PRGR LSシリーズ 2021の全モデルを一挙紹介!

PRGRから発売のLSシリーズ(2021)について、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

LSシリーズ

PRGRから発売のLSシリーズは、これまでのRSシリーズ、eggシリーズとは異なる新たなシリーズです。

アマチュアゴルファーのヘッドスピードの平均が40m/s前後であり、このゴルファー層が飛距離を更に伸ばすために最適なゴルフクラブがLSシリーズです。

ドライバーに関して言えば、飛距離を伸ばすための仕組みは、18°の高打ち出しと2000rpmの低スピンです。

ドライバーだけでなくフェアウェイウッド、ユーティリティも同じ考え方で開発されています。

LSドライバー

特徴

  • ヘッドスピード40m/s 前後のゴルファーがターゲットで、高弾道、低スピンにより、最大飛距離の弾道を打ちやすく設計されています。
  • ソールの下に搭載された新構造のD.B.ソールにより、重量が深く低く配分され、球の上がりやすさ、つかまり、低スピンが実現されます。
  • 高精度のCNCミルドカップフェースが採用されていて、安定したスピン量に加えて、フィーリング面でも快適な打音・打感が備わっています。

スペック

  • ロフト角:10.5、11.5°
  • ライ角:59.5°
  • フェース角:0°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • フレックス:S、SR、R
  • クラブ重量:287g(S)、283g(SR)、281g(R)

LSフェアウェイウッド

特徴

  • ドライバーと同様に、ヘッドスピード40m/s 前後のゴルファーがターゲット。
  • 高初速、高弾道、適正スピンで飛距離を最大化。
  • 低重心と最適ロフト設計により、球をしっかり上げ、キャリーで飛ばせる。
  • 3番、5番共に42.5インチに揃えた1レングス設計が採用され、同じ感覚で打ちやすくなっている。
  • ロフト角が一般的なものより大きく、球が上って大きく飛ばしやすくなっている。

スペック

番手 3W 5W
ロフト角(°) 16.5 20
体積(cc) 186 182
フェース角(°) -2
ライ角(°) 59
長さ(インチ) 42.5

LSユーティリティ

特徴

  • ドライバー、フェアウェイウッドと同様に、ヘッドスピード40m/s 前後のゴルファーがターゲット。
  • 高初速、高弾道、適正スピンで飛距離を最大化。
  • 低重心と最適ロフト設計により、球をしっかり上げ、キャリーで飛ばせる。
  • 4番、5番共に40インチに揃えた1レングス設計が採用され、同じ感覚で打ちやすくなっている。
  • ロフト角が一般的なものより大きく、球が上って大きく飛ばしやすくなっている。

スペック

番手 4UT 5UT
ロフト角(°) 23 27
体積(cc) 133 128
フェース角(°) -3
ライ角(°) 60
長さ(インチ) 40

LSシリーズの発売日・発売価格

LSシリーズの発売日は、2021年6月25日です。

<発売価格>

  • ドライバー:96,800円
  • フェアウェイウッド:52,800円
  • ユーティリティ:44,000円

PRGR Carrys Qの全モデルを一挙紹介!発売日も決定

PRGRから発売のCarrys Qについて、全モデルのラインナップ・発売日・発売価格について取り上げます。

Carrys QとQ

※左がCarrys Q、右がQ

PRGRから2018年にQ(フェアウェイウッド、ユーティリティ)が発売されています。そして、2021年にCarrys Q(フェアウェイウッド、ユーティリティ)が新たに発売となっています。

※出典:https://www.prgr-golf.com/product/utility/20-q.html

RSともeggとも異なるQは、Carrys Qが追加されたことで、位置づけ・クラブ間の繋がりがどのようになるのかが気になるところです。

飛距離で捉えると、Carrys Qは、既存のQよりもう少し上のレンジで、概ねフェアウェイウッドの領域をカバーしています。

Qの方は、ソールが船底のような三角形状になっていて、ラフや傾斜地でも対応しやすい形状でした。

今回のキャリーズQは、正面から見ると平べったい形状になっていて、Qとは対照的な形状となっています。

公式サイトでも「平らなフェアウェイでヘッドが滑るように走り、抜けがいい」と説明されていますので、適した場面の違いが分かります。

PGRG Carrys Qの公式動画

こちらの動画はPRGRによるキャリーズQの公式動画です。

既存のQと新商品のCarrys Qの両方が登場しますので、使い分け、位置付けなどが分かります。

Carrys Qも大きく2種類に分かれている

Qと同様に、上の2番手と下の2番手で、形状が異なっています。

Q3+、Q3

Q3+とQ3は、ヘッドが極端に平べったい形状となっています。

ソールはテーラーメイドのVスチールと似た形状で、芝との接地面積が抑えられ、振り抜けの良さを発揮してくれそうです。

番手 Q3+ Q3
ロフト角 16.5° 19°
ライ角 58° 58°
フェース角 2.5° 4.0°
長さ 42インチ 41.5インチ
バランス D0 D0

Q4、Q5

Q4とQ5は、先程のQ3+、Q3よりもディープで重心が浅めになっています。

番手 Q4 Q5
ロフト角 20° 24°
ライ角 59° 59.5°
フェース角 3.0° 3.0°
長さ 39.5インチ 39インチ
バランス D0 D0

 

PRGR シルバーブレードα パターの5モデルを一挙紹介!

PRGRのシルバーブレードから新たなモデル、シルバーブレードαパターが発売となっています。

細部まで拘り抜いた全5機種について取り上げます。

シルバーブレードα パターの特徴

比重の異なる素材を組み合わせ、高慣性モーメントを実現

シルバーブレードのパターヘッドには、比重が異なる素材が用いられています。

ブレードには軽いアルミ素材、そして、ボディーには重いステンレス素材が用いられていて、後方に重量が寄せられています。

これにより、高慣性モーメントが実現されていて、オフセンターヒット時のヘッドのブレが小さく抑えられています。

5つのモデルにより、様々なストロークに対応

*引用:PRGR

シルバーブレードα パターは、ヘッド形状・ネック形状・オフセットなどが異なる5種類のモデルがあります。

ピン型、マレット型はそれぞれセンターシャフトのモデルもあり、ヘッドの開閉をする方、真っすぐにストロークする方など、様々なストロークに対応しています。

変化を付けたミーリングにより、転がりが安定

*引用:PRGR

フェース面のミーリングは、中央では粗く、そして、両サイトに行くに従って徐々に細かく施されています。

これにより、オフセンターヒットとなった場合でも、転がり距離が安定しやすくなっています。

シルバーブレードα パターの全モデルを紹介!

シルバーブレード α-01

ロフト角(°) 3 3
FP(mm) -3.5 -3.5
ライ角(°) 70 70
長さ(インチ) 33 34
総重量(g) 545 550
シャフト重量(g) 101 106

シルバーブレード α-01CS

ロフト角(°) 3 3
FP(mm) 7.5 7.5
ライ角(°) 70 70
長さ(インチ) 33 34
総重量(g) 551 556
シャフト重量(g) 107 112

シルバーブレード α-02

ロフト角(°) 3 3
FP(mm) 1.5 1.5
ライ角(°) 70 70
長さ(インチ) 33 34
総重量(g) 544 549
シャフト重量(g) 100 105

シルバーブレード α-03

ロフト角(°) 3 3
FP(mm) -0.5 -0.5
ライ角(°) 70 70
長さ(インチ) 33 34
総重量(g) 547 552
シャフト重量(g) 103 108

シルバーブレード α-03CS

ロフト角(°) 3 3
FP(mm) 7 7
ライ角(°) 70 70
長さ(インチ) 33 34
総重量(g) 551 556
シャフト重量(g) 107 112

 

PRGR RSドライバー 2020(5代目)の試打・評価まとめ

プロギアのRSシリーズの2020年モデルから発売のRSドライバー 2020について、試打・評価をまとめました。

PRGR RSシリーズの5代目(2020年)はドライバーが3種類


PRGRのRSシリーズの2020年版は、5代目となります。ドライバーは3種類あり、左から、RSドライバー、RS Fドライバー、RS+ドライバーです。

  • RS Fドライバー:思いきり叩け、強弾道で飛ばせる。
  • RSドライバー:つかまりが良く、高弾道で飛ばせる。
  • RS+ドライバー:RSドライバーの飛びに、振りやすさとやさしさを追加。

本記事で取り上げるのは、スタンダードタイプのRSドライバー2020(5代目)です。

RSドライバー2020(5代目)

RSドライバーは、RS Fドライバーがフェード仕様なのと比べると、つかまりが良く、ドロー仕様と言われています。

ただし、RSシリーズはPRGRのアスリート向けブランドのため、スライスに悩むアベレージゴルファーの方は、eggというシリーズがありますので、そちらも合わせて検討されると良いかもしれません。

RSドライバーは、つかまりと弾道の高さが特徴です。標準シャフトはDiamanaが装着されたモデルでクラブ重量は304g(SR)あります。もう少し軽めで振りたい方は、RS+ドライバーを選択すると、標準シャフトのSpeederでクラブ重量は294g(SR)となります。

RSドライバー(RS5)を計測試打

  • つかまるクラブ。スライスで悩んでいる方に良い。
  • 前作よりも思っている通りに振りやすい。
  • 打感は前作よりもフェースに乗っていて厚い感じがする。
  • スピンが入り過ぎない。やさしい。

RSドライバーをプロが試打・評価

RSシリーズドライバーは、4つの芯を1点に集めた構造となっていて、強芯・広芯が特徴です。試打では芯を外したらどうなるかも試されています。

  • ドローを打とうと思わなくても、シャフトの良いしなりでつかまってくれる。
  • ヘッドは座りが良く、安心感がある。
  • 芯を外しても、ミート率・スピン量は良い値が出る。広芯に救われる。

RSドライバー、RS Fドライバー、RS+ドライバーをマーク金井氏が打ち比べ

ヘッドが返ってくるのが手に伝わってくるため、自然と逃がしてしまい、試打では右に抜ける球が出ているそうです。

  • つかまりが良い。ナチュラルドロー。
  • 重心角が大きく、ヘッドが返ってくる。

PRGR TUNE 02ドライバー、03ドライバーの最新情報まとめ

PRGRのヘッドパーツ専用シリーズ TUNEのニューモデル、TUNE 02 ドライバー、TUNE 03 ドライバーについて取り上げます。

TUNE 02ドライバーはモデルチェンジ、TUNE 03は新発売

TUNE ドライバーから新たにリリースされるのは、TUNE 02 ドライバーとTUNE 03 ドライバーの2種類。

TUNE ドライバ―は、01、02、05の3種類がリリースされているため、今回の TUNE 02 ドライバーはモデルチェンジで、TUNE 03 ドライバーは、新たに追加されるヘッドとなります。

Wクラウンを搭載し、高初速・高確率に

02と03では、RSシリーズも採用されているW クラウン構造が取り入れられ、高初速エリアが広くなり、高初速・高確率で飛ばすことができます。

」を実現し、飛びのドライバーに仕上げている。また「TUNE 02 ドライバー」はとし、「TUNE 03 ドライバー」はヒール側にも膨らみを持たせ、つかまるイメージのヘッド形状でやさしくつかまり上がる重心設計となっています。

リニューアルしたTUNE 02 ドライバー

TUNE 02ドライバーは、適度につかまるストレートフェースが特徴のヘッドです。叩けるイメージのヘッド形状で、適度につかまる重心設計となっています。

重心角は前作で30°ありましたが、今作では28.5°に抑えられています。

新たに追加されたTUNE 03 ドライバー

TUNE 03 ドライバーは、投影面積が大きく、02よりもフェース高は抑えられ、その分、ヒール側が膨らみ、ストレッチも長くなっています。

ヘッド形状からもつかまりがイメージでき、やさしくつかまえて球が上がりやすい重心設計となっています。

TUNE 02 ・TUNE 03ドライバーのスペック

ヘッドスペック

ヘッド TUNE02 TUNE03
ロフト角 9 10 9 10
ライ角 59 59 59 59
体積 460 460 460 460
重量 198 198 198 198
FP 17 18 17 18
フェース角 -3 -3 -1.5 -1.5
慣性モーメント 4,405 4,405 4,550 4,550

重心設計

ヘッド TUNE02 TUNE03
ロフト角 9 10 9 10
重心高 32 32.5 32.5 33
重心深度 40 41 42 43
重心距離 39 39 38 38
重心角 28.5 28.5 31 31

TUNE 02 ・TUNE 03ドライバーの発売日・発売価格

TUNE 02ドライバー・03ドライバーのは、2019年9月13日の発売が予定されています。

発売価格は共に65,000 円+税で、オリジナルヘッドカバーとネジウェイト 2個が付いています。