【マスターズでのキム・シウー】パターではなく3番ウッドでパッティングした件【原因の問題場面も映像が残っています】

アメリカのオーガスタ・ナショナルGCで、2021年のメジャー初戦、マスターズが開催となっています。

その2日目、グリーン上で3番ウッドを使ってパッティングする選手が映し出され、話題となっています。

3番ウッドでのパッティング、そして、そこに至った経緯について取り上げます。

グリーン上で3番ウッドでパッティングした実際の映像

驚きの事態が生じたのは、2021年のマスターズの2日目です。

上掲の映像は17番ホールで、パッティングしているのは韓国のキム・シウー(Si Woo Kim)です。

そして、握っているクラブはパターではなく3番ウッドです。

フェアフェイウッドはフェース厚が薄いため、遠目にはL字パターのようにも見えますが、クラブ長さが明らかに長いです。

キム・シウーはキャロウェイのクラブを使っていまして、手にしていた3番ウッドは、恐らくMAVRIK サブゼロフェアウェイです。

クラブ長さは43.25インチありますので、一般的なパターと比べると、10インチ(25.4cm)ほど長いです。

なかなか器用にパッティングしていますが、関心が寄せられるのはパターではなく3番ウッドを使うに至った背景、理由です。

何故、パターではなく3番ウッドでパッティングしているのか?

キム・シウー選手をご存知の方であれば、お察しの方も少なくないと思います。

3番ウッドを積極的に選んだわけではなく、パターを使えなくなった理由があります。それがこちらの動画です。

グリーンエッジで、自分のプレー内容に納得いかなかったのか、激高し、持っていたクラブを地面に叩きつけています。

映像をスローで見ると、シャフトが異様な曲がり方をしている様子が分かります。

この叩きつけたクラブというのがパターで、この行為により折れてしまったようです。

キム・シウー選手は感情表現が豊か!?

先程、キム・シウー選手をご存知の方であれば、原因が分かるといったことを書きました。

その理由は、ゴルフ場での感情表現が豊かな選手として知られているからです。

こちらの映像では、ミスが重なりウェッジを池の中に放り投げてしまうシーンが捉えられています。

ゴルフは紳士のスポーツですから、さらに、世界中に放送される試合でこのような行為は、少なくとも子供たちには見てもらいたくないですね。

 

「スライスに悩む人向け? 球がつかまるドライバーの選び方」が興味深かった件

ゴルファーの抱える悩みで代表的なものがスライスです。実際、アマチュアゴルファーの8割がスライサーだとも言われています。

スライス改善する方法としては、スイング改良と適したゴルフクラブ選びがありまして、スライサー向けのドライバーの選び方に関する興味深い動画がありましたので、取り上げます。

スライサー向け!つかまりの良いドライバーの選び方

スライサー向けに、つかまりの良いドライバーの選び方について、3up CLUBさんにて議論・解説している動画がyoutubeで公開されています。

▼スライサー向けのドライバーの選び方の動画です。

こちらが「スライスに悩む人向け? 球がつかまるドライバーの選び方」と題した動画です。

動画の中では、ドローバイアスモデルとして3種類のドライバーが取り上げられ、実際に試打されています。

また、最近のツアープロも含めたドライバーの傾向についても、興味深い話が展開されています。

以下に、筆者の見解も含めながらテーマ別に要約していますが、時間がたっぷりある方は、上掲の動画をゆっくりとご覧になってみてください。

ドローバイアスは、ツアープロも使うようになってきた

本間ゴルフのツアーワールド GSドライバーは、谷原秀人プロが使っていて、優勝争いを演じてたことでも話題となっています。

動画の中でも触れられていますが、以前は、つかまりの良いドライバーはアスリートゴルファーやツアープロにとっては扱いにくいものと思われていました。

しかし、ここ最近の上級者向けのドライバーは、PING G425 LSTドライバー、SIM2ドライバーなども、球のつかまりが良くなっていて、一昔前とドローバイアスに対する認識がWELCOMEな方向に確実に変わってきています。

スライス改善のドライバーは、2タイプある

スライス改善のための特徴が盛り込まれたドライバーは、2タイプあると、関プロが述べられています。

1つは重心距離が短いタイプ、そしてもう1つは重心角が大きいタイプです。

以前は、重心距離を短くしてヘッドを動かせる、つまり、スクエアに返しやすいモデルが主流でしたが、最近は、プロギアが力を入れているように重心角を大きくしたドライバーが増えています。

重心距離を短くすると、どうしても慣性モーメントが小さくなってしまい、慣性モーメントを大きくする最近の傾向と合わないことが影響しているようです。

慣性モーメントを大きくすると、自然と重心角は大きくなりますので、副産物か相互作用か分かりませんが、スライス改善の要素として重心角を取り入れる動きが自然になっているように思います。

短い重心距離、大きい重心角、どちらが自分に合ってるか?

動画の中で、ゴルフライターの鶴原氏が、面白い疑問を投げかけています。

「ヘッドのターンのしやすさは、重心角が大きい方が良いか、重心距離が短い方が良いかは、打ってみないと分からないのか?」

鶴原氏自身は、重心角は弾道に影響が出ず、重心距離の方が影響が出るので、分かって選べると良いと述べられています。

鹿又さんの答えは、色々と試して打って感じた方が良いというものです。

関プロの答えは、重心距離が短いものが合う人は、ハンドファーストの人、重心角が大きいものが合う人は、ハンドレイトの人と述べられています。

筆者の感想としても、関プロの考えにとても近く、ハンドレイト、ハンドファーストで分ける考え方は、目安として良いように思います。

と言いますのも、ハンドレイトの場合、ヘッドの重みがフェースを開く方向に作用してしまい、スライスが出やすくなる感じがありますので、ハンドレイトの方は、深重心で大きな重心角のクラブをシャットにスイングするのが合っているように思います。

ハンドファーストの場合は、シャットというよりも自分でしっかり返すタイプになると思いますので、やはり、ヘッドを操りやすい重心距離が短いものが合っているように思います。

動画で紹介されていたスライサー向けドライバー5本

動画の中で、ドローバイアスの代表的なドライバーで、実際に試打されたものが3本、そして、重心角・重心距離ではない要素でスライス改善になっているドライバーを2本紹介されています。

筆者としては、強烈に大きな重心角を持つPRGRのegg5500ドライバーも取り上げて欲しかったので、次回の動画に期待です。

本間ゴルフ ツアーワールド GSドライバー

ツアーワールド GSシリーズの全モデルを一挙紹介!発売日も決定

キャロウェイ BIG BERTHAドライバー

ビッグバーサ B21シリーズ!ドライバー~アイアンまで全モデルを紹介!

テーラーメイド SIM グローレ

SIM+GLOIRE=SIM グローレ ドライバー

ヤマハ インプレスUD+2ドライバー

inpres インプレス UD+2 ドライバー2019 試打・評価・徹底解説

ダンロップ ゼクシオ11ドライバー

ゼクシオ イレブン 11の発売日が決定!全モデルを一挙紹介!

まとめ

スライサー向けのドライバーの選び方について、取り上げました。

ドローバイアスのドライバーのタイプとして、重心角と重心距離の2つがあり、自分に合うのがどちらかを知ることが大事になります。

どちらが自分に合うのかを見極める方法については、お三方も唸っていましたので、なかなか難しい問題なのかもしれません。

ただ、関プロが最後の方で述べていたハンドレイト、ハンドファーストは、とても参考になると思いますので、その視点で一度考えて見るのも面白いと思います。

G410 LSTドライバー USモデルの特徴・違い

PINGのG410 LSTドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G410 LSTドライバー USモデル

G410にLSTも追加ラインナップ

G410シリーズのドライバーは、当初、スタンダードモデルのPLUSと、ドロー仕様のSFTの2種類のみの発売となっていました。

後から聞こえてきた話として、低スピンタイプのLSTは、前作が良すぎたため、それを上回るところまで持ってくるのに時間が掛かったと言われています。

実際に、前作を上回っているのかは気になるところかと思いますが、鈴木愛プロはG410 LSTドライバーに乗り換えていますので、プロからのお墨付きが出ていると言えそうです。

LSTにもウェイト調整機能をPLUS

G410シリーズでは、PLUSドライバーに、ドロー・フェードに切り替えられるウェイト調整機能が搭載されました。そして、この機能はG410 LSTドライバーにも搭載されています。

空力を重要視するPINGにとっては、ヘッドに凹凸を伴う装置を搭載することは悩ましかったと思いますが、時代の流れに沿ったのか、遂に搭載されたという形になっています。

ロフト角の調整機能は、進化したが、互換性は無し

G410シリーズのドライバーにも、引き続き可変スリーブが搭載されています。ロフト角の調整が可能となっていまして、今作では調整レンジが0.5°広がって1.5°となっています。

しかしながら、前作までのスリーブとは互換性がありません。お気に入りのシャフトを抱えている人にとっては、マイナス面の仕様変更ということになりそうです。

G410 LSTドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5°
  • ライ角:57°
  • ヘッド体積:450cc
  • 長さ:45.75インチ

標準シャフト

  • PING Alta CB 55 Red
  • PING Tour 65
  • PING Tour 75
  • Project X EvenFlow Black 75
  • Mitsubishi Tensei CK Orange 60

PING Alta CB 55 Red

フレックス 重量 弾道
Soft Regular 56.0g High
Regular 59.0g Mid High
Stiff 63.0g Mid
X-Stiff 66.0g Mid

PING Tour 65

フレックス 重量 弾道
Regular 58.0g Mid
Stiff 62.0g Low Mid
X-Stiff 67.0g Low

PING Tour 75

フレックス 重量 弾道
Regular 68.0g Mid
Stiff 75.0g Low Mid
X-Stiff 80.0g Low

Project X EvenFlow Black 75

フレックス 重量 弾道
5.5 72.0g Low Mid
6 73.0g Low
6.5 78.0g Low

Mitsubishi Tensei CK Orange 60

フレックス 重量 弾道
Regular 61.0g High
Stiff 63.0g Mid High
X-Stiff 65.0g Mid

G410 LSTドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角とそのラインナップはUSモデルと日本モデルで同じです。ライ角はUSモデルの方が1°フラットで57°となっています。

ライ角は同じかUSモデルの方がアップライトなことが多い印象がありますが、PINGのG410シリーズについては、日本のモデルの方がアップライトになっています。

シャフトはUSと日本で基本的に異なっています。またUSモデルの場合は、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

G410 LSTドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


PRGR Carrys Qの全モデルを一挙紹介!発売日も決定

PRGRから発売のCarrys Qについて、全モデルのラインナップ・発売日・発売価格について取り上げます。

Carrys QとQ

※左がCarrys Q、右がQ

PRGRから2018年にQ(フェアウェイウッド、ユーティリティ)が発売されています。そして、2021年にCarrys Q(フェアウェイウッド、ユーティリティ)が新たに発売となっています。

※出典:https://www.prgr-golf.com/product/utility/20-q.html

RSともeggとも異なるQは、Carrys Qが追加されたことで、位置づけ・クラブ間の繋がりがどのようになるのかが気になるところです。

飛距離で捉えると、Carrys Qは、既存のQよりもう少し上のレンジで、概ねフェアウェイウッドの領域をカバーしています。

Qの方は、ソールが船底のような三角形状になっていて、ラフや傾斜地でも対応しやすい形状でした。

今回のキャリーズQは、正面から見ると平べったい形状になっていて、Qとは対照的な形状となっています。

公式サイトでも「平らなフェアウェイでヘッドが滑るように走り、抜けがいい」と説明されていますので、適した場面の違いが分かります。

PGRG Carrys Qの公式動画

こちらの動画はPRGRによるキャリーズQの公式動画です。

既存のQと新商品のCarrys Qの両方が登場しますので、使い分け、位置付けなどが分かります。

Carrys Qも大きく2種類に分かれている

Qと同様に、上の2番手と下の2番手で、形状が異なっています。

Q3+、Q3

Q3+とQ3は、ヘッドが極端に平べったい形状となっています。

ソールはテーラーメイドのVスチールと似た形状で、芝との接地面積が抑えられ、振り抜けの良さを発揮してくれそうです。

番手 Q3+ Q3
ロフト角 16.5° 19°
ライ角 58° 58°
フェース角 2.5° 4.0°
長さ 42インチ 41.5インチ
バランス D0 D0

Q4、Q5

Q4とQ5は、先程のQ3+、Q3よりもディープで重心が浅めになっています。

番手 Q4 Q5
ロフト角 20° 24°
ライ角 59° 59.5°
フェース角 3.0° 3.0°
長さ 39.5インチ 39インチ
バランス D0 D0

 

PRGR シルバーブレードα パターの5モデルを一挙紹介!

PRGRのシルバーブレードから新たなモデル、シルバーブレードαパターが発売となっています。

細部まで拘り抜いた全5機種について取り上げます。

シルバーブレードα パターの特徴

比重の異なる素材を組み合わせ、高慣性モーメントを実現

シルバーブレードのパターヘッドには、比重が異なる素材が用いられています。

ブレードには軽いアルミ素材、そして、ボディーには重いステンレス素材が用いられていて、後方に重量が寄せられています。

これにより、高慣性モーメントが実現されていて、オフセンターヒット時のヘッドのブレが小さく抑えられています。

5つのモデルにより、様々なストロークに対応

*引用:PRGR

シルバーブレードα パターは、ヘッド形状・ネック形状・オフセットなどが異なる5種類のモデルがあります。

ピン型、マレット型はそれぞれセンターシャフトのモデルもあり、ヘッドの開閉をする方、真っすぐにストロークする方など、様々なストロークに対応しています。

変化を付けたミーリングにより、転がりが安定

*引用:PRGR

フェース面のミーリングは、中央では粗く、そして、両サイトに行くに従って徐々に細かく施されています。

これにより、オフセンターヒットとなった場合でも、転がり距離が安定しやすくなっています。

シルバーブレードα パターの全モデルを紹介!

シルバーブレード α-01

ロフト角(°) 3 3
FP(mm) -3.5 -3.5
ライ角(°) 70 70
長さ(インチ) 33 34
総重量(g) 545 550
シャフト重量(g) 101 106

シルバーブレード α-01CS

ロフト角(°) 3 3
FP(mm) 7.5 7.5
ライ角(°) 70 70
長さ(インチ) 33 34
総重量(g) 551 556
シャフト重量(g) 107 112

シルバーブレード α-02

ロフト角(°) 3 3
FP(mm) 1.5 1.5
ライ角(°) 70 70
長さ(インチ) 33 34
総重量(g) 544 549
シャフト重量(g) 100 105

シルバーブレード α-03

ロフト角(°) 3 3
FP(mm) -0.5 -0.5
ライ角(°) 70 70
長さ(インチ) 33 34
総重量(g) 547 552
シャフト重量(g) 103 108

シルバーブレード α-03CS

ロフト角(°) 3 3
FP(mm) 7 7
ライ角(°) 70 70
長さ(インチ) 33 34
総重量(g) 551 556
シャフト重量(g) 107 112