PHYZ 5 ドライバー 試打・評価・徹底解説

ブリヂストンのPHYZ 5ドライバーについて取り上げます。

PHYZ 5ドライバー

PHYZ 5ドライバーは、前作の2016年から3年を経て、5代目のモデルとなります。「無駄のない最適弾道でさらなる飛距離を。」というキャッチコピーで発売されています。

クラブ重量はPHYZ史上で最軽量の仕上がり!

PHYZ 5ドライバーのシャフトはRスペックで2種類の重量が用意されています。Rを選択するとクラブ重量は270gです。これだけでもゼクシオ10ドライバーと同じ重量でかなり軽いクラブに属しますが、R-Lightを選択するとクラブ重量は266gになります。

ターゲットゴルファーはヘッドスピード38m/s以下!

PHYZ 5 ドライバーはヘッドスピードが38m/s以下のゴルファーをターゲットとして開発されています。もともとヘッドスピードが速くない人向けのモデルとして誕生していまして、当初はヘッドスピードの目安として40m/sという数字を挙げられていたと思いますが、初代リリースから8年が経過し、ゴルファー層の高齢化も進んだことから、38m/sという数字になったのだと思われます。

重心角が大きく、スライサーには絶大な効果!

PHYZ 5ドライバーのもう一つの特徴が、大きな重心角です。32度と明確なスライサー向けの重心設計となっていまして、ヘッドターンがしやすくなっています。インパクトの際に、フェースが閉じやすくなりますので、スライスが軽減されます。

フェースアングルはややクローズに見え、つかまりが良さそう

クラウン画像を見ると、フェースがややクローズに見えます。ヘッドシェイプもすっきりとしていて、つかまりの良さを感じながらふれそうです。

PHYZ 5ドライバーの試打・評価

アマチュアゴルファーによる試打

アマチュアの方が振っている様子からも、力まず楽に振れそうなクラブということが伝わってきます。

PHYZ 5ドライバーのスペック

ロフト角 10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト PHYZオリジナル PZ-409W
長さ 45.75インチ
フレックス R/R-Light
シャフト重量 49/45g
クラブ重量 270/266g
トルク 7.1/7.3
キックポイント

ロフトは10.5°の1種類でシャフトが同じRスペックながら2種類の重量違いのものが用意されています。軽い方を選択すると、クラブ重量が266gとなるところ、そして、大きな重心角でつかまりが良いところが、PHYZ 5ドライバーの特徴です。

PHYZ 5ドライバーの販売価格と発売日

PHYZ 5ドライバーの発売開始日は2019年3月8日です。販売価格は、72,000円+税です。

M1ドライバー 2017 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのM1ドライバー 2017年モデルについて取り上げます。

テーラーメイド M1ドライバーは2世代ある

M1ドライバーは、最初のモデルが2016年に発売され、翌年の2017年にも新たなM1ドライバーが発売されています。そのため、M1ドライバーは、年代違いで2種類存在します。写真左が2017年モデルで、右が初代の2016年モデルです。本記事で取り上げるのは、新しい方のM1ドライバー 2017と呼ばれる方です。

M1ドライバーは2017年モデルも2種類のヘッドサイズがある

2017年モデルのM1ドライバーは、2016年モデルと同様にヘッドサイズが2種類用意されています。写真左がルール限界サイズの460ccのM1 460ドライバー 2017で、右がやや小ぶりで440ccのM1 440ドライバー 2017です。

ちなみに、初代の2016年モデルのヘッドサイズは、430ccと460ccですので、2017年モデルとなって、ヘッド体積の差は小さくなりました。

M1のMの意味はMulti Material(マルチマテリアル)

M1ドライバー、M2ドライバーの「M」は、Multi Material(マルチマテリアル)の頭文字を取っています。マルチマテリアルとはマテリアルがマルチということで、単一の素材ではなく、複合素材でヘッドを構成しています。具体的に言いますと、チタンとカーボンが用いられていて、カーボンは軽量化に用いられる素材ですので、ゴルフヘッドでも余剰重量を生み出すために用いられています。

ウェイト調整機能は重量・調整幅が進化!

新たなTトラック・システムは、ウェイトが稼働する範囲が広がり、さらに後方のバック・トラック・ウェイトは10gから12g(M1 460)、15g(M1 440)に重量アップしているため、重心の調整レンジが広がっています。

ロフト調整機能を搭載し、12通りのセッティングが可能!

ホーゼル部には、カチャカチャと言われるロフト調整スリーブが搭載されています。±2°のレンジで12通りのポジション・セッティングを選択することができます。

インバーテッド・コーン・テクノロジー

出典:https://www.taylormadegolf.jp/M_driver_sp.html

フェースの裏面は、インバーテッド・コーン・テクノロジーと呼ばれる逆円錐形フェースが搭載されています。オフセンターヒット時の反発力低下を最小限に抑え、打点ミスを許容してくれます。

M1ドライバーのクラウン

フェースがブラックなのに対して、クラウン前方はホワイトになっていて、打点面を認識しやすく構えやすくなっています。

M1ドライバー 2017の試打・評価

M1ドライバーをコースで試打した動画

ヘッドがシャローとなったため、ボールが上がりやすくなっています。

M1とM2を打ち比べした動画

M1ドライバーとM2ドライバーを練習場で打ち比べした動画です。

M2ドライバー USモデルの試打

永井延宏プロがM1とM2について解説しています。

M1ドライバーとM2ドライバーの特徴を解説

M1ドライバーとM2ドライバーについて、前作との比較や両者の特徴について、比較しながら解説されています。

M1ドライバー 2017のスペック

M1ドライバー 460 2017年モデル

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト TM1-117
長さ 45.5インチ
フレックス S/SR/R
シャフト重量 57/55/-g
クラブ重量 312/310/-g
バランス D2
トルク 4.1/4.6/-
キックポイント

M1ドライバー 440 2017年モデル

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 440cc
標準シャフト TM1-117
長さ 45.5インチ
フレックス S/SR/R
シャフト重量 57/-/-g
クラブ重量 312/-/-g
バランス D2
トルク 4.1/4.6/-
キックポイント

ロフトは9.5°と10.5°の2種類が用意されています。クラブ重量は標準シャフトを装着したモデルで前作の2016年モデルと同じになっています。

M1ドライバー 2017年モデルの販売価格と発売日

M1ドライバーの発売開始日は2017年3月9日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは5種類あります。

M1 460ドライバー

  • TM1-117:72,000円+税
  • Tour AD TP-6(S):89,000円+税
  • Speeder 661 EVOLUTION III(S):89,000円+税
  • Diamana BF 60(S):89,000円+税
  • ATTAS Punch 6(S):89,000円+税

M1 440ドライバー

  • TM1-117:72,000円+税
  • Tour AD TP-6(S):89,000円+税
  • Speeder 661 EVOLUTION III(S):89,000円+税
  • Diamana BF 60(S):89,000円+税
  • ATTAS Punch 6(S):89,000円+税

タイトリスト TS4ドライバーの最新情報!動画もあり!

タイトリストから新発売のTS4ドライバーの最新情報を紹介します。

USタイトリストのサイトに、TS4ドライバーが掲載

アメリカのタイトリストの公式サイトに、TS2、TS3と並んで、TS4ドライバーが掲載されました。タイトリストが全く新しいコンセプトのもとに立ち上がったTSブランドの3番目のドライバーとなります。

★追記(2019/06/06)
タイトリスト TS1ドライバーの最新情報!試打動画もあり!

TS4ドライバーは低スピンモデル!

出典:https://www.titleist.com/golf-clubs/golf-drivers

各モデルの説明はこのように書かれています。

TS2 provides maximum forgiveness across the face, TS3 offers speed-tuned performance, and the new TS4 aggressively reduces spin.

TS2は許容性が高く、TS3はスピード調節でき(SURE FIT CGによるウェイト調整のこと?)、TS4はスピンが抑えられる、と書かれています。

さらにTS4ドライバーのより詳しい説明として以下の記載がありました。

Featuring low, forward CG for significant spin reduction to produce a longer, more piercing ball flight.
Mid Launch, Lowest Spin,Traditional Shape…

重心は浅く・低く設定されており、中弾道・低スピンで突き刺すような弾道で飛ばせる。

TS4ドライバーのヘッドサイズは430ccでかなり小ぶり!

今回のTS4ドライバーは、タイトリストに詳しいゴルファーの方は「4」という数字である程度、どんなモデルか想像できた方もいたと思います。タイトリストは、従来の917D2、TS3など、最後の添え字がドライバーのタイプを表しています。

「4」は浅重心で小ぶりなヘッドのモデルです。いわゆる操作性の高いツアープロ向けのモデルということになります。

TSは、従来の915、917といったモデルとは全く別のブランドで、ツアープロに軸足を置いていると言われていたタイトリストが一般ゴルファーに歩み寄ったブランドとして注目を浴びています。しかし、TS4はヘッドサイズが430ccと最近にしては極めて小振りなヘッドとなっていますので、ツアープロからの要望で開発されたのではないかと思います。

POINT

  • ヘッドサイズは430ccで小振り、操作性が高い
  • 低スピンで中弾道の突き刺そうな飛び

SNSやYoutubeでもTS4ドライバーの情報は出回っている


タイトリストの公式サイトからはまだ出ていません。最新情報は公式の方が一歩遅れるのは常ですね。

 

View this post on Instagram

 

GolfWRXさん(@golfwrx)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

@steven_schallockがシェアした投稿

TS4ドライバーのスペック

ロフト角 8.5/ 9.5/10.5°
ライ角 58.5°
長さ 45.5インチ
ヘッド体積 430cc
弾道 中弾道
スピン 低スピン
SureFit CG 無し

TS4ドライバーの発売日は?

気になるTS4ドライバーの発売日ですが、まだ日本の公式サイトでは掲載がありませんので公式情報はありません。

ただ、USサイトでは、6月後半にゴルフショップに並ぶと書かれていますので、日本でのTS4ドライバーの発売日も同じぐらいの時期、2019年6月末頃になるのではないかと思われます。

 

Mグローレ ドライバー 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのMグローレ GLOIRE ドライバーについて取り上げます。

テーラーメイド Mグローレ ドライバー

Mグローレドライバーは、M3、M4などが属する「M」と、日本オリジナルブランドの「グローレ」が融合したモデルです。

Mグローレは果たした「M」シリーズなのか「グローレ」シリーズなのか、それとも全く新しいブランドになるのか、この点についてはニュースリリースで下記のように表現されています。

「世界を席巻する「ツイストフェース」を「GLOIRE」に搭載!!」
https://www.taylormadegolf.jp/newsRelease_2018.html/newsRelease_2018.html

ベースは「グローレ」で、そこにMのテクノロジーである「ツイストフェース」を載せたという形で、グローレに属するように読み取れます。

フォージドのツイストフェースを搭載!

Mグローレに搭載されているツイストフェースは、フォージドのフェースです。チタン(6- 4 ti)素材の鍛造のため、打感と打音にも優れています。

出典:http://www.taylormadegolf.jp/m-gloire.html

ツイストフェースの詳しい説明については、「M4ドライバーの試打・評価・徹底解説」での説明ご覧頂くとして、ハイトゥ・ローヒルに集中する打点のブレに対して、フェースを捩じれにより弾道をセンターに寄せてくれる働きをしてくれます。

ハンマーヘッドも搭載!

M3、M4のツイストフェースと並ぶもう一つのテクノロジー、「ハンマーヘッド」についても、Mグローレに搭載されています。

ハンマーヘッドとは、ソール前方のスピードポケットが2本のリブで剛性を高めたものです。これにより、フェースを薄くすることが可能となり、反発力が上がると同時に、バックスピンを減らしてくれます。

Mグローレのクラウン

クラウンは、シルバーとゴールドをイメージしたようなカラーリングとなっていて、デザイン性の高さと高級感が感じられます。

Mグローレの特徴の一つが、軽量化!

M3 M4 Mグローレ
307g 297g 278g

※標準シャフトのSRスペックでの値

標準シャフトのSRスペックが装着されたモデルで、クラブ重量を比較してみると、M4はM3より約10g軽く、MグローレはM4より更に約20g軽くなっています。

グローレ Fドライバーの重量が同じく標準シャフトのSRスペックで287gですので、Mグローレは10g軽くなっています。シャフトの長さもM4ドライバー、グローレFよりも若干長くなっています。軽量化、長尺化とくれば、ターゲットゴルファーが浮かび上がってきます。クラブ重量感としても、ターゲット層はゼクシオにかなり近いのではないかと思います。

ロフト角・ライ角の調整機能は搭載していない!

まず、ソールを見てお気づきの方もいると思いますが、M3で搭載されているウェイト調整機能は、Mグローレでは搭載されていません。

そして、M3、M4の両方に搭載されているホーゼル部のロフト角・ライ角調整機能もMグローレでは搭載されていません。これはキャロウェイがアジア向けにGBB PICやROGUEでスターモデルを出しているのと恐らく同じ理由で、軽量化を進めるために外したものと思われます。

Mグローレ ドライバーの試打・評価

Mグローレ ドライバーをマーク金井氏が試打

重心角が大きく、つかまりが良い。ヘッドが軽いのでヘッドスピードが速くない人に向いています。

中井学プロによるクラブ解説

クラブ設計について、時間を割いて解説してくれています。

新旧モデルの打ち比べ解説動画

Mグローレドライバーと前作となるグローレF2ドライバーの打ち比べ動画です。

Mグローレドライバーのスペック

ロフト角 9.5/10.5/11.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 460cc
Speeder EVOLUTION TM FUBUKI TM5
長さ 46インチ
フレックス S/SR/R
シャフト重量 50/47/42g
クラブ重量 281/278/273g
バランス D4
トルク 4.9/5.0/5.2
キックポイント 先中

ロフト角は9.5°、10.5°、11.5°の3種類が用意されていますので、球が上がりづらい方は高ロフトを選択することができます。スペック面での特徴はクラブ重量と長さです。Rスペックで273gですので、前の章でも触れましたようにグローレF2よりも約10g軽くなっています。そして、クラブ長さは46インチとなっていますので、ヘッドスピードが速くないゴルファーが、軽いヘッドと長めのシャフトで飛距離を出しやすくなっているドライバーです。

Mグローレドライバーの販売価格と発売日

Mグローレドライバーの発売開始日は2018年10月26日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトはSpeeder EVOLUTION TMの1シャフトのみで、本体価格は82,000円となっています。

 

M2ドライバー 2017 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのM2ドライバー 2017年モデルについて取り上げます。

テーラーメイド M2ドライバーは2世代ある

M2ドライバーは、最初のモデルが2016年に発売され、翌年、2017年バージョンが発売されました。そのため、M2ドライバーは年代違いで2種類存在します。写真左が2017年モデルで、右が初代の2016年モデルです。本記事では新しい方の2017年モデルのM2ドライバーを取り上げます。

M2のMの意味はMulti Material(マルチマテリアル)

M1ドライバー、M2ドライバーのMは、Multi Material(マルチマテリアル)の頭文字を取っています。マルチマテリアル、つまり複合素材をヘッドに用いているということで、チタンとカーボンが用いられています。

カーボンは航空素材と同じように軽量化に寄与しますので、カーボン比率を高めていくことで余剰重量が生まれ、重心設計の自由度が増し、低スピン、高弾道、高慣性モーメントといった特徴を持たせやすくなります。

スピードポケットは反発性能がアップしている

フェースのすぐ後ろにある溝、スピードポケットは、前作より面積的にはスモール化されたように見えますが、機能性が高まっており、反発性能が向上しています。

ソールにサウンドリブを搭載し、打音も良い

M1ドライバーにない要素として、M2ドライバーにはジオコースティックデザインが採用されています。ソールに搭載されたサウンドリブにより、心地良い打音がもたらされます。

ロフト角の調整機能が搭載されている

M2ドライバーは、M1ドライバーに搭載されている重心調整機能がありませんが、ホーゼル部にはロフト角の調整機能が搭載されています。専用のトルクレンチを使って、調整することができます。

クラウンの前方部分はホワイトで、黒いフェース面が分かりやすい!

クラウンの前1/4ぐらいはホワイトになっています。フェースが黒ですので、フェースとクラウンが識別しやすく、アドレスしやすくなっています。

M2ドライバーの試打・評価

M2ドライバーを練習場で試打した動画

室内の試打も悪くありませんが、コースや練習場の試打は打球が目で追えるので参考になります。

M2ドライバーの解説

永井延宏プロによるM1、M2ドライバー2017年モデルの解説です。

M2ドライバー USモデルの試打

コスパが良いということで、USモデルを好んで買われる方も増えています。

M2ドライバーのスペック

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト TM1-217
長さ 45.75インチ
フレックス S/SR/R
シャフト重量 53/51/48g
クラブ重量 298/296/293g
バランス D2
トルク 4.6/5.0/5.2
キックポイント 先中

ロフトは9.5°と10.5°の2種類が用意されています。クラブ重量は標準シャフトを装着したモデルでは約295gとなっています。前作のM2 2016年モデルと比べると2~4g重くなっています。

今作のM2ドライバー2017では、ジオコースティックデザインが搭載されていますので、ドライバーの打音を意識するゴルファーには心地良く触れるモデルとなっています。

M2ドライバーの販売価格と発売日

M2ドライバーの発売開始日は2017年3月9日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは2種類あります。

  • TM1-217(S、SR、R): ¥63,000+税
  • FUBUKI V 60(S):¥80,000+税