JPX923の全アイアンを一挙紹介!ホットメタル・ホットメタルPRO・ホットメタルHL・FORGED・TOUR

ミズノのJPXシリーズから、2023年モデルのアイアンが発売となっています。

JPX923のアイアン全5機種について、スペック・発売日について取り上げます。

JPX 923のアイアンは5機種

ワールドワイドで人気のあるミズノのJPXシリーズから、JPX923のアイアンが2022年9月16日に発売されます。

今回のシリーズでは全部で5機種あり、2021年のJPX921よりも1機種多いラインナップとなっています。

ホットメタルが3機種、鍛造が2機種

5機種の打ち分けは、鋳造のホットメタルが3機種、鍛造が2機種となっています。

<ホットメタル>

  • JPX923 ホットメタル アイアン
  • JPX923 ホットメタル  PROアイアン
  • JPX923 ホットメタル  HLアイアン

<鍛造>

  • JPX923 FORGED アイアン
  • JPX923 TOUR アイアン

これまでに無い新たなモデルとして、ホットメタルにHLが加わっています。

HLは、恐らく「High Launch」を意味していて、ロフトが寝た高弾道モデルとなっています。

JPX923 ホットメタル アイアン

特徴

  • キャビティバック
  • 7番のロフト角は28.5°
  • ウェッジは、PW、GW、SWの3種類
  • セミストロングロフト
  • ややグースネック

スペック

番手 ロフト角 ライ角 バウンス角 FP 長さ バランス
5 22 60.5 2 1.2 37.75 D1
6 25 61 3 1.5 37.25 D1
7 28.5 61.5 4 1.8 36.75 D1
8 33 62 5 2.2 36.25 D1
9 37.5 62.5 6 2.7 35.75 D1
PW 42.5 63 7 3.3 35.25 D2
GW 48 63 9 4.3 35 D2
SW 54 63 13 4.7 35 D2

JPX923 ホットメタルPRO アイアン

特徴

  • キャビティバック
  • 7番のロフト角は28.5°
  • ウェッジは、PWのみ
  • セミストロングロフト
  • ほぼストレートネック

スペック

番手 ロフト角 ライ角 バウンス角 FP 長さ バランス
5 22 60.5 2 3.0 37.75 D3
6 25 61 3 3.2 37.25 D3
7 28.5 61.5 4 3.4 36.75 D3
8 33 62 5 3.6 36.25 D3
9 37.5 62.5 6 3.8 35.75 D3
PW 42.5 63 7 4.0 35.25 D4

JPX923 ホットメタルHL アイアン

特徴

  • キャビティバック
  • 7番のロフト角は31°
  • ウェッジは、PW、GW、SWの3種類
  • グースネック

スペック

番手 ロフト角 ライ角 バウンス角 FP 長さ バランス
5 25 60.5 1 0.3 37.75 C9
6 28 61 2 0.6 37.25 C9
7 31 61.5 3 0.9 36.75 C9
8 35 62 4 1.6 36.25 C9
9 40 62.5 5 2.3 35.75 C9
PW 45 63 6 3 35.25 D0
GW 50 63 8 3.5 35 D0
SW 55 63 12 4 35 D0

JPX923 FORGED アイアン

特徴

  • 7番まではクロモリ素材、8番以降は軟鉄
  • 製法は鍛造
  • 7番のロフト角は30°
  • ウェッジは、PW、GWの2種類
  • ネックはストレート

スペック

番手 ロフト角 ライ角 バウンス角 FP 長さ バランス
4 21 60 2 2.8 38.25 D2
5 24 60.5 3 3 37.75 D2
6 27 61 4 3.2 37.25 D2
7 30 61.5 5 3.4 36.75 D2
8 34 62 6 3.6 36.25 D2
9 39 62.5 7 3.8 35.75 D2
PW 44 63 8 4 35.25 D3
GW 49 63 9 4.3 35 D3

JPX923 TOUR アイアン

特徴

  • 軟鉄鍛造
  • 7番のロフト角は34°
  • ウェッジは、PWのみ
  • ネックはストレート

スペック

番手 ロフト角 ライ角 バウンス角 FP 長さ バランス
4 24 60 3 3.4 38.25 D2
5 27 60.5 3 3.5 37.75 D2
6 30 61 4 3.6 37.25 D2
7 34 61.5 5 3.7 36.75 D2
8 38 62 6 3.8 36.25 D2
9 42 62.5 7 3.9 35.75 D2
PW 46 63 8 4 35.25 D3

ステルスアイアンの 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドから発売されているステルスアイアンについて取り上げます。

ステルスアイアン

テーラーメイドの2022年モデルである「ステルス」。アイアンは、ステルスアイアン1機種のみが発売されています。

「ステルスMAX アイアン、ステルスMAX OS アイアンが追加販売されるので?」という予想も巷では囁かれていますが、当記事を執筆している時点では正式な情報はありません。

前年のSIM2シリーズでは、SIM2 MAXアイアンとSIM2 MAX OSアイアンの2機種があり、特にSIM2 MAX OSアイアンは、弾道のブレなさ、ぶっ飛び性能が優れていて高い評価を得ていました。

今作のステルスアイアンはSIM2 MAX OSというより、SIM2 MAXアイアンに近いため、MAX OSの後継に当たるようなモデルが無いのは、少々残念なところです。

ステルスアイアンは、M5・M6から続くバックフェースの斜めのデザインがなくなり、アスリート向けのPシリーズにデザインが近寄っています。

アベレージゴルファー向けながら、ルックスがシャープで格好良い点も魅力の一つと言えます。

スペック面では、7番で28°の37.25インチで、おとなしめのディスタンス系です。強烈な飛びだけでなく、上がりやすさも欲しい方に適しています。

ステルスアイアンの試打・評価

テーラーメイド ステルスアイアン トラックマン試打

  • テーラーメイドの2022年NEWモデルは『STEALTH(ステルス)』。 アイアンはこれまでの2機種から1機種となり、形状とデザインがよりシャープな印象になりました。
  • 新たに開発された「トウラップテクノロジー」で、さらなる低重心化。 トウ側の金属を取り去って、約10gの余剰重量をソール後方に配置。 大胆な重量配分が可能になっています。
  • テーラーメイドおなじみのテクノロジー、「ICTフェース」、「エコーダンピングシステム」、「貫通型スピードポケット」、「フルーテッドホーゼル」なども搭載。
  • 7番のロフト角は28度とよりストロングに。高さと飛距離を出せるやさしさ重視のディスタンス系アイアンです。

Taylormade STEALTH Irons VS SIM2 MAX

【2022年発売モデル】テーラーメイド 『STEALTH(ステルス)』アイアンは、フェースの反発性能を高め、より速いボール初速を実現するため「トウラップテクノロジー」を採用し、「飛距離」と「寛容性」、そして「フィーリング」にも優れた新たな形のディスタンスアイアンです。

今回は『STEALTH(ステルス)』アイアンと前モデルの『SIM2 MAX』アイアンを打ち比べて試打計測レビューしました。

  • 【訂正】動画上でシャフト(KBS MAX MT85 JP)の重さが同じモデルなのにカタログ重量が異なると述べておりますが、同じモデルで同じスペックです。※ステルスアイアンはカット前の重量約109g、SIM2アイアンはカット後暫定重量約93gでカタログの表記方法が違いました。
  • ステルスの方がヘッドバランスがあるので重く感じたようですがシャフト重量は同じですので90g前後のシャフトをお使いの方はご検討頂けるスペックになっております。

テーラーメイド・ステルスアイアンをヘッドスピード別試打!こんなアイアンが今後の主流になる!?

一挙に多モデルがラインアップされる最近のトレンドの中、テーラーメイドの自信の表れか、ワンモデルだけで勝負に出たテーラーメイド。

【ステルスアイアン】は、いったいどんなゴルファーをターゲットにしているのか? その疑問を探るべく、今回はヘッドスピード別の試打を行い検証。

<伊藤元気プロが試打した【ステルスアイアン】>

  • ロフト:7番(28度)
  • シャフト: KBS MAX MT85 JP

ステルスアイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ
5 21 62 38.5
6 24 62.5 37.875
7 28 63 37.25
8 32 63.5 36.75
9 37 64 36.25
PW 43 64.5 35.75
AW 49 64.5 35.5
SW 54 64.5 35.25

ステルスアイアンのシャフト

シャフト 硬さ シャフト重量 トルク 調子
TENSEI RED TM60 (’22) S 約68g 2.9
R 約61g 3.1
KBS MAX MT85 JP S 約109g 1.8 先中
R 約109g 1.9

i230アイアンの全容が見えてきた!

PING i230アイアンの実物写真

PINGのi230の映像がSNSに投稿されています。

PATENT情報から発売されることは予測されていましたが、実際の映像を捉えたのは、今回が始めてです。

このモデルが注目される理由の一つが、i210の後継機種である点です。

i210アイアンは、女子プロを中心として、多くのツアープロに使用されていて、非常に評価の高いモデルです。

エラストマーTCPは搭載か!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gappy Hilmore(@allgolfequipment)がシェアした投稿


i210アイアン、そしてその前のモデルのI200アイアンで共通している点として、フェース裏にエラストマーTCPが搭載されていて、フィーリングを向上させていることが挙げられます。

今回のi230アイアンでも、バックフェースに後から蓋をしたようなパーツが確認できますので、恐らくエラストマーTCPが幅広く搭載されているのではないかと思われます。

トゥにスクリューウェイトを搭載!?

投稿されている映像には、ヘッドのトゥ側が映し出されているものがあります。

i210では無かったものとして、i230ではトゥ側にスクリューウェイトのようなものが搭載されています。

これは、i525アイアンなど最近のPINGのアイアンでは必ず搭載されています。

ネック寄りに重量が集中しやすいアイアンの弱点を補う意味で、高比重金属をトゥ側に埋め込むことで、重心位置の調整や左右慣性モーメントの増大が図られていると思われます。

ハイトゥライクなヘッド形状

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gappy Hilmore(@allgolfequipment)がシェアした投稿

ヘッドの全体的な印象は、ソール厚を持たせた独特な形状で、i210の後継と一目で分かります。

ただ、ヘッドの形状に関しては、i210よりもトゥ側の高さが感じられる形状です。

EYE2とまでは行きませんが、ややハイトゥな形状になっています。

これは、面長感を出してやさしい印象を与えている、トゥ寄りの重量を増すといった狙いが考えられます。

まとめ

PINGのi230アイアンについて、SNSで流れている実物映像、そして、そこから分かるi230の特徴について取り上げました。

i210アイアンの発売から、既に4年経過していて、後継が待ちに待たれていました。

恐らく、2022年中には発売されるものと思われますので、秋ごろまでにはメーカーの公式情報も出てくるのではないかと思います。

ローグSTの全アイアンを一挙紹介!MAX・MAX D・MAX LS・MAX FAST

キャロウェイから2022年に発売のローグ STシリーズ。アイアンは4機種のモデルが発売となっています。

ローグSTのアイアン全4機種について、スペック・発売日・発売価格について取り上げます。

ローグSTのアイアンは4機種

キャロウェイのローグSTシリーズから、アイアンは4機種の充実のラインナップとなっています。

前年のEPICで、アジア市場向けの軽量シリーズであるMAX FASTから、アイアンも発売されまして、今回のローグSTでもMAX FASTのアイアンが発売となっています。

今回のローグSTが評価されていることの一つに、モデルの充実っぷりが挙げられます。

ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンまで、ノーマル、ドロー・大型、低スピン・小ぶり、軽量の4タイプが抜けなく揃っています。

つまり、ドロー・大型タイプを使いたい方は、ドライバーからアイアンまで同じテイストのクラブを揃えることができることを意味しています。

MAX系の3機種は、ポケキャビでグースもしっかり

MAX、MAX OS、MAX FASTの3機種は、全てポケットキャビティ形状です。PROの中空構造が採用されています。

MAX系3機種は、グースもしっかり効いていて、球をしっかり捉えて、つかまえた強い球が出やすくなっています。

ワイドなソールで、球が上がりやすく、ダフりにくく、ポケキャビとの相乗効果でミスにも強さを発揮してくれます。

4機種の弾道と操作性

*出典:callawaygolf.jp

4機種のアイアンの特徴について、操作性、弾道の高さでマッピングしたものが、公式サイトで公開されています。

オートマッチクで球が上がりやすい方向をやさしいと捉えると、以下の順にやさしさが増していきます。

PRO < MAX < MAX OS < MAX FAST

一つ注意が必要な点として、やさしいアイアンほど、ロフト角が立ってくる傾向にありますが、MAX OSよりもMAXの方がロフトは立っています。

ローグST MAXアイアン

特徴

  • 7番のロフト角は27.5°
  • ウェッジは、PW、AW、GW、SWの4種類
  • ストロングロフト
  • オフセットが大きめでつかまりが良い

スペック

番手 クラブ長さ ロフト角 ライ角
I#5 38.25 21.5 61.25
I#6 37.625 24.5 62
I#7 37 27.5 62.5
I#8 36.5 32 63
I#9 36 36.5 63.5
PW 35.75 41 64
AW 35.5 46 64
GW 35.25 51 64
SW 35 56 64

発売日・発売価格

発売日は、2022年3月18日。

  • VENTUS 5 for Callaway(R)
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)
  • Dynamic Gold 95(S200)
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)
  • N.S.PRO Zelos 7(S)
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)

ローグST MAX OSアイアン

特徴

  • 7番のロフト角は28.5°
  • ウェッジは、PW、AW、GW、SWの4種類
  • MAXタイプの中で最もロフトが寝ている
  • オフセットが大きめで、つかまりが良い

スペック

番手 クラブ長さ ロフト角 ライ角
I#5 38.25 22.5 61.5
I#6 37.625 25.5 62
I#7 37 28.5 62.5
I#8 36.5 32 63
I#9 36 36.5 63.5
PW 35.75 41 64
AW 35.5 46 64
GW 35.25 51 64
SW 35 56 64

発売日・発売価格

発売日は、2022年4月1日。

  • VENTUS 5 for Callaway(R)
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)
  • Dynamic Gold 95(S200)
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)
  • N.S.PRO Zelos 7(S)
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)

ローグST PROアイアン

特徴

  • 7番のロフト角は30.5°
  • ウェッジは、PWのみ
  • シリーズの中で唯一の中空構造
  • ネックはグースが抑えてあり、意図した方向に打ちやすい

スペック

番手 クラブ長さ ロフト角 ライ角
I#4 38.5 21 60.5
I#5 38 23.5 61
I#6 37.5 26.5 61.5
I#7 37 30.5 62
I#8 36.5 34.5 62.5
I#9 36 38.5 63
PW 35.75 43 63.5

発売日・発売価格

発売日は、2022年3月18日。

  • Dynamic Gold 105(S200)
    単品(I#4) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    6本セット(I#5-9,PW) ¥158,400(税抜価格¥144,000)
  • Dynamic Gold 95(S200)
    単品(I#4) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    6本セット(I#5-9,PW) ¥158,400(税抜価格¥144,000)

ローグST MAX FASTアイアン

特徴

 

  • 7番のロフト角は27.0°
  • ウェッジは、PW、AW、GW、SWの4種類
  • 軽量モデルで楽に振れる
  • シリーズの中で最もストロングロフト
  • オフセットが大きめで、つかまりが良い

スペック

番手 クラブ長さ ロフト角 ライ角
I#5 38.25 22 60.5
I#6 37.625 24 61
I#7 37 27 61.5
I#8 36.5 31 62
I#9 36 36 62.5
PW 35.75 41 63
AW 35.5 46 63.5
GW 35.25 51 64
SW 35 56 64

発売日・発売価格

発売日は、2022年3月18日。

  • SPEEDER NX 40 for Callaway(R) SHAFT
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)
  • N.S.PRO 850 neo(S)
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)
  • N.S.PRO Zelos 7(S)
    単品(I#5,AW,GW,SW) ¥26,400(税抜価格¥24,000)
    5本セット(I#6-9,PW) ¥132,000(税抜価格¥120,000)

M2アイアン USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのM2アイアンのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

M2アイアン USモデル

スピードポケットがミスを許容

M2アイアンはソールにスピードポケットが搭載されています。特にフェース下方でのオフセンターヒット時に、ミスの許容性を発揮し、飛距離の大幅な落ち込みを抑えてくれます。

グースが効いたつかまり感のあるネック

ネック形状はオフセットがあり、グースが効いた形状となっています。

ボールのつかまりを良くしてくれますので、つかまえて大きく飛ばしやすくなっています。

また、トップブレードが厚めになっていますので、フェース外周部に剛性があり、ミスへの許容性が高くなっています。

低重心で高弾道を実現

M2アイアンはソールがしっかりめになっていて、重心が下に集められています。

低重心設計により、ボールが上がりやすくなっています。

ロフト角は7番で28.5°と、ややストロングロフトですが立ち過ぎていませんので、ボールの上がりやすさと飛距離のバランスに優れています。

とにかく飛ばしたい人というより、中程度の飛び系で、球が上がって打感も良いものを求める方におすすめです。

M2アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 オフセット 長さ バランス
4 19° 61.5° 5.8mm 38.88″ D2
5 21.5° 62° 5.2mm 38.25″ D2
6 25° 62.5° 4.7mm 37.63″ D2
7 28.5° 63° 4.2mm 37.00″ D2
8 33° 63.5° 3.5mm 36.50″ D2
9 38° 64° 3.0mm 36.00″ D2
PW 43.5° 64.5° 2.6mm 35.50″ D2
AW 49° 64.5° 2.2mm 35.50″ D2

標準シャフト

  • M2 REAX S-75G
  • M2 REAX R-65G
  • M2 REAX A-55G
  • REAX 88HL by FST S

M2アイアンのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角、ライ角、長さはUSモデルと日本モデルで違いがありません。アイアンはロフト角が異なるケースがありますが、M2アイアンは同じ設定となっています。

ただし、クラブセッティングには違いがありまして、USモデルにはSWがなく、日本モデルには4番がありません。全体本数は変わりませんが、1番手ずれています。

シャフトの種類については、2017年の発売当時、日本ではカーボンがTM7-216、スチールがREAX-90 JPでしたが、当記事執筆時点では日本でもワールドワイドモデルとなっていて、カーボンがREAX 17、スチールがREAX88 HLとなっています。

また、シャフトの硬さについては、USと日本で基本的に異なっています。またUSモデルの場合は、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

M2アイアンのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

しかし、M2アイアンについては、USと日本の公式サイトでの価格を見てみますと、USはカーボンシャフトの4~Pの7本セットが$599.99、日本はカーボンの5~Pの6本セットで29,900円となっています。日本の方はセットが1本少ないので、単品でSWを加えても34,883円です。

1ドル110円で計算すると約30,000円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト