コブラ DARKSPEED ダークスピードについて分かったこと【発売前情報】

コブラの新たなドライバー「DARKSPEED」がR&Aの適合リストに掲載されました。

既にカタログが流出していて存在は確認されていましたが、適合リストに掲載されたことで確定情報となりました。

シリーズ名は「DARKSPEED ダークスピード」

2024年のコブラは、「DARKSPEED ダークスピード」です。

LTDx、SPEEDZONE、SPEEDBACKではイエロー系がアクセントカラーに使われていましたが、ほぼ真っ黒のダークなカラーリングです。

ドライバーの種類は、LS、X、MAXの3種類が確認されています。

カタログの流出映像、適合リストともにも同じ内容ですし、従来からドライバーは3タイプ構成なので、今回も3タイプで間違いないでしょう。

DARKSPEED Xがスタンダードモデルか!?

LS、X、MAXというタイプ名を見ると、どれがスタンダードモデルなのか?と疑問に思ったかたもいると思います。

LSは低スピンですから最もアスリート向けのモデルとして、問題はXとMAXです。

XとMAXは、どちらもドローの意味合いで使われますので、どちらがドロータイプかスタンダードタイプか名前からは特定できません。

そこでポイントとなるのはウェイト位置です。と言うのも、ゴルフクラブはウェイトが特徴の半分を握っていると言っても過言ではありません。

左のXの方は前方ウェイトが中央にあり、右のMAXはヒール寄りにあります。

つまり、左右方向の弾道バイアスに限ってみれば、Xはニュートラル、MAXはドローとなっています。

  • DARKSPEED LS:低スピンタイプ
  • DARKSPEED X:スタンダードタイプ
  • DARKSPEED MAX:ドロータイプ

ということで、DARKSPEED Xがスタンダードなど真ん中のタイプということになります。

全タイプでウェイト移動による弾道調整が可能

ウェイトは全タイプのドライバーで複数個が搭載されています。

  • LS:3個(3g・3g・12g)
  • X:2個(3g・12g)
  • MAX:1個(3g・12g)

そして、LSはヒール寄り、Xは前方、MAXは後方に12gの重たいウェイトがデフォルトで装着されています。

ウェイト形状は同じになっていますので、これを別の位置にローテーションさせることで、弾道の調整が可能となります。

AEROJET、LTDxではスタンダードタイプのみウェイトが1つでしたが、DARKSPEEDではスタンダードタイプにも2つ搭載されていますので、調整が可能です。

DARKSPEEDドライバーの発売日

DARKSPEEDに関する正式な情報は適合リストの掲載情報のみのため、発売日に関する情報もありません。

過去の実績からすると、テーラーメイドとキャロウェイが1月・2月に市場を賑わせた後、3月・4月頃に発売されています。

ここ最近は、AEROJET、LTDxが3月に発売されていますので、DARKSPEEDも3月の発売が予想されます。

あわせて読みたい