SIM MAX Dドライバー USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM MAX DドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM MAX Dドライバー USモデル

SIM MAX Dドライバーの試打動画

USモデルの試打・評価

こちらはSIM MAX DドライバーのUSモデルを取り上げた動画です。

  • SIMシリーズは全体的にフェード系の球がでやすいが、SIM MAX Dドライバーはサイドスピンが少ない。
  • 簡単にドローが打てるわけではないが、サイドスピンが少なく、ストレートな弾道に近い。
  • 打感はやや硬め。SIMドライバーよりは柔らかい。

日本モデルの試打・評価

こちらは後から日本テーラーメイドから発売となってSIM MAX Dドライバーの日本モデルを試打した動画です。

  • ドロータイプが日本で売られるのは久しぶり。
  • Dと謳う程、すごくつかまる感じではない。
  • SIM、SIM MAXはつかまりを抑えたドライバーのため、ニュートラルぐらい。
  • 打感はSIM MAXと近いか同じ。SIMは乾いた感じの打感。
  • 構えた時につかまえてくれそうな安心感はある。
  • ヘッドスピードが遅めの方向け。

ドローバイアス設計

出典:taylormadegolf.com

ヒール寄りにインナーウェイトが搭載されていて、ドローバイアス設計が採用されています。

これにより、重心距離が短くなり、スイング後半でヘッドをスクエアに戻しやすくなりますので、ボールのつかまりが良くなります。

なお、多くのゴルフ評論家、試打者が述べている通り、SIMシリーズはもともとフェード系が出やすいクラブのため、ドローバイアスと言えど、ドローが出やすいわけではなく、どちらかと言えば、フェード系からニュートラルになったと感じられる方が多いようです。

いずれにしても、SIMシリーズの中では最もつかまりが良いドライバーとなりますので、右に出やすい方、スライス気味の方にはスタンダードなSIM MAXドライバーよりも適しています。

ラージフェース

出典:taylormadegolf.com

SIM、SIM MAX、SIM MAX Dとなるにつれ、フェース高が確保されていて、ラージフェースになっています。より構えやすく、ミスへの許容性も高まっています。

また、フェースのトップラインも他の2モデルと比べると奥に下がっていてグース気味になっています。この違いも、球のつかまりのよさにつながり、構えた時も安心感があります。

SIM MAX Dドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:56~60°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ

標準シャフト

UST Helium 5

フレックス 重量 トルク 弾道高さ スピン
S 54g 5.5 中~多
R 53g 5.5 中~多
A 49g 6.1 中~多

SIM MAX DドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、日本モデルとUSモデルで公式サイトで掲載されているデータに違いはありません。いずれもロフト角が9、10.5、12°の3種類となっています。

シャフトについては、日本モデルではSIM MAXとSIM MAX Dで標準シャフトが同じTENSEI BLUE TM50となっていますが、USモデルではSIM MAXとSIM MAX Dで標準シャフトが異なっています。

VENTUS BLUE 6からUST Helium 5になっていて、約11g軽量でスピンが入りやすく、打ち出しも高いシャフトになっています。

SIM MAX DドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでのSIM MAX Dドライバーの掲載価格を見てみますと、USは$499.99、日本は73,000円となっています。1ドル105円で計算すると約2万円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで簡単に購入できる

USモデルの購入については、特に難しい点はありません。日本の小売りでも取り扱いが増えていて、ネットでも多数出品されています。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


MACK DADDY(マックダディ) CB ウェッジの最新情報|発売開始は2020年9月

キャロウェイから発売のMACK DADDY CB ウェッジについて取り上げます。

マックダディ CB ウェッジ の外観と特徴


こちらがキャロウェイから発売のマックダディ CBウェッジです。ウェッジでは、通常、スピン性能、抜けの良さが特徴として強調されますが、ウェッジとしては珍しく、キャビティーバック形状が採用されています。

アイアンからのつながりが良い大型ヘッドを採用

マックダディ CBウェッジは、ヘッドが大型で、ここ数年で人気となっているディスタンス系アイアンの大型ヘッドに対応しています。

アイアンからウェッジへのつながりが良くなり、違和感なく使いやすくなっています。

キャビティー形状によりミスヒットに強い

ウェッジでは珍しいキャビティーバック形状が採用されています。

フェース周辺に重量外配分されることで、慣性モーメントが高くなりますので、ミスショットに対する許容性に優れています。

ドライバーと違って、ウェッジは様々なコンディションで使われますので、芯で捉えるのが難しいケースが多いクラブです。打点のバラつきに悩んでいる方には、おすすめのヘッド形状です。

フルフェーススコアラインを採用

フルフェーススコアラインが採用され、ほぼフェース前面にスコアラインが施されています(54°以降の番手)。

特にトゥ側はギリギリまでスコアラインがありますので、フェースの先で捉えた場合でも、スピンが掛かりやすくなっています。

大幅ソールを採用

ソール幅はかなり厚めになっています。深低重心により慣性モーメントが高まる効果に加えて、ダフリにくくなっています。

ロフト角は46~60°まで2°のピッチ感覚で用意されています。最近のアイアンはストロングロフトによりロフト角が小さくなる傾向にあり、ウェッジとのつながりが難しくなることがあります。

マックダディ CBウェッジは46°から選べますので、アイアンとウェッジのつながりをスムーズにすることができます。

マックダディ CB ウェッジ のスペック

ロフト角(°) 46 48 50 52 54 56 58 60
バンス(°) 10 12 14 10
ライ角(°) 64
長さ(in) 35.75 35.5 35.25 35

マックダディ CB ウェッジの発売日・発売価格

マックダディ CB ウェッジの発売日は、2020年9月25日が予定されています。発売価格は23,000円です。

  • N.S.PRO ZELOS 7
  • NSプロ950GH neo

PING G400からG410 PLUSドライバーへの移行で注意したい3つのポイント!

PINGのG410 PLUSドライバーは、G400ドライバーの後継モデルとなります。

G400ドライバーからG410 PLUSドライバーに買い替え・移行する際に把握しておきたいポイントについてまとめました。

ウェイト調整機能をPINGで初めて搭載


出典:ping.com

G410 PLUSドライバーの最大の特徴は、ウェイト調整機能が搭載されている点です。

ドライバーの重心調整機能は、ゴルフ界全体では随分前からありますが、PINGでは初めての搭載となります。

PINGとしては、ここ最近のGドライバーの全てでタービュレーターを搭載していて、空力効果を前面に出していました。

特に、ヘッド後方にはVORTECというエアロダイナミクスのテクノロジーを入れていましたので、ヘッドにギミックを搭載することに対して、かなりのジレンマがあったものと思います。

そのため、ウェイト調整機能が搭載されたことは、やや驚きではありましたが、市場では好意的に受け入れられているようです。

切り替えは、ニュートラル、ドロー、フェードの3段階に限定され、間の微調整は行えませんが、弾道調整することができます。

試打された方の意見では、DRAWにすればSFT、FADEにすればLSTに近づくといった評価も聞かれます。

可変スリーブの互換性について

出典:ping.com

G410もG400も、可変スリーブが搭載されていて、ロフト角を調整することができます。

ただし、G410では可変スリーブがトラジェクトリー・チューニング 2.0になっていまして、G400と互換性がありません。

G400のシャフトをそのままG410に刺すことができませんので、この点は、予め把握しておきたいところです。

なお、G410の可変スリーブは、従来の±1.0°から±1.5°に最大調整幅が広がっていますので、この点は進化していてメリットとなります。

ヘッド体積が10ccアップしている

G400のスタンダードモデルは、ヘッド体積が445ccでしたが、G410 PLUSは455ccになっていて、10ccヘッド体積が大きくなっています。

最近のドライバー市場の傾向として、上級者向けモデルでも460ccにサイズアップしていたり、こぶりなモデルが廃止されていますので、その流れに沿った変更とも言えそうです。

大きなヘッド体積を求める方にとって、好ましい変更となっています。

PING G410 PLUSドライバー・G400ドライバーのスペック比較

G410 PLUSドライバーのスペック

ロフト角 9/10.5/12°
ライ角 59.5°
ヘッド体積 455cc
標準シャフト ALTA J CB RED
長さ 45.75インチ
フレックス X/S/SR/R
シャフト重量 60/55/50/45g
クラブ重量 約293g(Rスペック)
トルク 4.4/4.7/5.2/5.9
キックポイント 中/中/中先/先

G400ドライバーのスペック

ロフト角 9/10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 445cc
標準シャフト ALTA J CB
長さ 45.75インチ
フレックス TS/S/SR/R
シャフト重量 60/55/50/45g
クラブ重量 約294g(Rスペック)
トルク 4.4/4.7/5.2/5.9
キックポイント 中/中/中先/先

PING G410 PLUSドライバー 試打・評価・徹底解説

G410 PLUSドライバー USモデルの特徴・違い

 

SIM MAX OSアイアンの試打・評価まとめ

テーラーメイドの2020年モデルの「SIM」から発売のSIM MAX OSアイアンについて、試打・評価をまとめました。

SIM MAX OSアイアンは、ヘッドサイズが大きいのが特徴

SIMシリーズからは2種類にアイアンが発売となっています。左がSIM MAXアイアン、右がSIM MAX OSアイアンです。

以前は、M5アイアン、M6アイアンといったように、モデルが完全に異なっていましたが、SIMシリーズではSIM MAXというモデル名が同一になっています。

本記事で取り上げるのは、SIM MAX OSアイアンで、ヘッドサイズが大きくやさしい方のアイアンです。

  • SIM MAX アイアン
    高弾道・高初速で、打感も優れている
  • SIM MAX OS アイアン
    SIM MAXアイアンより軽くて大きい。ワイドソール・低重心で、高弾道で飛距離が出る

SIM MAX OSアイアンの特徴を解説

SIM MAX OSアイアンについて、打ラボしだるチャンネルで注目の石井プロが詳しく解説されています。

  • SIM MAXアイアンと比べると、後ろのエコーダンピングシステムがはっきり見えるので、深く、大きくなっているのが特徴。
  • SIM MAXとSIM MAX OSアイアンを打ち比べてみると、SIM MAX OSアイアンの方が10~15ヤード飛ぶ。
  • 球の高さは変わらないので、飛ぶ要素が強いことが分かる。
  • スピードポケットが搭載されていて、芯を外してもボール初速がしっかり出る。

SIM MAX OSアイアンを試打

GOLF PLAYING 4さんにてSIM MAX OSアイアンを試打されて、解説されています。

  • M6アイアンと似ている。
  • SIM MAX OSアイアンは、7番で26°。ロフトが立っている。
  • AP2アイアンの5番アイアンが26°で同じだが、同じロフトでもSIM MAX OSアイアンの7番の方がスピンは入らない。
  • SIM MAX OSアイアンは、高さで止める感じになると思う。

SIMアイアンが存在しない理由

今回のSIMシリーズでは、冒頭でも少し触れましたが、ドライバーやフェアウェイウッドはSIMとSIM MAXの2ラインなのに対して、アイアンではSIMがなく、SIM MAXが2種類となっています。

前年のMシリーズでは、M5アイアンとM6アイアンがありましたので、モデル構成に違いがあります。

これまでのアイアンで、M5かM6か、または、M3かM4かを悩まれていた方にとっては、気になるところかと思います。SIMアイアンが存在しない理由については、みんなのゴルフダイジェストさんにて解説されています。

最後になぜドライバーは「SIM」と「SIM MAX」、フェアウェイウッドも「SIM」と「SIM MAX」なのに、アイアンは「SIM MAX」と「SIM MAX OS」なのかだが、テーラーメイドの説明によれば、「SIM」に対応するアイアンは同社の「P790」アイアンなのだという。
引用:https://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17331480

ということで、SIMアイアンは、P790アイアンが該当するそうです。なるほどなるほど・・・んっ?

P790アイアンって2017年と2019年に発売されていて、M5の時期と被ってますので、SIMとM5が継承関係にあるとすると、M5とP790はどうなるのか?と考えてしまいますが、この辺りはSIMになって、遂に理想的なモデル構成になったと考えれば良いのかもしれませんね。

≫ テーラーメイド P790アイアン 2019の最新情報!前作よりも低重心!

 

【飛距離アップしたい人向け】ゴルフ ティー人気・おすすめランキング

ゴルフのティーは、一昔前と違って、色々なタイプのものがあります。

特に、物理的なアプローチから飛距離アップにつながる仕組みや工夫を取り入れたものが増えていて、少しでも遠くに飛ばしたいゴルファーから注目されています。

そこで、本記事では飛距離アップを狙ったゴルフティーについて、人気・おすすめの商品をランキング形式で紹介します。

第1位 ダイヤ トマホークティー

<ここに注目!>

  • ボールを6つの点で支えて抵抗を抑える
  • アジャスター付きで、毎回、同じ高さにボールをセットできる

色々なタイプのティーをプロデュースしているダイヤのトマホークティーです。

上から見ると六角形の王冠型になっていて、ボールを点で支える構造になっています。

また、台座の下の部分はアジャスター機能が付いていて、40~50mmに調節することができますので、毎回、地面に出ている部分を同じ高さにすることができます。

第2位 タバタ アクションティー

<ここに注目!>

  • ティーがしなって、抵抗を抑えてくれる

ゴルフの小物・グッズで様々な商品を提供しているタバタ。アクションティーは、スリム化されてしなりが良いため、抵抗が少なく、振り抜きやすさが特徴です。

ボールを支える部分は、8方向に足が伸びていますので、抵抗を抑えつつ安定感も抜群です。

第3位 4ヤード モア ティー

<ここに注目!>

  • ロボットテスト、フィールドテストで証明
  • 柔らかな6ピン形状により、抵抗が少なく、スピンを抑える

4ヤードモアという名前が付けられいて、飛距離アップを狙ったアメリカ製のティーです。ロボットテスト、フィールドテストにより飛距離アップが証明されたという商品です。

柔らかな6つのピンで支える構造で、抵抗が少なく、スピンも抑えられます。

第4位 nanameッティ(ナナメッティ)

<ここに注目!>

  • プロも採用するナナメ刺し専用のティー
  • スピン量を抑えて、飛距離を伸ばしてくれる

プロの間でもティーを斜めに挿す様子がTVなどでも確認されていて、斜め刺しの効果について注目されています。

nanameッティは、まさに斜め挿し専用の商品です。

普通のティーを斜めに挿すと、ボールを乗せにくくなりますが、斜め専用に作られていますので、ボールを乗せやすく、地面にも斜めに挿しやすくなっています。

第5位 ライト ブラッシュティー

<ここに注目!>

  • 台座がブラシになっていて、抵抗を抑えてくれる

ゴルフの小物系を数多く手掛けるライトのブラッシュティーです。

メーカーの説明では、「良く飛んで曲がらない」と謳われています。ボールと触れる部分がブラシになっていて、他のティーと同様に抵抗を抑えてくれるというメカニズムのようです。

まとめ

飛距離を伸ばしたい人向けのゴルフティーについて、おすすめ人気の商品をランキング形式で紹介しました。

基本的にはボールと接触する部分を工夫する、台座の下の部分を柔らかくする等で、全体的な抵抗を抑えたものが多いです。

唯一、ナナメッティについては、プロでも採用しているティーの斜め刺しのための商品で、他とメカニズムが異なっています。

ゴルフはメンタルに大きく左右されるスポーツですので、ティーを変えたという意識だけでも大きな影響が出る可能性があります。

ご自分で、これは効果がありそう!と思えるものを使うと、総合的にプラスに働いてくれると思われます。