i210アイアンの 試打・評価・徹底解説

⇒ i230アイアンの全容が見えてきた!

PINGから発売されているRS JUSTシリーズのi210アイアンについて取り上げます。

i210アイアン

PINGのi210アイアンは、i200アイアンの後継モデルです。

PINGのアイアンは、アスリート向けのiシリーズとアベレージゴルファー向けのGシリーズに分かれています。

i210アイアンは、iシリーズの中で真中ぐらいのモデルで、女子プロゴルファーに数多く採用されていることでも知られています。

主な使用選手は、渋野日向子、鈴木愛、比嘉真由美など、PINGを代表する女子プロゴルファーたちが挙げられます。

i210アイアンの特徴としては、アスリート向けアイアンとしては、ややソールが厚めで、寛容性も適度にそなわっています。

また、ヘッド内部にはエラストマーCTPが搭載されていて、打感・打音の良さが備わっています。

i210アイアンの試打・評価

ピン『i210』アイアン  トラックマン試打

  • ピンの中上級者向けキャビティバックアイアンとして、非常に人気の高い『i210』アイアン。
  • 渋野日向子選手、鈴木愛選手をはじめとしたツアープロが多数使用する本格派で、ツアー通算12勝(2019年まで)。 それでいて、アマチュアゴルファーにも恩恵を得られるやさしさにも特徴があります。
  • キャビティバックの中に振動を抑制する「エラストマーCTP」を内蔵。 前作よりも約30%大きくなり、面積は約25%増。さらに50%やわらかくなっているといいます。 これによりソフトな打感に加え、低深重心化、フェースのたわみ増を実現しています。
  • 小ぶりでシャープなヘッドで、ピンらしくソールのバンス角は強め。 試打の要望が非常に多かったモデルです。

PING i210 をレビュー 音聞いてくだい

PING i210アイアンの7番、4番、Wを試打されています。

ゴルフ場で芝の上で試打されていますので、実際の打音を確認することができます。

<評価・反応>

  • 打感も良いし割と優しい。すごく良いモデル
  • 自分はいまだにi20使ってます。古いけどi210と基本的なヘッドの性能は変わらない気がしてます。
  • 芝からのレビューとても参考になりました。

 

安定感と操作性◎ PING「i210 × G410 アイアン」

  • PINGの人気アイアン「i210」「G410」をゴルフライターの鶴原弘高氏が試打。
  • それぞれのモデルについて、特徴・おすすめのゴルファーについて解説。

i210アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 バウンス角 長さ
3I 19 60 5 39
4I 22.5 60.5 6 38.5
5I 26 61 7 38
6I 29.5 61.5 8 37.5
7I 33 62 9 37
8I 37 62.8 10.5 36.5
9I 41 63.5 12 36
PW 45 64.1 13 35.5
UW 50 64.1 13 35.5

i210アイアンのシャフト

シャフト名 フレックス 重量 トルク 調子
N.S.PRO 850GH neo S 88 2
N.S.PRO 950GH neo S 98 1.7
N.S.PRO MODUS3 TOUR 105 S 106.5 1.7
N.S.PRO MODUS3 TOUR 115 S 118.5 1.6
DG EX TOUR ISSUE S200 131

i230アイアンの全容が見えてきた!

 

PRGR RS+ドライバー 2020(5代目)の試打・評価まとめ

プロギアのRSシリーズの2020年モデルから発売のRS+ドライバー 2020について、試打・評価をまとめました。

PRGR RSシリーズの2020年モデル、RS5は3種類のドライバーがある


PRGRのRSシリーズの2020年モデルは、5代目となります。ドライバーは3種類ありまして、左からRSドライバー、RS Fドライバー、RS+ドライバーです。

  • RS Fドライバー:思いきり叩け、強弾道で飛ばせる。
  • RSドライバー:つかまりが良く、高弾道で飛ばせる。
  • RS+ドライバー:RSドライバーの飛びに、振りやすさとやさしさを追加。

本記事で取り上げるのは、RSドライバーをやさしくしたRS+ドライバー2020(5代目)です。

RS+ドライバー2020(5代目)

RS+ドライバーは、RSドライバーをやさしくしたモデルです。ロフト角は9.5°がない代わりに11.5°があり、クラブ長さは0.25インチ長尺、クラブ重量は約10g軽量化されています。

RSシリーズはアスリート向けブランドではありますが、RS+ドライバーはアベレージ向けと同じぐらいの重量感になっています。

軽くてやや長めにすることで飛距離アップを図っていますので、ハードスペックよりも楽に振れる点を重視する方、そして、球の上がりやすさを求める方におすすめのドライバーです。

RS+ドライバー(RS5)を計測試打

  • 真っ直ぐ構えやすく、ヘッド後方が丸いので、つかまえて上げてくれそうに感じる。
  • 少しドローバイアス。自然とつかまってくれるので、ドローとまでは言わないが、スライスを抑えてくれる。
  • 前作よりも、フェースに乗ってる感じがする。打感は柔らかさがある。RS Eドライバ―よりも良い。
  • フッカー向きではなく、ちょっと球がつかまらない、安定させたいという方に向いている。

RS+ドライバーをマーク金井氏が試打

  • シャフトが柔らかく、ヘッドスピード40m/s以下でも打ちやすい。
  • 何もしないでもボールがつかまる。
  • 弾道の直進性が高い。
  • フェースの反発は前作も良かったが、今作は更に良い。
  • ヘッドスピードが37~41m/sぐらいの人によい。

RS5ドライバー3種を打ち比べ

  • やさしいクラブで、スピン量は少し多い。
  • シャフトも振動数の割に暴れない。弾道が曲がらない。
  • 球が浮きやすく、自然とつかまえてくれる。

RSドライバー(RS JUST・6代目)の 試打・評価・徹底解説

PRGRから発売されているRS JUSTシリーズのRSドライバーについて取り上げます。

RSドライバー(RS JUST・6代目)

プロギアの「RS」は「Real Sports」の略で、アスリート向けのシリーズです。

2022年に発売のRSシリーズは、「RS JUST」と言う名前が付けられていまして、シリーズ6作目となります。

RS JUSTのドライバーは3タイプあり、アスリートブランドの中で、やや軽め出ドロー仕様のやさしいモデルもラインナップされています。

<RS Fドライバー>
フェードバイアスで、操作性と低スピンが特徴。

<RSドライバー>
3機種で真中に位置するスタンダードなモデル。

<RS Dドライバー>
やや軽量で、ドローバイアス。

本記事では、スタンダードなRSドライバーを取り上げています。

RSドライバー(RS JUST・6代目)の試打・評価

プロギア『RS』(2022)ドライバー トラックマン試

  • 2022年モデル『RS JUST』シリーズは、『ナブラRS』から6代目のモデル。 フェースの「最大たわみ点」、「重心点(SS)、「最高CT点」、「フェースセンター」の4点を一致させる4点集中設計を前作から踏襲。 より精緻に4点を一致させることで、センター打点のたわみ率が約23%向上したといいます(PRGR調べ)。
  • フェースは高精度CNCミーリングで成型する「nabla neo face MAX」。たわみエリアを増長させる「Wクラウン」&「Wソール」で、”ギリギリ”の高初速エリアをさらに拡大しています。さらにホーゼルとフェースの接合面積を削減フェースのたわみエリアをさらに拡大しています。
  • 前作と比較して、重量をより下部に配分し、低重心化による低スピン性能を高めているのも特徴です。 3モデルのラインナップのうち、『RS』は程よいつかまりと高弾道低スピンで飛ばせるモデル。重心角は28度で、前作と比べてかなりつかまりを抑えた仕様となっています。
  • 純正シャフトの「Diamana for PRGR BLACK」は、手元から先端までクセのないスムーズな剛性を持つシャフトです。

プロギア『RS JUST』シリーズを徹底試打検証!マーク金井の試打職人

  • 2022年7月22日発売、プロギア『RS JUST』はどんなクラブ? どんなゴルファーに向いている?前モデルとの違いは?
  • マーク金井氏が徹底試打をして解説

最新ドライバー・プロギアRS JUSTシリーズ・何がジャストか探っていたら、とんでもない飛距離が出ちゃった!【最新ゴルフクラブ試打】

《今回試打したプロギア【RS JUST】シリーズ》

【RSドライバー】 ロフト角:10.5度 シャフト:ディアマナ FOR PRGR “BLACK” フレックス:SR(M‐40)

【RS Dドライバー】 ロフト角:10.5度 シャフト:ディアマナ FOR PRGR “SIVER” フレックス:SR(M‐40)

【RS Fドライバー】 ロフト角:10.5度 シャフト:ツアーAD FOR PRGR フレックス:SR(M‐40)

  • “ギリギリ”の設定で名高いプロギアRSドライバーから、最新モデルが発売された。
  • “ギリギリ”なのに“ジャスト”ってどういうこと?と、試打しながら検証を開始した2名のフィッターであったが、打ち進んでいくうちに飛距離がどんどん伸びていき、最終的には驚きの飛距離がたたき出されることに!
  • よく見れば、半端ないボール初速とミート率が出ている。

RSドライバー(RS JUST・6代目)のスペック

ロフト角 9.5° 10.5°
ライ角 57°
フェース角 -3°
体積 460cc
長さ 45.5インチ

RSドライバー(RS JUST・6代目)のシャフト

フレックス シャフト重量 クラブ重量 トルク バランス
S (M-43) 57g 310g 4.8° D-2
SR (M-40) 52g 305g D-1.5
R (M-37) 47g 300g 5.7° D-1

ステルスPLUSドライバーの評価・試打動画

テーラーメイドから発売されているステルスPLUSドライバーについて取り上げます。

ステルスPLUSドライバー

テーラーメイドが遂に発売したカーボンフェースのドライバー。以前にも挑戦したことがありましたが、今回は不退転の決意でカーボン化に挑んでいます。

ドライバーヘッドの中で最も重量が嵩むのがフェース。そのフェースを従来のチタン素材からカーボン素材に置き換えることで、大幅な軽量化に成功しています。

余剰重量が大幅に生み出されたことが功を奏してか、SIM2で廃止されたスライダー式のウェイト調整機能が、ステルスPLUSドライバーで復活していて、前側に搭載されていることで浅重心による低スピン化にも貢献しています。

ステルスシリーズは、かなりツアープロ寄りに設計されていると言われていて、2022年のドライバー市場の中で、1、2を争う低スピン・低弾道のハードスペックモデルと言われています。

ステルスPLUSドライバーの試打・評価

テーラーメイド ステルスPLUS ドライバー トラックマン試打

  • 60層のカーボン素材を精巧に組み合わせて、フェース全面にナノレベルのポリマーコーティング(PU)を施したフェース素材が採用されています。
  • フェース重量はチタンの43gから24gと44%の軽量化を達成 この大きな余剰重量をより周辺に配分できることが、大きなメリットです。
  • フェース面積は20%拡大し、スイートエリアが広がっています。面積が大きくなっても「イナーシャジェネレーター」と流線型クラウンによって、空気抵抗は『SIM2』よりもさらに軽減されています。
  • 音響性能にもこだわり、カーボンを採用することで懸念される、打感や打音の影響を感じさせません。
  • STEALTH PLUS+は、3機種の中でもっとも上級者向けモデル。『SIM』で採用されていたスライディングウェイトが復活(10g)。低重心設計で低スピン性能が高い強弾道が持ち味の特性です。
  • 標準シャフトは『RED』よりもやや硬めの『TENSEI SILVER TM50(’22)』。 『PLUS+』はセレクトフィットストア限定製品です。

ステルス+とステルスの打ち比べました!どちらの方が良いのか?

ロフト9°、赤VENTUSの6Xで試打されている動画です。

ステルスとステルスPLUSについて、違いなどを語られています。

動画の中で触れられているマーク金井氏の動画については、以下に掲載しています。

テーラーメイドステルスを大解剖! マーク金井オルタナゴルフ・新作ドライバー編【1】

  • マーク金井オルタナゴルフ・新作ドライバー編【1】は、テーラーメイドの最新ドライバーステルスをマーク金井が大解剖!
  • 誰も言わなかったステルスの本当の姿をオルタナティブに浮き彫りにします。
  • SIM2と比べてどう変わったのか?わかりやすく説明しています。

話題の最新ドライバー『STEALTH PLUS』で最新シャフト徹底試打検証!!シャフト別にどういう人に合うかも徹底解説!!

  • 今回は話題のステルスプラスに最新シャフトを装着して、最新シャフトがどういう人に合うのかを徹底検証!!
  • 今回の試打クラブがステルスプラスということもあり、ややハードスペックも試打しているので、是非クラブ選びの参考にしてみて下さい。

ステルスPLUSドライバーのスペック

ロフト角 10.5°
ライ角 56°
体積 460cc
長さ 45.75インチ

ステルスPLUSドライバーのシャフト

シャフト 硬さ シャフト
重量
クラブ
重量
トルク バランス 調子
TENSEI SILVER
TM50 (’22)
S 約60 約312 3.9 D3.5
SR 約57 約310 4.3 D3
R 約55 約308 4.7 D3
Tour AD UB-6 S 65 約316 3.2 D3.5
SPEEDER NX 60 S 63.5 約315 3.7 D3
Diamana PD 60 S 64.5 約315 3.3 D3.5 中元

G430 MAX・G430 LSTドライバー、G430ハイブリッドの実物映像を確認!

G430シリーズのゴルフクラブの実物映像が、SNSで確認されています。

公式と言える情報は、適合リストのソール側からのモノクロ映像のみのため、今回の実物映像は、デザイン・カラーリングなど、より細かいポイントが明らかになっています。

G430のドライバーの実物映像

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gappy Hilmore(@allgolfequipment)がシェアした投稿

PINGのG430シリーズの実物映像が、SNSで確認されています。

それ以前にも映像が出ていたものの、塗り潰し部分が多かったことから、本物かどうかも確認が難しいものでしたが、今回は、複数のゴルフ系メディアのインスタグラムで、はっきりと捉えた映像が出ています。

適合リストに掲載されている内容とも一致するようですので、実物とみて間違いないでしょう。

映像で捉えられたのは2機種

今回のSNS投稿で確認されたのは、以下の2機種です。

  • G430 LSTドライバー
  • G430 MAXドライバー

適合リストでは、G430 SFTドライバーの存在も確認されています。

G430シリーズのドライバーのラインナップは、G425シリーズと全く同じで、MAX、LST、SFTの3機種となるようです。

大きな変更が無いことから、425から5つだけカウントアップの430という名前なのかもしれません。

G430のハイブリッドの実物映像

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gappy Hilmore(@allgolfequipment)がシェアした投稿


こちらは、G430のハイブリッドです。

4番22°が映し出されていて、前作となるG425の同スペックのものと並べた映像も投稿されています。

適合リストで確認されているモデル

適合リストでは、ドライバーからアイアンまで掲載されています。

  • G430 MAXドライバー
  • G430 LSTドライバー
  • G430 SFTドライバー
  • G430 MAXフェアウェイウッド
  • G430 LSTフェアウェイウッド
  • G430 SFTフェアウェイウッド
  • G430ハイブリッド
  • G430アイアン

G425シリーズと比べると、アイアン型ユーティリティのG430クロスオーバーが確認されていません。

クロスオーバーはPING契約プロも使用していますし、アイアン型ユーティリティが無いということは考えにくいので、発売時期は遅れる可能性はあるものの、しっかり発売されるものと思います。