「Heavenwood ヘブンウッド」という番手はいったい何?どんなクラブか徹底解説!

キャロウェイのフェアウェイウッドで時々見かける「Heavenwood ヘブンウッド」という番手について解説します。

Heavenwood ヘブンウッドとは?

キャロウェイのフェアウェイウッドの中で、番手に数字ではなく「Heavenwood」と記されているものがあります。

本記事では、「Heavenwood」という番手がどういったものかについて取り上げます。

ちなみに、キャロウェイの過去のモデルにビッグバーサヘブンウッドという2004年のモデルがありますが、こちらの話ではありません。フ

※ちなみにこちらがBB Heavenwoodです。

Heavenwood ヘブンウッドはロフト角が大きく、球が上がりやすい

さて、Heavenwoodという番手ですが、文字から推測できるように「天に届くほど高く上がるウッド」という意味があります。

通常、フェアウェイウッドは番手が下がるに連れて、ヘッド体積・クラブ長さは縮小し、ロフト角は大きく(寝る)なります。その結果、弾道は高く上がり、距離は短くなっていきます。

Heavenwoodは、上位番手のスペックでありながら、ロフト角だけが大きくして(寝かせて)あります。特徴としては、フェースが寝ていますのでボールを捉えて上げやすく、ミスが出にくくなっています。加えて、ヘッド体積は大きくクラブは長いため、飛距離も出やすくなっています。

「4番に7番のヘッドを挿している」イメージ

Heavenwoodがあるフェアウェイウッドについて、スペックを見てみると特徴が見えてきます。

こちらはUSのROGUEフェアウェイウッドのスペックです。

番手 ロフト角 ヘッド体積 ライ角 長さ バランス
3+W 13.5° 171 55.00° 43.00″ D2
3W 15° 171 57.00° 43.00″ D2
4W 17° 162 57.50° 42.75″ D2
5W 19° 152 58.00° 42.50″ D2
Heavenwood 20° 161 57.50° 42.75″ D2
7W 21° 142 58.50° 42.00″ D2
9W 23° 136 59.00° 41.50″ D2
11W 25° 134 59.50° 41.00″ D2

ライ角・クラブ長さ・体積を見ると、4番ウッド相当で、ロフト角だけが7番ウッド相当になっています。

バランスも揃えてありますので、重量感は同じままスイングすることができます。

Heavenwoodがあるフェアウェイウッドはコレだ!

実際にどのようなモデルでHeavenwoodがあるかを見てみますと、USのキャロウェイサイトを見ますと、EPICFLASHやROGUEにもありますので、USでは一般的な番手となっています。

一方、日本では全てのモデルにあるわけではなく、一部のフェアウェイウッドに限られています。最近のモデルでは以下の2種類でHeavenwoodがラインナップされています。

スチールヘッド XR フェアウェイウッド

ビッグバーサ ベータ フェアウェイウッド

タイトリストのTSRドライバーがPGAツアーに登場

タイトリストの2022年モデルは、TSRドライバー

タイトリストの2022年のニューモデルとなるTSRドライバーが、PGAツアーのトラベラーズ・チャンピオンシップに登場しました。

2018年からスタートしているTSシリーズの3代目となり、2代目に当たる現行のTSiシリーズは2020年の後期に発売されていますので、大凡、1年半ぶりのリニューアルとなります。

ツアーに登場ということで、R&Aのドライバー適合リストにも掲載されていまして、TSRドライバーは、現在、TSR2・TSR3・TSR4の3機種が確認されています。

TSR2ドライバー

*出典:R&A

デザイン面で、TSとTSiはかなり変化がありましたが、TSiとTSRはかなり似ています。

特にTSR2ドライバーに関しては、もともとソール後方にウェイトがあるシンプルな構造で、今回も同じです。

ただ、後方ウェイトの位置がソールとクラウンの間にありますので、より深い位置に設置されているようです。

TSR3ドライバー

*出典:R&A

TSR3ドライバーも、現行のTSi3ドライバーととても良く似ています。

最大の特徴である移動式ウェイトは、同じ形式で搭載されていまして、ポジションの数も5つで同じです。

可変スリーブも組み合わせると、かなり自由度の高い弾道調整が可能となり、より自分の好みの弾道に近づけることができるモデルとなりそうです。

TSR4ドライバー

*出典:R&A

3機種のドライバーの中で、最も変化が見られるのがTSR4ドライバーです。

現行のTSi4ドライバー、その前のTS4ドライバーでは、ソール前方にのみウェイトが搭載されていました。

しかし、今回のTSR4ドライバーでは、ソール前方のウェイトは引き続き搭載されていますが、ソール後方にTSR2と同じような位置にウェイトがもう一つ追加されています。

後方ウェイトは慣性モーメントを増大させる、つまり、弾道の安定性を高める効果がありますので、簡単に言えば、やさしい方向に寄せている可能性が高そうです。

まとめ

TSシリーズは、初代、2代目と1~4のモデルがありました。現時点で確認されているTSRドライバーは、2~4の3機種です。

1は軽量モデルで、特に日本市場では注目度の高いモデルのため、今後、ラインナップに追加されるかどうかが興味深いところです。

TS4ドライバー USモデルの特徴・違い

タイトリストのTSシリーズから発売のTS4ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

TS4ドライバー USモデル

TS4ドライバーは上級者向けの430ccヘッド

出典:タイトリストHP

タイトリストのゴルフクラブは、ツアープロの要望を取り入れて開発されていると言われていまして、中・上級者にて好んで使われていました。

しかし、917シリーズの次のモデルについては、「スピード」に拘ったゴルフクラブ開発が行われ、新たにTSシリーズが誕生しています。

TSシリーズのドライバーは全部で4種類あります。数字が小さいほど簡単なモデルとなっていて、TS1は軽量ドライバー、TS2はアベレージ~セミアスリート、TS3はセミアスリート~上級者、TS4は上級者向けと言われています。

TS4ドライバーの最大の特徴の1つがヘッドサイズです。TS1、TS2、TS3は460ccヘッドですが、TS4ドライバーは430ccとかなり小ぶりなヘッドとなっています。テーラーメイドのM5ツアーも小ぶりな435ccですが、それよりも更に5cc小ぶりとなっています。

大型ヘッドに違和感を感じているゴルファーもいますので、上級者で小ぶりなヘッドが好みという方には、TS4ドライバーは貴重な選択肢です。

浅重心で低スピンの強い弾道が出る

TS4ドライバーはウェイトがソール前方に搭載されています。重心が浅くなっていますので、低スピンで吹け上がらず、強い弾道が出やすくなっています。

モデル TS1 TS2 TS3 TS4
高さ
スピン 超少

TS4ドライバー USモデル・日本モデルのスペック比較

モデル US 日本
ロフト角(°) 8.5、9.5、10.5 8.5、9.5、10.5
ライ角(°) 58.5 58.5
ヘッド体積(cc) 430 430
長さ(インチ) 45.5

TS4ドライバー USモデルの標準シャフト

USモデルでは、以下のシャフトが公式サイトで紹介されています。

  • Mitsubishi KUROKAGE Black Dual Core SFW 50
  • Mitsubishi Tensei AV Series Blue SFW 55
  • Project X HZRDUS Smoke Black 60
  • Project X HZRDUS Smoke Yellow 60
  • Project X Even Flow T1100 White 65

TS4ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ロフト角、ライ角、ヘッド体積は、USモデルと日本モデルで同じとなっています。スペック面や外観からは違いが特に見出せませんでした。

USモデル、日本モデルというより、カスタムモデルですので、標準シャフトというものがなく、シャフトの選択による差異が大きくなると思います。

なお、シャフトの硬さについては、USモデルの場合、同じスペックでも1フレックス硬いと言われています。USモデルを購入する場合、このあたりを考慮して普段より1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

TS4ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

タイトリストでは公式サイトで発売がないため、小売価格の表示がありませんので、楽天で調べてみましたが、シャフトがまちまちですので価格にばらつきがあります。日本モデル、USモデル共に7万円前後で取引されています。

USモデルを購入したいという方で、ショッピングモールでの購入が不安という方は、フェアウェイゴルフUSAさんがオススメです。

アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


TS3ドライバー USモデルの特徴・違い

タイトリストのTSシリーズから発売のTS3ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

TS3ドライバー USモデル

TS3ドライバーはセミアスリート~アスリート向け

出典:タイトリストHP

タイトリストのゴルフクラブは、ツアープロの要望が反映されていて、上級者向けのクラブと言われていました。

しかし、2019年に発足したTSプロジェクトでは、「スピード」をテーマにして開発が行われ、これまでの917、915といったツアー色の強いシリーズとは異なり、新たなモデルとしてTSシリーズが誕生しています。

TSシリーズは全部で4種類のドライバーがあり、TS1は軽量ドライバー、TS2はアベレージ~セミアスリート、TS3はセミアスリート~上級者、TS4は上級者向けと言われています。

ソール後方に調整可能なウェイトを搭載

TSシリーズのドライバーは、ウェイトの搭載箇所に特徴が表れています。

TS3ドライバーは最も調整機能に優れたドライバーで、ソール後方の横向きの棒状のウェイトは、両端のウェイトの位置を変えることで、ニュートラル、ドロー、フェードの弾道切替が可能となっています。

中弾道・低スピンで強い球が出る

モデル TS1 TS2 TS3 TS4
高さ
スピン 超少

TS3ドライバーの弾道は、打ち出しが中ぐらいに抑えられ、低スピンの強い弾道で飛ばすことができます。

ヘッドも伝統的な形状となっていて、思い切り叩きハードヒッターに好まれています。

TS3ドライバー USモデルのスペック

  • ロフト角:8.5、9.5、10.5°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.5インチ

TS3ドライバー USモデルの標準シャフト

USモデルでは、以下の5種類のシャフトが公式サイトで紹介されています。

  • Mitsubishi KUROKAGE Black Dual Core SFW 50
  • Mitsubishi Tensei AV Series Blue SFW 55
  • Project X HZRDUS Smoke Black 60
  • Project X HZRDUS Smoke Yellow 60
  • Project X Even Flow T1100 White 65

TS3ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ロフト角のラインナップ、ライ角は同じですが、クラブ長さに違いがあります。

USモデルの方は45.5インチですが、日本モデルではTour AD 60で45.25インチ、Tour AD VR-6、Speeder 661 EVOLUTION Vで45インチとなっていて、日本モデルの方が0.25~0.5インチ短尺となっています。

シャフトはUSと日本で共に公式サイトで5種類掲載されていますが、種類は全て異なっています。

なお、シャフトの硬さについては、USモデルの場合、同じスペックでも1フレックス硬いと言われています。USモデルを購入する場合、このあたりを考慮して普段より1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

TS3ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

タイトリストでは公式サイトで発売がないため、小売価格の表示がありませんので、アマゾンで調べてみましたところ、日本モデル、USモデル共に、当記事執筆時点では3~3.5万円で購入できるようです。

USモデルを購入したいという方で、ショッピングモールでの購入が不安という方は、フェアウェイゴルフUSAさんがオススメです。

アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


ローグSTの全アイアンを一挙紹介!MAX・MAX D・MAX LS・MAX FAST

キャロウェイから2022年に発売のローグ STシリーズ。アイアンは4機種のモデルが発売となっています。

ローグSTのアイアン全4機種について、スペック・発売日・発売価格について取り上げます。

ローグSTのアイアンは4機種

キャロウェイのローグSTシリーズから、アイアンは4機種の充実のラインナップとなっています。

前年のEPICで、アジア市場向けの軽量シリーズであるMAX FASTから、アイアンも発売されまして、今回のローグSTでもMAX FASTのアイアンが発売となっています。

今回のローグSTが評価されていることの一つに、モデルの充実っぷりが挙げられます。

ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンまで、ノーマル、ドロー・大型、低スピン・小ぶり、軽量の4タイプが抜けなく揃っています。

つまり、ドロー・大型タイプを使いたい方は、ドライバーからアイアンまで同じテイストのクラブを揃えることができることを意味しています。

MAX系の3機種は、ポケキャビでグースもしっかり

MAX、MAX OS、MAX FASTの3機種は、全てポケットキャビティ形状です。PROの中空構造が採用されています。

MAX系3機種は、グースもしっかり効いていて、球をしっかり捉えて、つかまえた強い球が出やすくなっています。

ワイドなソールで、球が上がりやすく、ダフりにくく、ポケキャビとの相乗効果でミスにも強さを発揮してくれます。

4機種の弾道と操作性

*出典:callawaygolf.jp

4機種のアイアンの特徴について、操作性、弾道の高さでマッピングしたものが、公式サイトで公開されています。

オートマッチクで球が上がりやすい方向をやさしいと捉えると、以下の順にやさしさが増していきます。

PRO < MAX < MAX OS < MAX FAST

一つ注意が必要な点として、やさしいアイアンほど、ロフト角が立ってくる傾向にありますが、MAX OSよりもMAXの方がロフトは立っています。

ローグST MAXアイアン

特徴

  • 7番のロフト角は27.5°
  • ウェッジは、PW、AW、GW、SWの4種類
  • ストロングロフト
  • オフセットが大きめでつかまりが良い

スペック

番手 クラブ長さ ロフト角 ライ角
I#5 38.25 21.5 61.25
I#6 37.625 24.5 62
I#7 37 27.5 62.5
I#8 36.5 32 63
I#9 36 36.5 63.5
PW 35.75 41 64
AW 35.5 46 64
GW 35.25 51 64
SW 35 56 64

発売日・発売価格

発売日は、2022年3月18日。

  • VENTUS 5 for Callaway(R)
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)
  • Dynamic Gold 95(S200)
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)
  • N.S.PRO Zelos 7(S)
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)

ローグST MAX OSアイアン

特徴

  • 7番のロフト角は28.5°
  • ウェッジは、PW、AW、GW、SWの4種類
  • MAXタイプの中で最もロフトが寝ている
  • オフセットが大きめで、つかまりが良い

スペック

番手 クラブ長さ ロフト角 ライ角
I#5 38.25 22.5 61.5
I#6 37.625 25.5 62
I#7 37 28.5 62.5
I#8 36.5 32 63
I#9 36 36.5 63.5
PW 35.75 41 64
AW 35.5 46 64
GW 35.25 51 64
SW 35 56 64

発売日・発売価格

発売日は、2022年4月1日。

  • VENTUS 5 for Callaway(R)
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)
  • Dynamic Gold 95(S200)
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)
  • N.S.PRO Zelos 7(S)
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)

ローグST PROアイアン

特徴

  • 7番のロフト角は30.5°
  • ウェッジは、PWのみ
  • シリーズの中で唯一の中空構造
  • ネックはグースが抑えてあり、意図した方向に打ちやすい

スペック

番手 クラブ長さ ロフト角 ライ角
I#4 38.5 21 60.5
I#5 38 23.5 61
I#6 37.5 26.5 61.5
I#7 37 30.5 62
I#8 36.5 34.5 62.5
I#9 36 38.5 63
PW 35.75 43 63.5

発売日・発売価格

発売日は、2022年3月18日。

  • Dynamic Gold 105(S200)
    単品(I#4) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    6本セット(I#5-9,PW) ¥158,400(税抜価格¥144,000)
  • Dynamic Gold 95(S200)
    単品(I#4) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    6本セット(I#5-9,PW) ¥158,400(税抜価格¥144,000)

ローグST MAX FASTアイアン

特徴

 

  • 7番のロフト角は27.0°
  • ウェッジは、PW、AW、GW、SWの4種類
  • 軽量モデルで楽に振れる
  • シリーズの中で最もストロングロフト
  • オフセットが大きめで、つかまりが良い

スペック

番手 クラブ長さ ロフト角 ライ角
I#5 38.25 22 60.5
I#6 37.625 24 61
I#7 37 27 61.5
I#8 36.5 31 62
I#9 36 36 62.5
PW 35.75 41 63
AW 35.5 46 63.5
GW 35.25 51 64
SW 35 56 64

発売日・発売価格

発売日は、2022年3月18日。

  • SPEEDER NX 40 for Callaway(R) SHAFT
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)
  • N.S.PRO 850 neo(S)
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)
  • N.S.PRO Zelos 7(S)
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)