横田真一の「スライスしないティの検証結果」が興味深かった件

ゴルフyoutuberとして活躍する横田真一プロが、「ノンスライスティー」を使って、実際にスライスが抑えられるのかを検証されています。

なかなか興味深い結果になりましたので、取り上げてみたいと思います。

そもそも、ノンスライスティーとは!?

出典:Amazon

動画の前に、まず、「ノンスライスティー」について、どのような商品か紹介します。

「ノンスライスティー」とは、スライスが抑えられるティーのことで、「アンチスライスティー」「スライスしないティー」などと呼ばれることもあります。

通常のティーと大きく違うのは、ボールを乗せる台座に加えて、椅子でいう背もたれのようなものがある点です。

この後に紹介する動画では、「こびとの椅子」と言われていましたが、まさにそのような形状をしています。

使い方は、通常のティーと同じく芝に刺してボールを上に載せます。そして、椅子の背もたれのような部分がクラブのヒッティングポイントになるよう、後ろ側にセットします。打つ際は、そのまま背もたれ部分を叩きます。

なお、この種のティーは、ボールとクラブの間に物が挟まる形になりルール違反となりますので、公式競技では使えません。

ノンスライスティーを使ってスライスしないか横田真一が検証した動画

こちらの動画にて、横田真一プロがスライスしないティーを使って、本当にスライスが抑えられるのか検証されています。

動画冒頭では、普通のティーでスライス・フックを披露していまして、強烈な曲がりに娘の横田真子さんも驚かれています。この辺りは流石プロといったところでしょう。

検証した結果、スライスは出る!?

出典:Amazon

スライスが出ないメカニズムとしては、ボールとクラブの間に物が挟まっているため、スピンが抑えられるおいうものです。

スピンが抑えられれば、スライスの原因となるサイドスピンも生じにくくなるため、スライスも抑えられるという論理です。

実際、スライサー向けのゴルフクラブの中には、キャロウェイのビッグバーサのように低スピン効果によりスライスを抑える仕組みを採用しているものもあります。

ビッグバーサ B21シリーズ!ドライバー~アイアンまで全モデルを紹介!

そして、肝心の検証結果ですが、期待の中、横田真一プロが思いっきりスライスをかけて打ってみたところ、思いっきりスライスしました。

ついでに、娘の横田真子さんが打ってみても、右にスライス回転の弾道が出てしまいました。

スライスしないティーは、フライヤーになる!?

このティーによる効果について、横田真一プロは、「フライヤーになるのか?」を述べていました。

そして、今後はアイアンで試してみたところ、スピンが抑えられ、飛距離が大きく伸びることが確認されました。

スライスを抑えるメカニズムがスピン量を抑えることであるならば、実際にスライスしないティーを使ってスピンが抑えられることが確認されました。

まとめ

スライスしないティーというと、どうやってもスライスしないような印象を受けますが、思いっきりスライスを掛けようとすれば、しっかりスライスが出ます。

一方で、アイアンで試してみると、フライヤーになることが確認されていました。

スピン量を抑えることで、スライスが出にくくなりますので、スライスを抑える効果は働くことが分かります。

あわせて読みたい