ステルスアイアンの 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドから発売されているステルスアイアンについて取り上げます。

ステルスアイアン

テーラーメイドの2022年モデルである「ステルス」。アイアンは、ステルスアイアン1機種のみが発売されています。

「ステルスMAX アイアン、ステルスMAX OS アイアンが追加販売されるので?」という予想も巷では囁かれていますが、当記事を執筆している時点では正式な情報はありません。

前年のSIM2シリーズでは、SIM2 MAXアイアンとSIM2 MAX OSアイアンの2機種があり、特にSIM2 MAX OSアイアンは、弾道のブレなさ、ぶっ飛び性能が優れていて高い評価を得ていました。

今作のステルスアイアンはSIM2 MAX OSというより、SIM2 MAXアイアンに近いため、MAX OSの後継に当たるようなモデルが無いのは、少々残念なところです。

ステルスアイアンは、M5・M6から続くバックフェースの斜めのデザインがなくなり、アスリート向けのPシリーズにデザインが近寄っています。

アベレージゴルファー向けながら、ルックスがシャープで格好良い点も魅力の一つと言えます。

スペック面では、7番で28°の37.25インチで、おとなしめのディスタンス系です。強烈な飛びだけでなく、上がりやすさも欲しい方に適しています。

ステルスアイアンの試打・評価

テーラーメイド ステルスアイアン トラックマン試打

  • テーラーメイドの2022年NEWモデルは『STEALTH(ステルス)』。 アイアンはこれまでの2機種から1機種となり、形状とデザインがよりシャープな印象になりました。
  • 新たに開発された「トウラップテクノロジー」で、さらなる低重心化。 トウ側の金属を取り去って、約10gの余剰重量をソール後方に配置。 大胆な重量配分が可能になっています。
  • テーラーメイドおなじみのテクノロジー、「ICTフェース」、「エコーダンピングシステム」、「貫通型スピードポケット」、「フルーテッドホーゼル」なども搭載。
  • 7番のロフト角は28度とよりストロングに。高さと飛距離を出せるやさしさ重視のディスタンス系アイアンです。

Taylormade STEALTH Irons VS SIM2 MAX

【2022年発売モデル】テーラーメイド 『STEALTH(ステルス)』アイアンは、フェースの反発性能を高め、より速いボール初速を実現するため「トウラップテクノロジー」を採用し、「飛距離」と「寛容性」、そして「フィーリング」にも優れた新たな形のディスタンスアイアンです。

今回は『STEALTH(ステルス)』アイアンと前モデルの『SIM2 MAX』アイアンを打ち比べて試打計測レビューしました。

  • 【訂正】動画上でシャフト(KBS MAX MT85 JP)の重さが同じモデルなのにカタログ重量が異なると述べておりますが、同じモデルで同じスペックです。※ステルスアイアンはカット前の重量約109g、SIM2アイアンはカット後暫定重量約93gでカタログの表記方法が違いました。
  • ステルスの方がヘッドバランスがあるので重く感じたようですがシャフト重量は同じですので90g前後のシャフトをお使いの方はご検討頂けるスペックになっております。

テーラーメイド・ステルスアイアンをヘッドスピード別試打!こんなアイアンが今後の主流になる!?

一挙に多モデルがラインアップされる最近のトレンドの中、テーラーメイドの自信の表れか、ワンモデルだけで勝負に出たテーラーメイド。

【ステルスアイアン】は、いったいどんなゴルファーをターゲットにしているのか? その疑問を探るべく、今回はヘッドスピード別の試打を行い検証。

<伊藤元気プロが試打した【ステルスアイアン】>

  • ロフト:7番(28度)
  • シャフト: KBS MAX MT85 JP

ステルスアイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ
5 21 62 38.5
6 24 62.5 37.875
7 28 63 37.25
8 32 63.5 36.75
9 37 64 36.25
PW 43 64.5 35.75
AW 49 64.5 35.5
SW 54 64.5 35.25

ステルスアイアンのシャフト

シャフト 硬さ シャフト重量 トルク 調子
TENSEI RED TM60 (’22) S 約68g 2.9
R 約61g 3.1
KBS MAX MT85 JP S 約109g 1.8 先中
R 約109g 1.9

あわせて読みたい