スリクソン Z-フォージドアイアンの試打動画まとめ

スリクソンのZ-フォージドアイアンについて、試打・動画をまとめました。

スリクソン Z-フォージドアイアンは、待望の3年振りのマッスルバック

スリクソンは2012年からZシリーズを発売しています。当初はドライバーもアイアンも5、7、9という3タイプの難易度のモデルがありましたが、ドライバー、アイアン共に9の難しいシリーズを廃止しています。

2018年のZ85シリーズでは、Z585アイアンとZ785アイアンの2種類に留まったため、マッスルバックのニューモデルが発売されないという状況になりました。

この時点で、最新のマッスルバックを手に入れようとすると、2016年のZ965アイアンということになります。

しかし、Z85の翌年の2019年に、Z985の穴を埋めるべくかどうかは分かりませんが、Z-フォージドアイアンというマッスルバックのアイアンが発売されました。

スリクソンのアイアンユーザーにとっては、3年振りのマッスルバックとなりますので、待望のモデルとも言えます。

Z-フォージドアイアンの試打動画

Z-フォージドアイアンをプロが試打

  • ヘッドサイズが大きくて、難しくない。
  • 打ち出しが高い。
  • 激しく操作できる感じではなく、寛容性がある。

松山英樹のZ-フォージドアイアンを試打・解説

  • 松山英樹プロの要望で、ヘッドサイズが大きいマッスルバックを作ったらしい。
  • 打感は柔らかく、打音も良い。
  • マッスルバックとは思わないくらい安心感がある。
  • スピンも入り、飛距離が落ちない。

Z-フォージドアイアンの評価・口こみ

往年のマッスルバックに比べ、フェース長がやや長く、トップブレードも厚めになっているため過度なプレッシャーは感じさせません

パッと構えてみると、正直バックフェースを見ないとマッスルバックとは思えない穏やかな顔つきをしています

フックもスライスも狙いどおりちゃんと曲がってくれます。曲がり幅は一般的なマッスルバックと比べるとやや落ちますが、必要十分。言い換えればミスヒット時の曲がりが少なくて済むとも、直進性が高いとも言えます

引用:kakakumag.com

打ってみると思ったよりも球が上がりやすく、キャビティに近いやさしさがあります。

ドローやフェード、弾道の高低といった打ち分けはしやすいですが、従来のマッスルに比べると操作性は抑えめ。

引用:golfdigest-play.jp

松山英樹マスターズ優勝ボール「SRIXON Z-STAR」は2種類ある!違い・特徴を解説!

松山英樹がマスターズで優勝し、日本人初のメジャー制覇を成し遂げました。

そこで現在注目が集まっているのが松山英樹が使用していたゴルフ用品です。

中でも人気となっているのがゴルフボールです。

松山英樹がマスターズで使用していたゴルフボールは SRIXON Z-STAR XV

こちらはマスターズでの最終日の18番、優勝パットを決めるシーンです。

陽が落ちていて、影も長く、長かった道のりを連想させます。

マスターズの際に使用していたのは、ダンロップのスリクソン Z-STARシリーズの2021年モデルのボール「Z-STAR XV」です。

SRIXON Z-STARシリーズは2種類のボールがある

SRIXON Z-STARはシリーズ名で、ボールは2種類あります。

左上の赤い方が「SRIXON Z-STAR XV」、右下の黄色い方が「SRIXON Z-STAR」です。

他のメーカーでも同じシリーズでボールが2種類発売されるのは多々あることで、一方は内側が柔らかいディスタンス系、もう一方は表面が柔らかいスピン系です。

ディスタンス系とは、文字通り飛距離を出したい人向けで、簡単に言えば「よく飛ぶ」ボールです。

そして、スピン系とは、こちらも文字通りスピンを掛けたい人向けで、アイアンやウェッジでスピンがしっかりかかって、転がさずに止めやすいボールです。

スリクソンのZ-STARシリーズでは、Z-STAR XVの方がディスタンス系で、松山英樹が使用していたものです。そして、Z-STARの方がスピン系です。

SRIXON Z-STAR XVボールの特徴

こちらはディスタンス系のZ-STAR XVです。松山英樹が使用していたものです。

2021年モデルのため、新しいボールでして、この前のバージョンでもXVの方を使用していたようです。

出典:https://sports.dunlop.co.jp/golf/products/ball/snzsxv7.html

コチラのボールの特徴は、内部のコアにあります。この後で紹介するZ-STARでは内部コアが1層構造ですが、Z-STAR XVの方は2層構造になっていて、全体として1ピース多くなっています。

内部のコアがインパクトエネルギーを効率的に飛距離に変えることで、大きな飛距離を生み出してくれます。

テレビ放送で、アライメントのようなものが見えた方もいると思います。

右の写真の通り、「← Z-STAR XV →」と細いラインの様に記されていますので、これがセットのしやすさ、転がりの確認に役立ちます。

構造 ウレタンカバー4ピース
カバー 高耐久0.5mm極薄スーパーソフトウレタンカバー
ミッド 高反発アイオノマーミッド
コア 高反発ファストレイヤー大径2層コア
ディンプル 強弾道338スピードディンプル
コーディング 次世代Spin Skin コーティング with SeRM
ボールNo. 1、2、3、4、5、6、7、8

SRIXON Z-STARボールの特徴

あこちらはスピン系のZ-STARです。飛距離性能もありますが、よりスピンが掛かりやすい構造が採用されています。

公式サイトでの性能を表したグラフでは、8番アイアン・ヘッドスピード38m/sで、従来モデルより約200rpm、回転数が増すとのことです。

出典:https://sports.dunlop.co.jp/golf/products/ball/snzs7.html

こちらのボールの特徴は、外側のカバー層にあります。先ほどのXVが内部コアに特徴がありましたので対照的です。

外側のスーパーソフトウレタンカバーが0.1mm厚くなっていて、フェースとボールの滑りが抑えられます。滑りが抑えられることで、よりスピンが掛かりやすくなります。

こちらのボールにもアライメントとして役立つ「← Z-STAR→」という文字が記されています。ボールをセットする際、そして、転がりを確認する際に役立ちます。

構造 ウレタンカバー3ピース
カバー 高耐久0.6mm極薄スーパーソフトウレタンカバー
ミッド 高反発アイオノマー極薄ミッド
コア スーパーソフトファストレイヤー大径コア
ディンプル 強弾道338スピードディンプル
コーディング 次世代Spin Skin コーティング with SeRM
ボールNo. 1、2、3、4、5、6、7、8

「松山英樹」関連のおすすめ記事

https://golf-club-news.com/3831/%e6%9d%be%e5%b1%b1%e8%8b%b1%e6%a8%b9%e3%81%ae%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ae%e6%89%b1%e3%81%84%e3%81%8c%e8%a9%b1%e9%a1%8c%e3%81%ab/

松山英樹、ZXシリーズのドライバーとアイアンを使用

松山英樹はZXドライバーのヘッドとシャフトを模索中か?

ZX5ドライバーの試打動画まとめ

 

スリクソン ZX4アイアンの特徴

スリクソンのZX4アイアンについて、特徴・スペックを詳しく取り上げます。

スリクソン ZX4アイアン

5よりもやさしい4が登場!

スリクソンのZX4アイアンは、モデル名に「4」という数字がついています。この数字は、大凡、難易度を表していて、数字が小さいほどやさしく、大きいほど難しいモデルとなります。

これまでは、5、7、9のモデルがありましたが、「4」のモデルは初めてではないかと思います。少なくとも、Zシリーズ、ZXシリーズでは「4」というモデルは存在しません。

既に発売されているZX5アイアンはアスリート・セミアスリート向けの直進性と寛容性が備わったアイアンです。ZX4アイアンは飛距離性能と寛容性をぐっと高めたアイアンです。

中空構造を採用

出典:https://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2021/sp/2021_sp08.html

ZX5よりやさしいZX4というモデルが出たこと自体、驚きですが、さらに驚くのは構造です。

ZX5ははっきりとしたキャビティーバック形状なのに対して、ZX4アイアンは見た目はすっきりとシャープで中空構造が採用されています。

中空になることで、反発エリアが広く、打ち出しが高く、楽に大きく飛ばすことができます。

スリクソンなのに、ストロングロフト!

3つ目の驚きはロフト角です。スリクソンのアイアンの中で、これまで「飛び系」という言葉は使われていなかったと思いますが、ZX4アイアンは「飛び系」と表現されています。

そして、飛び系たる所以であるロフト角は、7番アイアンで28.5°となっています。これはもうストロングロフトのカテゴリーに入ります。

ZX5アイアンでは31°ですから、思い切ってフェースを立てて飛距離性能を高めています。

ツアーVTソール・スピードグルーブも搭載

ZX5、ZX7アイアンに搭載されている「ツアーVTソール」、フェース面の裏の溝加工「スピードグルーブ」は、ZX4アイアンにも搭載されています。

前側・後側の両方のバンスにより振り抜けが良く、スピードグルーブによりフェースが撓んでボールスピードがアップします。

スリクソン ZX4アイアンのスペック

番手 ロフト ライ バンス
(前)
バンス
(後)
FP 長さ
*1
長さ*2
4 21  60.5  10  -10 2.2  38.625  38.5
5 23 61  10  -9.5 2.5 38.125 38
6 25.5 61.5 10 -9.5 2.7  37.625 37.5
7  28.5 62 10 -9.5  3  37.125 37
8  33 62.5 10 -9.5 3.3  36.625 36.5
9 38 63 10 -9.5 3.5 36.125 36.0
PW 43  63.5 10 -9.5 4 35.625  35.5
AW 49 63.5 10 -9.5 4.6  35.625   35.5
SW 56  63.5 9 9 5.3 35.625  35.5

*1:Diamana  ZX for IRON、*2:N.S. 950GH neo、N.S. PRO ZELOS 8

スリクソン ZX4アイアンのシャフト

Diamana  ZX for IRON

硬さ 調子 重量 トルク
S 63 3.6
R 61 3.7

N.S. 950GH neo

硬さ 調子 重量 トルク
S 94 1.7
R 90.5 1.9

N.S. PRO ZELOS 8

硬さ 調子 重量 トルク
S 84 2.2
R 80.5 2.3

スリクソン ZX4アイアンの発売情報

スリクソン ZX4アイアンの発売日は2021年3月20日、発売価格はシャフトにより異なります。

  • Diamana ZX for IRON
    6本セット(5〜9、PW) 151,800円 (税抜価格 138,000円)
    1本(4、AW、SW) 25,300円 (税抜価格 23,000円)
  • N.S.PRO 950GH neo スチールシャフト
    6本セット(5〜9、PW) 145,200円 (税抜価格 132,000円)
    1本(4、AW、SW) 24,200円 (税抜価格 22,000円)
  • N.S.PRO ZELOS 8 スチールシャフト
    6本セット(5〜9、PW) 151,800円 (税抜価格 138,000円)
    1本(4、AW、SW) 25,300円 (税抜価格 23,000円)

 

スリクソンからZX4アイアンが発売に!?

スリクソンのZX4アイアンの映像がSNSで確認されていますので、詳しく取り上げます。

ZX4アイアンは中空アイアン

SNSに投稿されたZX4アイアンに関する情報です。特徴やスペックまで一枚に収まっていて、カタログのように見えます。

特徴が詳しく書かれていますので、拾ってみます。

中空構造

中空構造により、許容性が高く、真っ直ぐ、高く飛ばすことが出来る。

メインフレーム

フェースの裏側のミリングにより、CORが最大化されています。これにより、あらゆるショットでより速いボールスピード、より大きな飛距離を提供してくれます。

ツアーVTソール

V字型のソールにより、ボールの少し後ろを打ってしまっても、スムーズに芝を滑ってくれます。

マルチピース構造

ZX4のロングアイアンとミッドアイアン(4~7番)のベースにあるタングステンは、重心を低くくし、高い打ち上げをもたらしてくれます。

鍛造のHT1770スチール製のフェイスにより、ボールスピードと飛距離がアップし、431スチール製のボディにょり、振動が吸収され柔らかな打感がもたらされます。

プログレッシブグルーブ

8番iからPWまでの溝は、より鋭く、より狭くなっていて、グリーンへのアプローチショットの際にスピン性能とボールを止める力を発揮してくれます。

ZX4アイアンのスペック

出典:https://www.srixon.com/
ZX4アイアンは、4番~9番、そして、PW、AW、SWまであるようです。

冒頭で紹介したカタログのような映像にはスペックも記されています。

番手 ロフト角 ライ角 オフセット 長さ
4 21 60.5 4.4 38.5
5 23 61 4.2 38
6 25.5 61.5 4 37.5
7 28.5 62 3.7 37
8 33 62.5 3.5 36.5
9 38 63 3.2 36
PW 43 63.5 2.8 35.5
AW 49 63.5 2.3 35.5
SW ? ? ? ?

SWについては、映像の下が切れているのか分かりませんが、記載がありませんでした。

注目したいのは、やはり7番のロフト角です。ZX5の31°と比べると、28.5°ですから、かなりロフトが立っていて、飛距離性能を持たせたスペックとなっています。

https://mygolfportal.com/e2wShoppingCatalog.aspx?parentId=3101012456

上記のサイトを見ると、ZX4アイアンが掲載されています。セットの組み合わせは、4~P、4~A、5~P、単品となっています。

オフセットはZX5と比べると7番で0.5mm大きく、ボールのつかまりを良くしたネック形状となっています。

弾きの良いフェースで、ロフトが立っていて、ややグースネックになっています。

ダンロップには、ゼクシオのレギュラーモデルよりもハードなモデルとして、ゼクシオエックスアイアンがありますので、こちらとの住み分けが興味深いところです。

ロフト角だけを見ると、ゼクシオエックスの方が7番で0.5°寝ていますので、ゼクシオエックスとスリクソンZX4で対象ゴルファーが逆転している印象も受けます。

ZX5ドライバーの試打動画まとめ

スリクソンから発売のZX5ドライバー。松山英樹プロが久しぶりにスリクソンのドライバーを手にし、そのモデルがZX5ドライバーだったことで、一段と注目が集まっています。

本記事では、ZX5ドライバーの試打動画をまとめました。プロ、ゴルフ評論家、アマチュアにより、感じ方に違いがありますので、ZX5ドライバーの購入を検討される方には参考になる内容です。

ZX5ドライバー

ZXシリーズは、スリクソンの2020年の新たなモデルで、2018年のZ85シリーズの後継となります。そして、今回からシリーズ名そのものが、ZからZXに改称しています。

クラブの種類は、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、ユーティリティアイアン、アイアンまであり、アイアンはSWまでありますので、一通りZXシリーズで揃えることもできます。

なお、ドライバーとアイアンに関しては、ZX5、ZX7の2種類のモデルがありますので、自分の弾道・体力・技量に合わせて選ぶことができます。

それでは、ZXシリーズのドライバーとアイアンについて、特徴とスペックを見ていきましょう。

ZX5ドライバー

特徴

ZXシリーズのドライバーは、ZX5とZX7の2種類のドライバーが発売されています。前作に当りZ85シリーズと同じく、 5と7の2種類です。

ヘッドサイズはどちらも460ccですが、ZX5はシャロー、ZX7はディープで、弾道の安定性・つかまりを求める方はZX5、操作性・低く強い弾道を求める方はZX7という選択が一般的です。

スペック

ロフト角 9.5° 10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 460cc
クラブ長 45.25″
バランス D2
クラブ重量 304g(S)

ZX5ドライバーとZ585ドライバーを試打・比較

試打ラボしだるTVにて、ZX5ドライバー、前作のZ585ドライバー、そしてターゲットユーザーが近似しているゼクシオX(エックス)ドライバーを打ち比べされています。

マーク金井氏がZXドライバーを試打・解説

ZX5ドライバーとZX7ドライバーの両方を試打されていて、それぞれの特徴と両者の違いについて解説されています。

ZX5ドライバーについては、ゼクシオドライバーと似ていると評価されています。ゼクシオが物足りない方におすすめとのことで、ゼクシオX(エックス)と対象ゴルファーが被ってきそうです。

ダンロップ契約プロがZX5・ZX7ドライバーを試打解説

40後半に差し掛かったきたことで、7ではなく5のシリーズ、ZX5ドライバーを選択されています。

試打は両方のクラブを行っていて、ZX5、ZX7ドライバーの違いについて解説されています。

スリクソン ZXシリーズ(2020)の全ドライバー・全アイアンを紹介

松山英樹、ZXシリーズのドライバーとアイアンを使用