スリクソン ZX7アイアンの試打・評価まとめ

スリクソンの2020年モデルの「ZX」から発売のZX7アイアンについて、試打・評価をまとめました。

ZXシリーズのアイアンは5と7の2種類

スリクソンの2020年モデルはZXシリーズという名称になっています。それ以前はZシリーズという名称でしたが、新たな別シリーズということではなく、名称がZからZXに変わっています。

そして、ZXシリーズのアイアンも、前作のZ85シリーズと同じく5、7の2種類のアイアンが発売となっています。

左のZX5アイアンははっきりとしたキャビティ形状、右のZX7アイアンはうっすらとキャビティが見え、寛容性の差が外観から一目瞭然です。

ZX7アイアン

ZX7アイアンは、軟鉄鍛造で、やんわりとしたキャビティ形状になっています。混じりっ気のない一枚物と言いたいところですが、トゥ側にタングステンニッケルウェイトが搭載されています。

上級者向けアイアンでもトゥ側への高比重金属の搭載は、かなり増えていて、寛容性を取り入れる方向はまだまだ続いているようです。

オフセットはほぼ無く、すっきりとしたネック形状で、打感と操作性に優れた上級者に好まれるアイアンです。

ZX7アイアンの試打・評価

ZX5アイアンとZ585アイアンを打ち比べ

しだるTVさんの石井プロにて、ZX7アイアンと前作のZ785アイアンを打ち比べされています。

ZX7アイアンはタングステンニッケルウェイトがトゥ側に搭載されているためか、Z785アイアンよりも芯が広く、打感は若干ぼやけている感じがして、やさしい方向になっていると感想を述べられています。

ZXシリーズを試打、Z85シリーズと比較

ZX7アイアンは、キャビティ形状になっていますが、マッスルバックのような分厚い手応えがあるそうです。

クラブが助けてくれる感じがないので、自分の力で球を飛ばせて、操作性を求める方向けと総評されています。

ヘッドスピードが最低でも45m/sが必要で、コントロール性があって男子プロが使いたいと感じるアイアンに仕上がっているそうです。

ZX5アイアンとZX7アイアンを計測試打

大古場プロにてZX5アイアン、ZX7アイアンを比較試打されています。アイアンは顔が重要で、ZX7アイアンはまさに顔が良いそうです。

ZXシリーズアイアンの公式動画

ダンロップによるZXアイアンの公式プロダクトムービーです。ヘッド形状・搭載テクノロジーが詳細まで紹介されています。

松山英樹、ZXシリーズのドライバーとアイアンを使用

松山英樹の2020年のクラブセッティングは、ドライバーを遂にスリクソンに戻してきたことで注目されています。

ドライバーが注目されずぎて、あまり話題になっていませんが、アイアンも新たなZXシリーズのモデルを取り入れています。

ZX5ドライバーを使用

松山英樹は、2016年までスリクソンのZR-30ドライバーを使っていました。その後は、キャロウェイやテーラーメイドを使っていて、契約しているはずのスリクソンのドライバーが長らく使われていませんでした。

しかし、2020年のスリクソンの新作、ZXシリーズでは、松山英樹と思われる人物がZXドライバーを手にする映像が海外の公式サイトに掲載され、遂にスリクソンのドライバーに戻ってくるのでは?という情報が出ていました。

そして、2020年の後期、遂にニューモデルのZX5ドライバーを手にして、海外で好成績を収めています。

飛距離は出るもののフェアウェイキープ率が悪化したこともあってか、ZX7ドライバーを試す場面もありましたが、その後はZX5ドライバーを使い続けています。

スリクソン ZXシリーズ(2020)の全ドライバー・全アイアンを紹介

ZX7アイアンの4番を使用か!?

ZX5ドライバーを採用したことが驚きと喜びを持って各所で伝えられているためか、アイアンでもZXシリーズを採用していることが、あまり取り上げられていません。

試合の映像から、早い段階でZXアイアンを使っていることは確認されています。この投稿ではZX5かZX7か不明とされていますが、トゥ側の形状からZX7アイアンであることが確認できます。

これまではZフォージドアイアンでしたが、どうやら4番のみZX7アイアンに変えているようです。

スリクソン ZX5・ZX7アイアンの最新情報

 

スリクソン ZX5アイアンの試打・評価まとめ

スリクソンの2020年モデルの「ZX」から発売のZX5アイアンについて、試打・評価をまとめました。

ZXアイアンは2種類ある

スリクソンと言えばアイアンの評価が高く、とても人気のあるメーカーです。

注目の2020年モデルは、ZからZXにシリーズ名が変わりました。ラインナップは前作と同様に2種類となっています。Z585の後継にあたるのがZX5アイアン、Z785の後継にあたるのがZX7アイアンです。

ZX5アイアン

ZX5アイアンは、ポケットキャビティ形状のアイアンで、軟鉄鍛造のボディーにクロムバナジウム剛のフェースが張り合わされています。

ヘッド全体が軟鉄鍛造のZX7アイアンと比べると、打感よりも飛距離性能と寛容性を重視した素材・形状となっています。

ZX5アイアンの試打・評価

ZX5アイアンとZ585アイアンを打ち比べ

石井プロによりZX5アイアンと前作のZ585アイアンを打ち比べされています。Z585アイアン自体がとても評価の高いアイアンのため、打ち比べの中でも好評ですが、ZX5アイアンは明らかなポケット構造ではないことが影響してか、打感の良さを繰り返し評価されています。

寛容性については、Z585アイアンの方がブレが少ない感じがするそうですが、大きな違いは無いようです。

ZX5アイアンとZX7アイアンを比較試打

ZX7アイアンとZX5アイアンを比較試打されています。動画は後半のZX5アイアンから再生されますので、ZX7アイアンの試打も観たい方は、最初の方からご覧ください。

ダフリが出やすい方が使っても、スリクソン特有のV字型ソールが効果を発揮しているためか、振り抜けが良く、方向性・飛距離に影響が出ないようです。

マーク金井氏によるZXアイアン試打

ZX5のドライバーは、ゼクシオと似ていて、やさしさがありますが、ZX5アイアンは、ゼクシオのようなやさしさはなく、しっかりとスリクソンのアイアンだそうです。

つまり、本来のスリクソンの位置づけ通り、アスリート向けで、ミスの許容性が欲しい方には向かないようです。

ゼクシオ11アイアンとZX5アイアンの間に、ゼクシオX(エックス)アイアンというモデルがありますので、ZX5では難しく、ゼクシオ11では物足りないという方は、ゼクシオX(エックス)アイアンを試されると良いと思います。

もう一つ注目したい点として、Z585アイアンについて、ゼクシオっぽいと述べられています。Z585からZX5アイアンになって、ポケット形状がほぼ分からないぐらいの形状になっていますので、ミスの許容性、弾き感と言う点で、Z585の方が高いようです。

松山英樹はZXドライバーのヘッドとシャフトを模索中か?

ゴルフ界はツアーの中止・延期が多発し、落ち着かない年となっていますが、松山英樹の2020年の成績は好調を維持しています。

成績と合わせて注目されるのがクラブセッティングでして、アイアンだけでなく、ついにドライバーも契約しているスリクソンに戻したことが話題となっています。

SIM MAXからZX5ドライバーに移行

松山英樹はスリクソンとクラブ契約していますが、ウッド系は色々なメーカーのものをこれまで試しています。

ここ数年は、テーラーメイドのMシリーズを好んでいて、2020年当初は後継のSIM MAXドライバーを使っていました。

ところが、2020年はスリクソンがニューモデルを出す年でして、遂に、松山英樹プロがスリクソンのニュードライバーに切り替えた、というより戻りました。

スリクソンとしては悲願達成でしょう。

飛距離は出るが、FWキープ率に課題

ZX5ドライバーを使い始めてから飛距離は出ているようですが、肝心のFWキープ率が悪いようです。

3日目には小さめヘッドの『ZX7』と『DI』の組み合わせで一旦「71.43%」とFWキープ率を引き上げたものの、最終日には『ZX5』と『DI』の組み合わせで再び「28.57%」に落ち込んだ。(引用:ALBA)

一旦は、ヘッドをZX7に変えつつ、シャフトも色々と試しているようです。

SIMでは大型ヘッドのSIM MAXを選択していましたが、それ以前はMシリーズで小ぶりなヘッドを選択していましたので、ZX7の方が使いやすいのかもしれません。

寛容性で言えば、ZX7よりもZX5の方が高く、「やさしい」「助けてくれる」ドライバーなのですが、プロとしては「思い通りに操作できる」「叩いても引っ掛けない」ことの方がお助けになるのかもしれません。

3日目はZX7、最終日はZX5ドライバー

ZX7ドライバーでFWキープ率は向上しましたが、最終日はシャフトを変えてZX5ドライバーに戻しています。

最終日はBMW選手権を戦い抜いたZX5ドライバーに戻していますので、ヘッド性能としては、ZX5の寛容性を持った飛距離性能に期待を寄せているのかもしれません。

スリクソン ZXシリーズ(2020)の全ドライバー・全アイアンを紹介

 

スリクソン ZXシリーズ(2020)の全ドライバー・全アイアンを紹介

スリクソンからZXシリーズが発売となっています。これまでの「Zシリーズ」から「ZXシリーズ」に名前が変わった新たなモデルについて取り上げます。

ZXシリーズ

ZXシリーズは、スリクソンの2020年の新たなモデルで、2018年のZ85シリーズの後継となります。そして、今回からシリーズ名そのものが、ZからZXに改称しています。

クラブの種類は、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、ユーティリティアイアン、アイアンまであり、アイアンはSWまでありますので、一通りZXシリーズで揃えることもできます。

なお、ドライバーとアイアンに関しては、ZX5、ZX7の2種類のモデルがありますので、自分の弾道・体力・技量に合わせて選ぶことができます。

それでは、ZXシリーズのドライバーとアイアンについて、特徴とスペックを見ていきましょう。

ZX5ドライバー

概要

剛性の高い層、低い層を繰り返した4層構造の「REBOUND FRAME」が採用され、大きな撓みが実現されています。

ZX5ドライバーは、しっかりつかまえて、高い弾道で飛ばすことができ、投影面積も大きく、やさしさと飛距離性能を兼ね備えています。

スペック

ロフト角 9.5° 10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 460cc
クラブ長 45.25″
バランス D2
クラブ重量 304g(S)

ZX7ドライバー

概要

ZX5と同じく、剛性の高い層、低い層を繰り返した4層構造の「REBOUND FRAME」が採用され、大きな撓みが実現されています。

ZX7ドライバーは、ディープ形状で、ウェイトが深すぎない位置に搭載されていますので、低スピンで弾道の高さを抑えた強い弾道で飛ばすことができます。

操作性にも優れていますので、中・上級者に好まれるドライバーです。

スペック

ロフト角 9.5° 10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 460cc
クラブ長 45.25″
バランス D2
クラブ重量 309g(S)

ZX5アイアン

概要

ZX5アイアンは、ポケットキャビティ形状のアイアンで、フェースはクロムバナジウム剛が用いられ、ボディは軟鉄鍛造となっています。打感の良さがありつつ、大きく飛ばせ、方向安定性に優れています。

フェースは中央部分が偏肉設計で、その周りを取り囲むようにスピードグルーブが施され、大きな撓みが生み出され、ボールスピードをアップしてくれます。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 バンス角(前) バンス角(後) FP クラブ長さ
4 22 60.5 12 -8 2.8 38.5
5 24 61 13 -6 3 38
6 27 61.5 14 -6 3.2 37.5
7 31 62 15 -5 3.5 37
8 35 62.5 16 -5 3.8 36.5
9 39 63 17 -3 4.1 36
PW 44 63.5 18 -3 4.4 35.5
AW 50 63.5 18 -2 4.9 35.5
SW 56 63.5 9.5 9.5 5.3 35.5

ZX7アイアン

概要

ZX7アイアンは、キャビティーバック形状のアイアンですが、ZX5よりはソールやキャビティーが薄く仕上がっています。

軟鉄鍛造により吸い付くような打感が得られ、キャビティー形状のためオフセンターヒット時も打感の良さが損なわれにくくなっています。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 バンス角(前) バンス角(後) FP
3 20 60 19 -4.5 31
4 22 60.5 19 -4.5 3.3
5 25 61 19 -4 3.4
6 28 61.5 19 -4 3.6
7 32 62 19 -3.5 3.9
8 36 62.5 19 -3.5 4.4
9 41 63 20 -3 4.8
PW 46 63.5 20 -3 5
AW 51 63.5 20 -2 5.4
SW 57 63.5 26 -1 6