スリクソン Z585とZ785アイアンの違いを徹底解剖・評価!

SRIXONのZ85シリーズから発売のZ585アイアンとZ785アイアンについて、違いを取り上げます。

スリクソンZ585・Z785アイアン

スリクソンのZシリーズアイアンの2018年モデルは、Z585アイアンとZ785アイアンの2種類が発売されています。

Zアイアンはこれまでマッスルバック、ハーフキャビティー、キャビティーの3種類を発売していましたが、2018年モデルではマッスルバックが廃止され、キャビティー、ハーフキャビティーの2種類となっています。

Z585アイアンはポケットキャビティーでミスに強い

Z585アイアンは、ポケットがあるキャビティー構造が採用されています。Z785アイアンもハーフキャビティーのためヘッド外周が肉厚になっていますが、Z585の方がより肉厚になっています。

ミスへの許容性が高いため、打点がばらついてしまう方にとって、飛距離ロスが少なく収まります。

スリクソンはアスリートブランドという印象がありますが、Z585アイアンは、上を目指すアベレージゴルファーが充分使うことができます。

Z785アイアンは打点エリアが肉厚で、打感が良い

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2018/sp/2018_s90.html

Z785アイアンのバックフェースは、打点が集中するセンターに厚みを持たせた形状となっています。

芯で捉えたときに柔らかさが感じられ、しっかりと押し込んで行ける感覚が得られます。

Z585は飛距離と寛容性なのに対して、Z785は操作性と打感が優れています。

Z585の方がソールが厚い

左がZ585、右がZ785アイアンです。どちらも前後にバンスがあるV字型の形状をしていて、抜けの良さが特徴となっています。

ソールそのものは、Z585アイアンの方が厚めになっています。

ダウンブローに打ち込んで行きたい方はZ785アイアン、払い打ちタイプの方はZ585アイアンが扱いやすくなっています。

ネック形状の違い

左がZ585、右がZ785アイアンです。Z585アイアンの方がグースが効いています。

グースが効いている分、Z585の方がボールをつかまえやすく、右に出にくく、飛距離も出やすくなっています。

Z785アイアンはほぼストレートなネック形状で、球を操作したい人におすすめの形状となっています。

Z585アイアンの方がロフトが立っている

7番アイアンのロフト角を比較すると、Z585アイアンは31°、Z785アイアンは32°となっています。

アスリート向けモデルとして捉えると、ややストロングですが、アベレージ向けと考えると、かなりフェースが寝ています。

Z585を飛距離重視と言い分けられていますが、上げて落とすというアイアン本来の使い方がしやすいスペックになっています。

Z585・Z785アイアンの公式動画

Zシリーズアイアン2018年モデルの公式動画です。Z585 アイアン、Z785アイアン、ZU85ユーティリティについて紹介されています。

Z585・Z785アイアンのスペック

Z585アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 FP 長さ
4 22 60.5 2.7 38.5
5 24 61 2.9 38
6 27 61.5 3.2 37.5
7 31 62 3.5 37
8 35 62.5 3.9 36.5
9 39 63 4.1 36
PW 44 63.5 4.6 35.5
AW 50 63.5 4.9 35.5
SW 56 63.5 5.3 35.5

Z785アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 FP 長さ
3 20 60 2.9 38.75
4 22 60.5 3 38.25
5 25 61 3.4 37.75
6 28 61.5 3.5 37.25
7 32 62 3.8 36.75
8 36 62.5 4.1 36.25
9 41 63 4.5 35.75
PW 46 63.5 4.9 35.25
AW 51 63.5 5.4 35.25
SW 57 63.5 6 35.25