SIM2 MAX OSアイアン USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM2 MAX OSアイアンのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM2 MAX OSアイアン USモデル

ヘッドサイズが大きく、ミスに強い

SIM2シリーズのアイアンは、SIM2 MAXアイアンとSIM2 MAX OSアイアンの2種類あります。

OSはOver Sizeの略で、大きなヘッドが特徴となっています。

ヘッドが大きく、慣性モーメントも大きいため、ミスに強く、よりやさしさを発揮してくれます。

打感・打音も備わっている

7番アイアンのロフト角が27°で、ストロングロフトのアイアンですが、中空構造のヘッド内部には柔らかいポリマーが搭載されていて、無駄な振動を抑えてくれます。

打感・打音にも優れていますので、ディスタンス系特有の弾き系が苦手と言う方、打感・打音にも拘りたいという方に適しています。

スピードポケットを搭載

ソール面にはスピードポケットが搭載されていて、ボールスピードをアップしてくれます。

また、フェースの下目で捉えてしまった場合でも、飛距離ロスが出にくくなっています。

球のつかまりが良い

オフセットが大きく、アドレスした時に見えるネック形状も、はっきりとしてグースネックになっています。

ボールを包み込むようにしっかりとつかまえることができますので、右へのミスが出にくく、厚くとらえて力強い弾道が出やすくなっています。

SIM2 MAX OSアイアン USモデルのスペック

番手 ロフト角 ライ角 オフセット バンス角 長さ
4 18.0° 61.5° 7.2mm 39.125″
5 20.0° 62.0° 6.7mm 38.50″
6 23.5° 62.5° 6.2mm 37.88″
7 27.0° 63.0° 5.7mm 5.3° 37.25″
8 31.5° 63.5° 4.5mm 6.5° 36.75″
9 36.5° 64.0° 4mm 36.25″
PW 42.0° 64.5° 3.6mm 7.5° 35.75″
AW 48.0° 64.5° 3.1mm 7.5° 35.50″
SW 54.0° 64.5° 2.5mm 35.25″
LW 59.0° 64.5° 2mm 35.00″

SIM2 MAX OSアイアン USモデルの標準シャフト

公式サイトで掲載されているシャフトは、USモデル・日本モデル共に2種類ありますが、種類は異なっています。

<日本モデル>

  • KBS MAX MT85 JP
  • TENSEI BLUE TM60 (’21)

<USモデル>

  • KBS Max 85 MT
  • Fujikura Ventus Blue

KBS Max 85 MT

硬さ 重量 トルク 打ち出し スピン
S 93.3g 2.1
R 93.3g 2.1

Fujikura Ventus Blue

硬さ 重量 トルク 打ち出し スピン
S 76g 2.8 中-高 中-多
R 66g 3
A 56g 3.4 中-多

SIM2 MAX OSアイアンのUSモデルと日本モデルの違い

SIM2 MAX OSアイアンは、USモデルと日本モデルでセッティングの内容に違いがあります。

USモデルは、4~9番、PW、AW、SW、LWがありますが、日本モデルは、4番、LWがありません。

スペック面でも、USモデルの方がロフト角が1°寝ています(7番のみ1.5°)。日本モデルの方がフェースが立っていますので、より飛距離が出やすくなっています。

シャフトについては、スチールは同じKBSではあるものの、日本仕様のものとではトルクの値などで違いがあります。

USモデルでは、一般的に同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

SIM2 MAX OSアイアン USモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルの価格については、USモデル専門に取り扱いをしているフェアウェイゴルフさんの価格は70,869円です。日本モデルについては、アマゾンでの出品価格は72,800円です。

USモデルの方が約2,000円安く購入できるようです。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


SIM2レスキュー USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM2 レスキューのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM2 レスキュー USモデル

ややアイアンライクなウッド型ユーティリティ

SIM2シリーズは、SIM2レスキューとSIM2 MAXレスキューで2本のレスキューがあります。

(写真上)SIM2レスキューの方は、ヘッド後方が丸みを帯びたウッド型でありながら、フェースのトゥ側が高くアイアンのようなフェース面となっています。

払い打ちよりも、打ち込んで行くタイプの方は、SIM2レスキューの方が扱いやすいと思いますが、

Vスチールソールにより振り抜けが良い

ソールには、フェアウェイウッドと同様にVスチールソールが採用されています。

地面との接地面積が小さく抑えられ、振り抜けがよくなっています。

ロフト角・ライ角の調整機能を搭載

SIM2レスキュー(写真左)は可変スリーブが搭載されていて、ロフト角・ライ角・フェース角の調整が可能となっています。

SIM2 レスキュー USモデルのスペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ バランス
2 17° 56.5° 40.75″ D3
3 19.5° 57° 40.25″ D3
4 22° 57.5° 39.75″ D3

SIM2 レスキュー USモデルの標準シャフト

<日本モデル>

  • TENSEI SILVER TM70 (’21)
  • N.S.PRO 910GH

<USモデル>

  • Tensei AV Raw Blue

Fujikura Ventus Blue

硬さ 重量 トルク 打ち出し スピン
X 83g 3.1 中-少
S 80g 3.2 中-少
R 78g 3.3 中-少

SIM2 レスキューのUSモデルと日本モデルの違い

SIM2 MAX レスキューは、USモデルと日本モデルで番手やスペックに幾つか差がありましたが、SIM2レスキューの方は殆ど違いがありません。

番手は2~4番の3種類で同じ、基本スペックもライ角を除いて同じです。ライ角は、USモデルの方が0.5°アップライトになっています。

公式サイトで掲載されているシャフトについては、日本モデルは2種類、USモデルは1種類となっています。

SIM2 レスキュー USモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルの価格については、USモデル専門に取り扱いをしているフェアウェイゴルフさんの価格は26,249円です。日本モデルについては、アマゾンでの出品価格は27,280円です。

USモデルの方が1,000円ほど安く購入できるようです。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


ブリヂストン Bシリーズ 2021の全モデルを一挙紹介!B1・B2 ドライバー・フェアウェイウッド

ブリヂストンから発売のBシリーズ(2021)について、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

Bシリーズ 2021

ブリヂストンから2021年にBシリーズがリリースされています。

従来までは、ツアーBというブランド名を冠していましたが、Bシリーズと言う名称となっています。

クラブの種類は、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッドまであります。

213HFアイアンも同時期に発売となっていますが、こちらはツアーBとBシリーズのどちらの名も冠していません。

Bシリーズドライバー

Bシリーズのドライバーは、3種類あります。特徴からは、B1、B2の2種類に分かれますが、B1ドライバーの特徴を更に際立たせたモデルとして、B-Limited B1ドライバーがあります。

  • B-Limited B1ドライバー
  • B1ドライバー
  • B2ドライバー

B-Limited B1ドライバーは、アスリート向けの尖ったモデルとなりまして、主として直営店での取り扱いとなっていて、販路は絞られています。

B-Limited B1ドライバー

特徴

  • カスタム専用
  • プロ・上級者の要望に応えたプロトタイプを商品化
  • B1よりもつかまりを抑えてさらに強く叩ける

スペック

  • ロフト角:9.5°
  • ライ角:57°
  • ヘッド体積:460cc

B1ドライバー

特徴

  • 高次元のコントロールと直進性を両立
  • 風に負けない強弾道でイメージ通り狙って飛ばせる

スペック

  • ロフト角:9.5°、10.5°
  • ライ角:57°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.25インチ
  • シャフト:ツアーAD BS-6

B2ドライバー

特徴

  • 重心アングルを重視した集中加重デザイン
  • しっかりつかまえて、高弾道でやさしく飛ばせる

スペック

  • ロフト角:9.5°、10.5°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.25インチ
  • シャフト:Diamana BS50

Bシリーズフェアウェイウッド

Bシリーズのフェアウェイウッドは、2種類あります。

  • B1フェアウェイウッド
  • B2フェアウェイウッド

B1の方が小ぶりなヘッドとなっていて、B2は深重心で弾道がブレにくくなっています。

B1フェアウェイウッド

特徴

  • 狙ったところに自在に打ち出せる
  • ソールに配置したバックウエイトと前後加重により、タテ慣性モーメントが向上し、縦方向のブレを軽減
  • ソールセンターを硬くするパワーリブを配置し、直進性を追求

スペック

番手 3 5
ロフト角 15 18
ライ角 57 57.5
ヘッド体積 169 147
長さ 43 42.5
シャフト ツアーAD BS-6
硬さ S

B2フェアウェイウッド

特徴

  • 重心アングルとヨコ慣性モーメントを大きくし、オートマチックなつかまりと、ブレないヘッド
  • トゥ側を硬くするパワーリブを配置し、つかまりを追求
  • つかまりと慣性モーメントの最大化をデザイン

スペック

番手 3 5 7
ロフト角 15 18 21
ライ角 59 59.5 60
ヘッド体積 177 163 143
長さ 43 42.5 特注
シャフト Diamana BS50
硬さ S、SR、R

Bシリーズユーティリティ

Bシリーズのユーティリティは、フェアウェイウッドと同様に2種類あります。

  • B1 HYユーティリティ
  • B2 HYユーティリティ

B1 HYはディープヘッドで操作性に優れ、B2 HYは深重心で直進性と寛容性に優れています。

B1 HYユーティリティ

特徴

  • 直進性を追求し、適度なスピンでグリーンを外さない
  • ピンまでのイメージを再現する飛びを追求
  • ソールセンターを硬くするパワーリブを配置し、直進性を追求

スペック

ロフト角 18 21
ライ角 57.5 58
ヘッド体積 117 111
長さ 40.25 39.75
シャフト ツアーAD BS-6h
硬さ S

B2 HYユーティリティ

特徴

  • 重心アングルとヨコ慣性モーメントが大きくし、オートマチックにつかまり、ブレずに飛ばせる
  • トゥ側を硬くするパワーリブを配置し、つかまりを追求
  • ボールが上がりやすく、グリーンまで運べる

スペック

番手 H3 H4 H5 H6
ロフト角 19 22 25 28
ライ角 59.5 60 60.5 61
ヘッド体積 118 113 109 104
長さ 40.25 39.5 38.75
シャフト Diamana BS50h
硬さ S、SR、R

 

SIM MAX フェアウェイウッド USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM MAX フェアウェイウッドのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM MAX フェアウェイウッド USモデル

銘器 Vスチールソールが復活

SIM MAX フェアウェイウッドは、ドライバーに搭載されていたイナーシャジェネレータではなく、銘器と言われているVスチールのソール形状が採用されています。

芝との接触面積が少ない独特な形状により、滑りが良く、振り抜けの良さが特徴となっています。

すっきりとしたペンシルネックを採用

アスリート向けと言われているSIMフェアウェイウッドには可変スリーブが搭載されていて、ロフト角・ライ角の調整が可能となっていますが、SIM MAXフェアウェイウッドには搭載されていません。

ロフト角・ライ角の調整機能はありませんが、ネック形状がすっきりとしていて構えやすく、余分な重量負荷が無い分、ヘッドの重量配分がより最適に行われています。低重心設計で、高い弾道で飛ばすことができます。

SIM MAX フェアウェイウッドのスペック

 

番手 ロフト角 ライ角 ヘッド体積 クラブ長さ バランス
Rocket 3 14° 59° 185cc 43.25″ D3
3 15° 59° 185cc 43.25″ D3
5 18° 59.5° 160cc 42.25″ D3
7 21° 60° 160cc 41.75″ D3
9 24° 60.5° 145cc 41.25″ D3

標準シャフト

USモデルでは、VENTUS BLUE 6 FW、VENTUS BLUE 5 FWの2種類のシャフトが公式サイトで紹介されています。

VENTUS BLUE 6 FW

フレックス シャフト重量 トルク 弾道 スピン
X 63g 3.6
S 62g 3.8

VENTUS BLUE 5 FW

フレックス シャフト重量 トルク 弾道 スピン
R 56g 4 中-高
A 55g 4.2 中-高

SIM MAX フェアウェイウッドUSモデルと日本モデルの違い

日本モデルは番手が3、5、7の3種類ですが、USモデルでは、14°のRocket 3と9番があります。

クラブセッティングでフェアウェイウッドを多用したい方には、幅広いロフトレンジをカバーすることができます。

公式サイトのスペックによると、クラブ長さは同じですが、USモデルの方が2°アップライトになっています。欧米人と日本人では身長や腕の長さが異なりますので、その分を対応した形になっているのかもしれません。

なお、シャフトのフレックスについては、USモデルでは同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。購入する際は、このあたりを考慮して、普段より柔らかめを選択されると良いでしょう。

SIM MAX フェアウェイウッドのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

実際にUSと日本の公式サイトの価格を見てみますと、USモデルは約300ドル、日本モデルは36,000~53,100円と幅が有ります。

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


G425 LSTフェアウェイウッド USモデルの特徴・違い

PINGのG425 LSTフェアウェイウッドのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425 LSTフェアウェイウッド USモデル

3タイプの中で最も小ぶりなヘッド

G425 LSTフェアウェイウッドは、G425シリーズの3タイプのフェアウェイウッドの中で、最もヘッド体積が小さく小ぶりです。

スピンが抑えられ、操作性もありますので、強弾道を求めるハードヒッター、反応性を求める上級者に好まれています。

タービュレーターがなくなり、すっきりとした外観になっている

Gシリーズのフェアウェイウッドにはクラウンに空力を制御するタービュレーターが搭載されていましたが、G425シリーズでは外されていて、すっきりとしたクラウンになっています。

クラウンの前方には3ドットのアライメントマークが描かれ、従来モデルよりもターゲットとボールに対してセットアップしやすくなっています。

可変スリーブを搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

前作と同様に、USモデル・日本モデル共に可変スリーブが搭載されています。

合計8つの調整ポジションへの切替が可能で、ロフト角は±1.5°まで、ライ角は3°フラットに切り替えることができます。

G425 LSTフェアウェイウッドのスペック

番手 3
ロフト角 14.5°
長さ 43″
ライ角 56.5°
ヘッド体積 165cc
バランス D2

日本モデルのスペックと比較すると、ロフト角、ヘッド体積、長さなどは同じですが、ライ角は日本モデルの方が1°アップライトになっています。

以前のSTRETCH3と同様、今回もLSTタイプは3番ウッドのみで、5番や7番はありません。

G425 LSTフェアウェイウッドの標準シャフト

  • ピン Alta CB 65 Slate
  • ピン Tour 65
  • ピン Tour 75
  • 三菱 Tensei AV Orange 75
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 80
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70

ピン Alta CB 65 Slate

フレックス 重量 打ち出し角
Soft Regular 61.0g
Regular 63.0g 中高
Stiff 67.0g
X-Stiff 71.0g

ピン Tour 65

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 53.0g
Stiff 57.0g 低中
X-Stiff 62.0g

ピン Tour 75

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 64.0g
Stiff 70.0g 低中
X-Stiff 76.0g

三菱 Tensei AV Orange 75

フレックス 重量 打ち出し角
X-Stiff 71.0g 低中
Regular 66.0g 中高
Stiff 68.0g

アルディラ Rogue White 130 MSI 70

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 61.0g

アルディラ Rogue White 130 MSI 80

フレックス 重量 打ち出し角
Stiff 71.0g 低中
X-Stiff 75.0g

G425 LSTフェアウェイウッドのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、番手・ロフト角のラインナップはUSモデルと日本モデルで同じですが。ライ角はUSモデルの方が1°フラットとなっています。

シャフトはUSモデルも日本モデルも多数用意されていて、選ぶことができます。なお、シャフトラインナップは異なっています。

ウェイト、可変スリーブが搭載されている点も同じですので、基本的な違いはライ角とシャフトと考えて良いでしょう。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425 LSTフェアウェイウッドのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、一般的にUSモデルの方が安いケースが多いです。

PINGのドライバーについても、ネットでの市場価格を見比べてみますと、日本モデルの方が6千円ほど高くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト