MAVRIK フェアウェイウッドの最新情報

キャロウェイの2020年モデルのMAVRIK マーベリックのフェアウェイウッドについて、最新情報を取り上げます。

MAVRIK フェアウェイウッドは3種類ある

キャロウェイのMAVRIKのフェアウェイウッドは3タイプあります。

一番左がスタンダードモデルのMAVRIK フェアウェイウッドです。真ん中のこぶりなモデルがMAVRIK サブゼロ フェアウェイウッドです。そして、一番右の大きなヘッドがMAVRIK MAX フェアウェイウッドです。

フラッシュフェース・ジェイルブレイクテクノロジーを搭載

3つのモデルとも、AI設計によるフラッシュフェース、効率的にヘッドを撓ませるジェイルブレイクテクノロジーが搭載されています。

フェースの広いエリアで、優れた反発性能を発揮してくれます。

調整機能はウェイトのみ

ウェイトはスクリュー式のものが搭載されていますので、オプションで別重量にしたり、モデルによっては2つ搭載されていますので、入れかえることで重心を変更することができます。

なお、フェアウェイウッドには可変スリーブは搭載されていませんので、ロフト角・ライ角の調整機能はありません。

MAVRIKフェアウェイウッドの試打・評価

MAVRIK フェアウェイウッドの特徴

こちらはスタンダードモデルのMAVRIKフェアウェイウッドです。3タイプの中でヘッドサイズは中間的で、アベレージゴルファーにおすすめのフェアウェイウッドです。

ウェイトはソール後方に1つ

ソール後方の深いところに5gのウェイトが1つ搭載されています。低重心・深重心となり、球の上がりやすさ、寛容性、直進性を重視したモデルとなっています。

フェース・ヘッドはオーソドックスな形状

アドレスした時に見えるクラウンの形状やフェース面は、オーソドックスな形です。フェース面は下部がラウンドしていますので、様々なライで振り抜けの良さをイメージしながら扱えそうです。

MAVRIK フェアウェイウッドのスペック

番手 3 5 7
クラブ長さ 43.25 42.75 42.25
ヘッド体積 174 154 143
ロフト角 15 18 21
ライ角 56 56.5 57

MAVRIK フェアウェイウッドのシャフト

  • Diamana 50 for Callaway (S、SR、R)
  • Speeder EVOLUTION VI FW 60 (S)

MAVRIK サブゼロ フェアウェイウッドの特徴

こちらはMAVRIK サブゼロ フェアウェイウッドです。3タイプの中でヘッドサイズが最も小さく、浅重心で強い弾道で飛ばすことができる上級者向けのフェアウェイウッドです。

ウェイトはソールの前後に1つずつ

ウェイトは、ソール後方と前方に1つずつ搭載されています。重量は前方が14g、後方が2gとなっていますので、入れ替えることで、打ち出しの高さやスピン量を調整することができます。

フェース・ヘッドはオーソドックスな形状

ヘッド形状はストレッチが短く浅重心となっています。他の2つのタイプと比べてフェース面が前に出ていますので、つかまり過ぎず、意図した方向に打ち出しやすくなっています。

MAVRIK サブゼロ フェアウェイウッドのスペック

番手 3+ 3 5
クラブ長さ 43.25 43.25 42.75
ヘッド体積 171 169 160
ロフト角 13.5 15 18
ライ角 55 55 55.5

MAVRIK サブゼロ フェアウェイウッドのシャフト

  • Tour AD SZ-5 TypeII (S、SR)
  • Speeder EVOLUTION VI FW 60 (S)

MAVRIK MAX フェアウェイウッドの特徴

こちらはMAVRIK MAXフェアウェイウッドです。3タイプの中でヘッドサイズが最も大きく、スライサーやシニアが扱いやすいフェアウェイウッドです。

ウェイトはソール後方とヒール寄りに1つずつ

ウェイトはソール後方に1つとヒール寄りに1つ、合計2つ搭載されています。後方のウェイトにより直進性と許容性が高くなり、ヒール寄りウェイトによりボールのつかまりがよく、スライスが出にくくなっています。

ウェイトは後方が10g、ヒール寄りが2gと重量が異なっていますので、入れ替えることにより重心を変えることができます。

ヘッドは大型、フェースはグース気味

ヘッドサイズは大きく、深重心設計でミスへの許容性が高くなっています。

また、フェース面は奥に下がっていて、グース気味になっています。インパクトタイミングが遅くなることで、ヘッドを返してボールをつかまえやすくなりますので、スライスがでにくく、しっかり捉えて飛距離が出やすくなっていいます。

MAVRIK MAX フェアウェイウッドのスペック

番手 3 5 7 9
クラブ長さ 43.25 42.75 42.25 41.75
ヘッド体積 197 168 156 148
ロフト角 16 19 22 24
ライ角 57 57.5 58 58.5

MAVRIK MAX フェアウェイウッドのシャフト

  • Diamana 40 for Callaway (S、SR、R)

MAVRIK フェアウェイウッドの発売日

MAVRIKシリーズのフェアウェイウッドの発売日は、MAVRIKフェアウェイウッド、MAVRIKサブゼロフェアウェイウッドが2020年2月7日、MAVRIK MAXフェアウェイウッドが2020年4月となっています。

今平周吾プロ、シーズンを終え RMX 120ドライバーをテスト開始!

今平周吾プロが2年連続の賞金王に輝きました。シーズンを終え、ドライバーを乗り換えるのかどうか注目されています。

2019年はRMX116ドライバーを使用

RMX116ドライバーは、ヤマハから2016年モデルとして発売されているアスリート向けドライバーです。最近では数が少ないハイバック形状で、445ccと小ぶりなヘッドは操作性に優れています。

これまでRM118ドライバー、RMX120ドライバーがリリースされていますが、長らく2016年モデルを使い続けています。

来シーズンに向け、RMX120のドライバーをテスト

2019年は、前年に続く賞金王がかかり、シーズン途中でのクラブチェンジを控えていたそうです。

▼詳しくは下記のGDO記事で解説されています。
≫ 今平周吾 賞金王獲得のため替えなかった「RMX 120」を新シーズンで投入へ

RMX120ドライバーは460ccでシャローバック形状のドライバー

RMX116からRMX120への切り替えを今平周吾プロが決断しなかった理由の一つに、ドライバーとしての特徴が大きく変わって点が挙げられるそうです。

これはRMXに限った話ではありませんが、多くのアスリート向けモデルがそうであるように、ヘッドサイズが460ccになっています。そして、ヘッド形状はハイバックからシャローバックに変わっています。

この変化は、操作性重視からミスへの許容性重視に変わったことを意味しますので、180度変わったと言って良いでしょう。

RMX 120・220の試打・評価の動画を集めました!

適合リストに RMX 120 Type Tドライバーが掲載されている

今平周吾プロのRMX120ドライバーのテストの記事と呼応するかのうように、2019年12月にRMX120 Type-TドライバーがUSGAの適合リストに掲載されています。

今平プロ向けの専用モデルがどうか、現時点で確認されていませんが、ロフト角が10.5°と限定的であること、そして、この時期の掲載を考えると、ツアープロ向けモデルの可能性が極めて高いと考えられます。

RMX120ドライバーの投入は、速くて2020年1月9日のソニーオープンからかもしれません。

SIMドライバーの試打動画まとめ

テーラーメイドのSIMドライバー・SIM MAXドライバーについて、試打動画をまとめました。

屋外のコースでの試打、計測器でデータを紹介している試打、プロによる試打など、製品の特徴が分かりやすい動画を集めました。

SIMドライバー・SIM MAXドライバーを検討されている方は、事前に動画を見ておくことをオススメします。

取り上げるのはSIM・SIM MAXドライバーの2種類

テーラーメイドの新シリーズ「SIM」からは、従来のMシリーズと同様に、ウェイト調整機能付きモデルとそうでないモデルの2種類のドライバーが発売となっています。

  • SIMドライバー:ウェイト調整機能付きドライバー
  • SIM MAXドライバー:ウェイト調整機能が無いオートマチックなドライバー

 SIMのドライバーからアイアンまで、全モデルを一気に試打

こちらの動画では、SIMのドライバー2種、フェアウェイウッド2種、ハイブリッド1種、アイアン2種。つまり、SIMシリーズの全クラブが登場します。

特に、アイアンはテーラーメイドの公式サイトにはまだ掲載されていませんので、文字通り日本一早いインプレッションです。

SIM MAXドライバーは打ち出しがやや高めだそうです。空力についてはなかなか実感することは難しいと思いますが、復活した貫通型スピードポケットについては、フェース下目での飛距離・打ち出し角のロスを抑える効果が実感されているようです。

SIM MAXドライバーとM6ドライバーの打ち比べ動画

しだるTVさんによるSIM MAXドライバーとM6の試打です。SIM MAXはM6の後継にあたると考えられていますので、感心が集まるテーマです。

SIM MAXドライバーは、M6ドライバーよりも飛距離性能が高いように感じられました。なお、打ち出しの高さやボールのつかまりは、M6の方が良いようにも感じられます。

他の試打者も含めて、やさしいという表現は聞こえてくるものの、弱い・少ないように思います。

SIMドライバーとM5ドライバーの打ち比べ動画

こちらもしだるTVさんによる試打です。先ほどのSIM MAXドライバーではなく、SIMドライバーとM5の試打です。SIMはM5の後継となりますので、ターゲットゴルファーが同じクラブでの比較ということになります。

試打の内容からは、SIMの飛距離性能の高さ、低スピン性能が伝わってきます。M5は上級者にかなり評判の良いクラブですが、石井プロによる評価はそれを上回るようです。

前後のウェイト調整機能がなくなりましたので、打ち出しの高さが注目されるところですが、吹け上がり過ぎることはないようです。

そもそも、ロフト角の選択があり、購入後も可変スリーブで調整できますので、ロー・ハイの調整は不要という考え方もあります。

SIMドライバーの空力を実験した動画

独自カラーを出している つるやゴルフさんの動画です。試打ではなく商品の特徴についての解説ですが、なかなか面白い実験をしています。

煙を使って、空気の流れを見て、空力の効果を検証しています。デザインから、SIMの方はSIMドライバー、もう一方はM6ドライバーです。

明らかにSIMドライバーの方が空気がヘッドの周りをスムーズに流れているように見えます。

なお、SIMのエアロダイナミクスの特徴としては、スイング後半のインパクトまでの空力なので、斜めからの空気の流れを試したものも見てみたいです。

マーク金井氏によりSIMドライバー・SIM MAXドライバーの試打

マーク金井氏による試打動画です。試打の前のモデルの特徴にいつも時間を割かれていて、歴史や周辺知識もちりばめられていて、毎回、とても参考になります。

他の試打者の方はSIM MAXやM6の方がつかまりが良いという感想が大半ですが、マーク金井氏はシャローによる重心距離の長さから、ヘッドローテーションがゆっくりだと評価されています。

SIM MAXドライバーについては、シャットにして振り下ろすことを推奨されています。

アスリート向け中空アイアン!おすすめ人気ランキング

アスリート向けアイアンは、フェースやソールが薄いマッスルバックが辺り前。そんな時代は終わったのかもしれません。

アベレージ向けと言われていた中空アイアンがアスリート向けモデルにまで展開され、これまでのアイアンの常識が変わりつつあります。

そこで、本記事ではアスリート向けに中空アイアンが採用されている背景、おすすめのアスリート向け中空アイアンについて取り上げます。

アイアンは3つの形状に分類される

アイアンは一見どれも似たように見えますが、ヘッドの形状・構造から大きく3つに分類されます。

やさしい順に並べると、「キャビティアイアン」、「中空アイアン」、「マッスルバクアイアン」となります。

▼3つの形状・構造については詳しまとめてありますので、リンクを載せておきます。

マッスルバック、キャビティ、中空構造!アイアン形状と特徴を徹底解説!

中空アイアンが、アスリート向けモデルで一気に増えた

2019年のアイアン市場の傾向として1つ挙げられるのが、中空構造のアイアンが増えた点です。

中空構造は、飛距離性能、直進性が優れていますが、操作性や打感で難があるため、上級者には好まれないとされてきました。

しかし、2019年のアイアン市場を見てみると、アスリート向けモデルで中空構造、もしくは、中空構造に近いものが増えています。

何故、中空アイアンが増えているか?

中空アイアンが増えている主な理由は、「やさしい」。この1点につきると思います。さらに、中空構造の中に樹脂を注入する等で打感も改善できることも影響しているように思います。

そもそも、ゴルフ市場全体の流れとして、やさしいクラブへのシフトがツアープロを含めてすすんでいます。ドライバー市場に目を向ければ、小ぶりなモデルが相次いで廃止され、やや小ぶりだったモデルは460ccにサイズアップしていることも、同じ流れと考えて良いでしょう。

  • 後継モデルが出なかった小ぶりなドライバー
    ブリヂストン ツアーB XD-7 ドライバー
    スリクソン Z945 ドライバー
  • サイズアップした小ぶりなドライバー
    スリクソンZ785 ドライバー
    TS3ドライバー
    ONOFF 黒ドライバー 2015

アスリート向け中空アイアン ランキング

第1位 テーラーメイド P790アイアン

P790は中空構造の内部にスピードフォームが充填されていますので、中空とは思えない打感の良さが感じられます。

また、テーラーメイド特有の構造であるスピードポケットに加え、タングステンがインナーウェイトとして搭載されていますので、球が上がりやすく、アスリート系でありながらも、やさしさが備わっています。

第2位 グローブライド ONOFF フォージド アイアン 黒 2019

オノフ フォージドアイアン 黒は、2019年モデルから中空構造となっています。アドレスした感じは面取りが少ないためか、トップブレードがやや厚めに見えやすく感じられます。ネックは、前作よりもほんの少しグースが効いているようにみえます。

タングステンがトゥ側に搭載され、打点のバラつきに強さを発揮してくれます。前作よりもやさしくなっていますので、中・上級者におすすめです。

第3位 PING i500アイアン

i500アイアンは、デザイン的な無駄が削ぎ落されて、すっきりしたフォルムが特徴的です。

フェースはたわみを効かして飛ばすタイプですので、飛距離が出る分、打感はやや硬めです。

まとめ

アスリート向けアイアンの動向、市場全体の傾向、そして、おすすめのアスリート向けアイアンについてまとめました。

ランキングについては、上級者向けである順に筆者の視点から選びました。あくまで一つの見方ですので、あくまで一つの視点として捉えて頂ければと思います。

SIM MAXレスキュー(ハイブリッド)の詳細情報

テーラーメイドの2020年の新作ハイブリッド、SIM MAXレスキューについて、公式情報が発表されましたので、これまでの情報と合わせて取り上げます。

SIMのレスキューは1種類

SIMのハイブリッドは、SIM MAX レスキューのみとなります。ドライバーとフェアウェイウッドは、アスリート向けと思われるSIMドライバー、SIMフェアウェイウッドがありましたが、レスキューは1種類です。

レスキューにも「Vスチールソール」を搭載

出典:https://www.taylormadegolf.jp/

フェアウェイウッドには、Vスチールフェアウェイウッドに採用されたV字型のソールが復活しています。このVスチールソールは、SIM MAXレスキューにも搭載されています。

芝との設置面積が減りますので、抜けが良くなっていて、様々なライで使いやすさを発揮してくれます。

ツイストフェース・スピードポケットを搭載

レスキューにもツイストフェースとスピードポケットが搭載されています。

ツイストフェースによりオフセンターヒット時にも弾道の直進性が損なわれにくく、スピードポケットによりフェース下方でのヒットの際に飛距離のロスが抑えられます。

ロフト角・ライ角の調整機能は搭載されていない

ドライバーとフェアウェイウッドの一部には、ロフト角・ライ角の調整機能が搭載されていますが、SIM MAXレスキューには搭載されていません。

アスリート向けモデルは無い

M5・M6のシリーズでも、ハイブリッドはアベレージ向けと言われるM6のみで、アスリート向けと言われるM5はハイブリッドのみ発売がありませんでした。

そして、SIMでもハイブリッドはアベレージ向けと思われるSIM MAXレスキューのみとなっています。

プロもM6レスキューを使用していますので、ハイブリッドになると、プロ向け・アマ向けの区分けが引き続き無いのかもしれません。

SIM MAXレスキューのスペック

番手 3 4 5 6
ロフト角 19 22 25 28
ライ角 60 60.5 61 61.5
ヘッド体積 100 102 103 104
長さ 40.25 39.75 39.25 38.75

SIM MAXレスキューの標準シャフト

シャフト フレックス クラブ重量 シャフト重量 トルク バランス 調子
TENSEI BLUE TM60 S 約339g 約62g 2.9 D1
R 約334g 約57g 3.1 D1
KBS MAX85 JP S 約378g 約100g 1.8 D1.5 先中

SIM MAXレスキューの発売価格

  • TENSEI BLUE TM60 (S、R):34,000円+税
  • KBS MAX85 JP (S):31,000円+税