれぞれ別々にスマホを利用していますので、何らかの拍子に一部の機能が使えなくなることがあります。

今回、取り上げるのは、子供のスマホのGPSがONにならず、googleマップ上で子供の現在地が確認できない場合の対処方法・解決方法です。

子供の管理に便利な「ファミリーリンク」アプリ

少し前までは、スマホは大人の持ち物でしたが、今や子供が持つのは当たり前の時代になり、その時期も中学生、小学生と年々、低年齢化しています。

スマホを持つことで、コミュニケーション手段が一つ増えますので、便利である反面、犯罪に巻き込まれたり、LINEでいじめがおきたり、ゲームやTikTok中毒になったりなど、心配事も付きません。

Android版のスマホ・タブレットでは、googleが「ファミリーリンク」という便利なアプリを無料で提供してくれていて、子供のスマホを管理することができます。

  • GPSによる現在地把握
  • アプリのダウンロード制限
  • 利用時間の制限 等

特に、GPSにより現在地を把握できる機能は、子供のセキュリティー面を高める上で、とても有用で、ご利用されている方もとても多いと思います。

GPSによる現在地把握は、GPS ONが必須

子供が電車で学校や塾に通っている場合、公園などに遊びに行ってる場合など、GPSにより現在地が把握できる機能はとても有益です。

この機能を使うためには、「ファミリーリンク」で設定することが必須なのは勿論ですが、それだけでは不十分で、子供のスマホでGPSがONになっている必要があります。

もし、googleマップ上でお子様の現在地が表示されない場合、GPSがONになっていない可能性があります。

子供のGPSがONになっていない場合の対処方法・解決方法

方法① 親のスマホから子供のGPSをONにする

まずは、親のスマホの「ファミリーリンク」アプリから操作します。

  • 親側のスマホの「ファミリーリンク」アプリを開き、子供のページに入り、「設定を管理」に入ります。
  • 「位置情報」のメニューに入り、「子供の位置情報を表示する」がONになっていることを確認します。もしOFFになっていたら、ONにします。
  • その下に、子供のスマホの出材素の位置情報がONかOFFかが表示されていますので確認認します。
  • OFFになっている場合、子供のスマホのGPSが機能していません。子供の名前のところをタップして、設定画面に入ります。
  • 「デバイスの位置情報」をONにすると、子どものスマホのGPSがONになります。
  • 「位置情報モード」が「高精度」以外になっている場合、「高精度」にします。

母親・父親で二つの管理端末が有るご家庭では、一方で上手くいかない場合、もう一方のスマホから上記を試してみてください。

方法② 子供を管理する機能を、一旦、解除する

前述の方法①を試しても、子供のGPSのON・OFFが操作できない場合があります。筆者が体験したのは、まさにこのケースです。

親側のスマホ、子供側のスマホから色々と操作してみましたが、一向に解決しませんでした。

そこで、筆者が実際に行ったのは、一旦、子供の管理を解除する方法です。こうすることで、子供のアプリは親の「ファミリーリンク」からの管理規制が無い状態になり、GPSの操作も自由に行えることになります。

やり方は、親側の「ファミリーリンク」から、子供の管理機能の停止を行います。そして、子供のスマホからGPSをONにします。

この状態で、子供のスマホでGoogleマップなどを表示してみて、自分の現在地情報が正しく表示されるか確認します。

表示されれば、GPSが正常に機能していることになります。その後は、再び、ファミリーリンクの管理設定を行います。

方法③ GPSが正常動作するか、端末サポートを受ける

前述の方法②を試しても、子供のGPSのON・OFFが操作できない場合、「ファミリーリンク」に原因があるのではなく、子供のスマホそのものに不具合がある可能性が考えられます。

その場合、メーカーのサポートを受け、スマホそのものの不具合の有無を確認されることをオススメします。

まとめ

「ファミリーリンク」を入れているのにgoogleMAP上で子供の現在地が表示されない、子供のスマホのGPSがONにならない件について取り上げました。

対処方法としては、「ファミリーリンク」の操作で試す、ファミリーリンクによる管理を一旦解除する、スマホのGPS機能そのものに不具合がないか確認する、という順番で試していく形となります。

一部、記憶を頼りに書いていますので、おかしな点がある場合、ご指摘頂ければと思います。

あわせて読みたい