MAVRIKドライバーの試打動画まとめ

キャロウェイのMAVRIKシリーズから発売のMAVRIKドライバーについて、試打動画をまとめました。

MAVRIKシリーズのドライバーは、発売当初に3機種がリリースされ、その後、軽量モデルが1機種追加されています。

MAVRIKドライバーは、シリーズのスタンダードモデル

MARIKシリーズは、軽量モデルを含めると全部で4機種あります。左から、MAVRIK、MAVRIK MAX、MAVRIKサブゼロ、MAVRIK MAX FASTです。

本記事で取り上げている左から2番目のMAVRIKドライバーは、シリーズのスタンダードモデルで、幅広いゴルファーに対応しています。

  • エアロ設計のヘッドシェイプで、ヘッドスピードが出る。
  • 中弾道、中スピンで、最もニュートラルなドライバー。

MAVRIKドライバーを計測試打

しだるTVさんにて、MAVRIKドライバーとROGUEスタードライバーを比較試打されています。

  • EPIC FLASHは弾いた感じが強いが、MAVRIKはROGUEと似ていて柔らかく当たった感じがする。
  • 操作性は良い。
  • EPIC FLASHよりも安定感がある。
  • ROGUEスターのようなつかまりではない。

MAVRIKドライバーは誰でも芯に当たるか検証

  • MAVRIKの方が打音は柔らかくて、打感はずしっと来る。
  • 構えた感じは、EPICFLASHより構えやすい。
  • MAVRIKの評価は、打感3.5、構えやすさ4、振りやすさ3.5、方向性4、飛距離4。

MAVRIKの3タイプのドライバーの違いをクラブフィッターが解説

  • スタンダードなMAVRIKドライバーは、空力に力を入れた設計で、後ろが持ち上がった形状になっている。
  • 想像以上に打点のミスに強い。
  • 飛距離ロス、曲がり具合がかなり抑えられる。

MAVRIKの3タイプのドライバーをプロが試打・比較

  • MAVRIKのAIフェースは、トゥ側・ヒール側に当たっても初速が落ちづらい設計になっている。
  • MAXは投影面積がかなり大きく、フェースはシャロー。
  • 従来のスターモデルとの違いとして、ロフト角調整機能が搭載されている。
  • ヘッドスピードが速くない人がリラックスして打てる。ドライバーが苦手な方が使いやすい。

あわせて読みたい