Qi10 LSドライバー 2024の評価・試打動画

Qi10 LSドライバー 2024

テーラーメイドの2024年モデルは、2022年・2023年と続いたステルスシリーズが終了し、全く新しい「Qi10」シリーズがスタートしました。

Qi10は、Quest(探求)・Inertia(慣性)・10K(10,000)から来ていて、左右・上下の慣性モーメントの合計が10,000を超えたという意味を表しています。

ただ、ドライバー3モデルの中で10,000超えを果たしているのはMAXのみで、ここで取り上げているLSは到達していません。

とは言え、Qi10の名を冠しているだけあって、前作ステルス2 PLUSよりもアップしていて、弾道のブレなさは向上しています。

Qi10 LSドライバー 2024の試打・評価

Qi10 LSドライバー トラックマン試打

試打ラボしだるTVにて、Qi10 LSドライバーを試打されています。

試打クラブは、ヘッドが9.0°と10.5°で、シャフトがDiamana SILVER TM50のSです。

どんなゴルファーも結果が出せる!テーラーメイド「Qi10」シリーズドライバー3モデルを解説

クラブフィッターの小倉氏にて、2024年テーラーメイド最新「Qi10」シリーズのドライバー3モデルを解説されています。

【最新クラブ】Qi10シリーズ・テーラーメイドのドライバーがまた新世界を開拓!10K時代の到来です!!この慣性モーメントは伊達じゃない

テーラーメイドから登場した【 Qi10(キューアイテン)】シリーズのドライバー全3モデルと、同時に登場した【Qiアイアン】を紹介。

今回は、その名の通り 10K=10,000 というトンデモナイ慣性モーメントを実現したドライバー。打てば分かる、10Kの実力。

《試打クラブ》

  • テーラーメイド Qi10(キューアイテン)MAX ドライバー
  • テーラーメイド Qi10(キューアイテン)ドライバー
  • テーラーメイド Qi10(キューアイテン)LS ドライバー
  • テーラーメイド Qi10(キューアイテン)LS ドライバー
  • テーラーメイド Qi(キューアイ)アイアン

Qi10 LSドライバー 2024のスペック

ロフト角 10.5°
ライ角 54°
ヘッド体積 460cc
長さ 45.5インチ

Qi10 LSドライバー 2024のシャフト

シャフト フレックス クラブ重量(g) シャフト重量(g) トルク バランス キックポイント
Diamana SILVER TM50 S 約310 約60 3.6 D3 中元
SR 約306 約57 4 D2.5
R 約304 約55 4.3 D2
Tour AD VF-6 S 約314 65 3.3 D4 中元
SPEEDER NX BLACK 60 S 約312 65.5 3.8 D3.5 先中
DiamanaWB 63 S 約309 61 3.1 D3.5

あわせて読みたい