ステルス2ドライバーの【最新】実物映像まとめ

テーラーメイドの2023年モデル「ステルス2」。

R&Aの適合リストにも掲載され、実物映像も海外のSNSを中心に投稿されています。

本記事では、実物映像を交えながら、これまでに分かった情報をまとめました。

ステルス2 PLUSドライバーは、スライダー式ウェイトを搭載

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joker(@quattro4060)がシェアした投稿

初代ステルスと同様のPLUSと名の付くアスリート向けモデルです。

ソール前方にはスライダー式のウェイト調整機能が搭載されています。

ふり返れば、この機能が外されたのはSIM2のみで、やはりスライダーウェイトのニーズは根強いものがあるようです。

また、アスリート向けであるが故に、ソール前方に搭載されていると浅重心による低スピン効果、操作性の高さが備わることも、プラスにポジティブに働いているようです。

ステルス2 HDドライバーは、SIM2 MAX-Dに似ている

 

この投稿をInstagramで見る

 

Golf Daddy(@golfdaddy247)がシェアした投稿

こちらの映像では、ステルス2 PLUSドライバーに加えて、ステルス2 HDドライバーが映し出されています。

シャフトの装着ネジよりも外側に固定ウェイトが搭載されていて、つかまりの良さを大きく持たせた重量配分となっています。

ちなみに、適合リストでは、この2機種に加えて、ノーマルなステルス2 ドライバーの存在も明らかになっています。

ウェイト重量がアップしている

 

この投稿をInstagramで見る

 

David Ford(@fordysgolf)がシェアした投稿

こちらはステルス2 PLUSドライバーを様々な角度から捉えた映像です。

スライダーウェイトは15g、後方ウェイトは19gという数字が確認できます。

ステルス PLUSドライバーでは、10gと6gという組み合わせでしたので、前後のウェイトの両方ともに大幅に重量アップしています。

特に、後方ウェイトについては、13g増で3倍以上となっていますので、慣性モーメントを高めた設計になっていることが予想されます。

適合リストに掲載されたステルス2 ドライバー

こちらはノーマルタイプのステルス2 ドライバーです。

適合リストに掲載された映像で、カラーの実物映像はまだ確認されていません。

ステルス2のフェアウェイウッドも確認されている

 

この投稿をInstagramで見る

 

GolfWRX(@golfwrx)がシェアした投稿

こちらはステルス2 PLUSフェアウェイウッドです。

これまでのSIM、SIM2とは様子が変わっていて、ソールに大きく採用されていたプレート上のウェイトはありません。

替わりに、M5依頼のスライダー式ウェイトが復活しています。

これもM3やM5とは少し異なっていて、左右ではなく前後にスライドする珍しいタイプで、弾道の高さ(Higher・Lower)の調整が可能となっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

GolfWRX(@golfwrx)がシェアした投稿

こちらはステルス2 フェアウェイウッドです。

ノーマルなタイプとなります。

フェアウェイウッドは、恐らくこの2機種のみで、HDは今回もドライバーのみのようです。

あわせて読みたい