2024 ゼクシオ13とゼクシオX(エックス) ハイブリッドの違いを比較

ゼクシオから2024年モデルとして発売のゼクシオ13ハイブリッドとゼクシオX(エックス)ハイブリッド。

同時に発売の2つのゼクシオについて、違いを比較しながら詳しく解説します。

ゼクシオ13・ゼクシオX ハイブリッド 2024

ゼクシオの2024年モデルは、レギュラーモデルが13代目となるゼクシオ13、エックスは3代目が発売となっています。

どちらもベースとなるテクノロジーが同じで、特徴もとても似通っています。

とは言え、対象ゴルファーが異なるため、当然ながら特徴付けもされていますので、2つのモデルの特徴やスペックを具体的に比較しながら違いを解説します。

ゼクシオ13は軽量・長尺、ゼクシオXは長さも重さも標準

ゼクシオ13ハイブリッドとゼクシオXハイブリッドは、テクノロジー面ではほぼ同じものが搭載されています。

モデル ゼクシオ13 ゼクシオX
BiFLEX FACE
Activ Wing
CANON SOLE
REBOUND FRAME
ライトカップフェース
ライトウェイト クラウン
ステップ クラウン
ウェイトプラステクノロジー

ここまで同じですから、当然、目指す方向も同じです。

とは言え、モデルを分けているだけあって対象ゴルファーに違いがありますし、その結果、ゴルフクラブとしての味付けも異なっています。

そして、それが最も顕著に表れているのが長さと重量です。

モデル ゼクシオ13 ゼクシオX
長さ 40.75″ 40.5″
クラブ重量 318g(R) 338g(S)
ヘッド重量 229g 229g
シャフト重量 41g 54g
グリップ重量 43g 49.5g

ゼクシオXの方は、標準的なアベレージゴルファー向けの長さ・クラブ重量なのに対して、ゼクシオ13は0.25インチ長尺でクラブ重量もかなり軽めです。

ゼクシオ13とゼクシオXで迷われている方は、ゼクシオ13にするとやや長尺で軽いという点は踏まえておく必要があります。

加えてシャフトも柔らかめとなっています。

ゼクシオ13は、ヘッドスピードが遅めの方、シャフトのしなりを活かす方に適しています。

フェースの見え方が違う

 

左のゼクシオ13の方は、前作に引き続いてフェースがシルバーですが、ゼクシオXの方はボディと同じくブラックになっています。

そのため、構えた時にゼクシオ13の方はフェース面を意識しやすく、ネック付近のカラーリングの工夫もあってオフセットを感じやすくなっていますので、やさしさとつかまりの良さを感じさせてくれます。

一方、ゼクシオXの方はブラック一色のため、同じヘッド体積ながらもヘッドがコンパクトに見えます。

なお、フェース形状は、どちらも面長でトゥがやや高い形状をしています。

設計書が同じではないかと思うぐらい、正面からの見え方はとても良く似ています。

やや四角いクジラ型のフェース面にも見えますが、ヘッド全体としては完全なウッド型ユーティリティで、球の上がりやすさと寛容性に優れたタイプです。

どちらも球が上がりやすいが、前に強く出るのはゼクシオX

ゼクシオ13もゼクシオXも、低重心化が更に進められていて、球が上がりやすい設計になっています。

球の強さとしては、シャフトのしっかり感が影響してるためか、ゼクシオXの方が強い弾道が出ます。

ただ、球の上がりやすさや強さは、ヘッドスピードにもよりますので、それぞれのクラブがどれぐらいのヘッドスピードのゴルファーに適しているかが重要となります。

  • ゼクシオ13:スペックRで32〜41m/s
  • ゼクシオX:スペックSで40〜48m/s

ここで一つ参考になるのが公式サイトでのスペック表記です。

クラブ重量を記す際にどのスペックが選択されているかですが、ゼクシオ13ではスペックR、ゼクシオXではスペックSとなっています。

ゼクシオ13の方は36.5m/s、ゼクシオXの方は44m/sを中心として、前後4m/sぐらいが適合ゴルファーとも言えます。

ゼクシオ13・ゼクシオX ハイブリッドのスペック

ゼクシオ13 ハイブリッドのスペック

番手 3番 4番 5番 6番
ロフト角 18° 20° 23° 26°
ライ角 59.5° 60° 60.5° 61°
長さ 40.75″ 40.25″ 39.75″ 39.25″
ヘッド重量 229g 234g 240g 245g
ヘッド体積 130cc 129cc 127cc 125cc

ゼクシオX ハイブリッドのスペック

番手 3番 4番 5番 6番
ロフト角 18° 20° 23° 26°
ライ角 59.5° 60° 60.5° 61°
長さ 40.5″ 40″ 39.5″ 39″
ヘッド重量 229g 234g 240g 246g
ヘッド体積 130cc 129cc 127cc 125cc

ゼクシオ13 2024の全モデルを一挙紹介!ドライバー・フェアウェイウッド・ハイブリッド・アイアン

ダンロップから発売の13代目ゼクシオ、ゼクシオ13(2024)について、全モデルの特徴・適合ゴルファー・スペックを取り上げます。

ゼクシオ13シリーズ(2024年モデル)

ダンロップのゼクシオシリーズは、2024年モデルとしてのリニューアルよより、遂に13代目となりました。

モデル名は「ゼクシオ13」で、「ゼクシオサーティーン」と読みます。

前作ではドライバーからパターまで発売されましたが、今作のゼクシオ13では、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアンまでとなっています。

今作の特徴は、ドライバーでは新採用のBiFLEX FACEと進化したNEWアクティブウィングによる安定性の向上、アイアンでは低重心化による高弾道路線です。

BiFLEX FACE

出典:srigroup.co.jp

BiFLEX FACE(バイフレックス・フェース)は文字通り「2種類(バイ)のフレックスを持つフェース」で、ウッドに取り入れられています。

フェース面はトゥ型とヒール側で形状や有効なフェース面積が異なります。当然、インパクトの際の撓み方も異なることから、敢えてフェース外周の幅を変えることで、異なった撓みの仕組みを実現させています。

トゥ側では外周幅を長くすることでボールインパクトをしっかり受け止め、ボディの撓みが効果的に働くようにしています。

反対にネック側は外周幅を短くすることでフェース面積を大きく確保し、フェースが大きく撓むようにしています。

これによりドライバーでは高初速エリアが25%も拡大していますので、より打点ブレに強くなっています。

NEW アクティブウィング

前作で搭載されたアクティブウィングは、ダウンスイング前半時のトゥダウンを抑えててくれ、正しいヘッド挙動を空力の力で導いてくれるテクノロジーです。

今作ではクラウンの突起構造を2つに増やしていて、より空力性能を高めてあります。

トゥダウンが起きるとフェースが右を向いてしまいますので、空力によりこの要因にょる右へのミスを抑えてくれます。

低重心化による高弾道(アイアン)

アイアンは引き続き4ピース構造が採用されていて、ヘッド内部やネックから上手に余剰重量を生み出すことで、更なる低重心化が図られています。

「高弾道アイアン、現る」というキャッチコピーからも分かる通り、ゼクシオ13アイアンは、しっかり高さが出せることを重視したモデルとなっています。

 

ゼクシオ13 ドライバー(13代目)

特徴・適合ゴルファー

ニューテクノロジーのBiFLEX FACEにより、高初速エリアが25%拡大していて、打点のブレに強さを発揮してくれます。

アクティブウィングは2枚に増えて進化・継承されていて、トゥダウンを抑えたスクエアなヘッド挙動をアシストしてくれます。

打感はゼクシオサウンドと呼ばれる澄み切った爽快さは残しつつ、高音がやや抑えられ、やり過ぎ感の無い心地良い打音になっています。

スペック

  • ロフト角:9.5、10.5、11.5°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.5インチ
  • クラブ重量:281g(R)

ゼクシオ13 フェアウェイウッド

特徴・適合ゴルファー

ドライバーに新採用されたBiFLEX FACEはフェアウェイウッド、ハイブリッドにも採用されていて、高初速エリアが拡大しています。

低重心化もさらに進められていて、高弾道・高初速による高く・大きな飛びが実現されています。

番手は3番・4番・5番・7番・9番と国産モデルとしてはスペックが多く用意されていますので、フェアウェイウッドを多用する方に適しています。

また、フェアウェイウッドが苦手で3番と5番の違いが出しづらいという方は、間の4番1本にまとめるという選択も可能にしてくれます。

スペック面ではヘッドに大きな変更はありませんが、クラブ長さは4番で0.25インチ、5番・7番・9番で0.5インチの長尺になっています。

スペック

番手 3 4 5 7 9
ロフト角 15° 16.5° 18° 20° 23°
ライ角 58° 58.5° 59° 59.5° 60°
ヘッド体積 186cc 174cc 162cc 147cc 135cc
長さ 43.25” 43” 42.75” 42.25” 41.75”

ゼクシオ13 ハイブリッド

特徴・適合ゴルファー

テクノロジー・構造面はフェアウェイウッドと同様で、ドライバーと同じくBiFLEX FACEが搭載されています。

高初速エリアは従来モデルと比べて20%拡大していますので、打点がブレてもミスになりにくくなっています。

前作と比べると、ネックとフェースの色分けがしっかりされていて、よりフェース面を正確に意識して構えやすくなっています。

スペック

番手 H3 H4 H5 H6
ロフト角 18° 20° 23° 26°
ライ角 59.5° 60° 60.5° 61°
ヘッド体積 130cc 129cc 127cc 125cc
長さ 40.75” 40.25” 39.75” 39.25”

ゼクシオ13 アイアン

特徴・適合ゴルファー

前作同様に4ピース構造が採用されています。ヘッド内部やネックから上手に余剰重量を生み出すことで、更なる低重心化が図られています。

ロフト角の設定は前作とほぼ変わりませんが、低重心化により球が上がりやすくなっていますので、高さを出してよりアイアンらしい弾道が出やすくなっています。

外観は大きく変わっていて、バックフェースから蓋がされていますが、ポケットキャビティ形状は引き続き採用されています。

7番アイアンでロフト角28°のため、強烈な飛びを特徴にしたディスタンス系アイアンではなく、アイアンらしい高さのある弾道を求める方に適しています。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 カーボン スチール
5 22 61.5 38.25 38
6 25 62 37.75 37.5
7 28 62.5 37.25 37
8 32 63 36.75 36.5
9 37 63 36.25 36
PW 42 63.5 35.75 35.5
AW 48 63.5 35.75 35.5
SA 56 63.5 35.75 35.5

 

ゼクシオ12 2022の全モデルを一挙紹介!ドライバー・フェアウェイウッド・ハイブリッド・アイアン・パター

ダンロップから発売の12代目ゼクシオ、ゼクシオ12(2022)について、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

ゼクシオ12シリーズ 2022

出典:dunlop.co.jp

ダンロップのゼクシオのシリーズ12代目、ゼクシオ12。

クラブの種類は、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアン、パターが発売となっていて、一通り全てのクラブを揃えることができます。

今作の特徴は、アクティブウィングとリバウンドフレームの2つです。

アクティブウィング

アクティブウィングは、ウッドに搭載された空力コントロールの新たなテクノロジーです。

空力というと、空気抵抗を抑えてヘッドスピードを上げるものが極々一般的ですが、スイングを大事にするゼクシオは、敢えて空気抵抗を発生させることで、ダウンスイング中に発生しやすいフェースオープン、トゥダウンを抑える目的で採用されています。

リバウンドフレーム

リバウンドフレームは、スリクソンに搭載されたテクノロジーで、ヘッドの剛性を柔と剛で組み合わせることによって、大きな撓みが生み出されます。

このメカニズムはスリクソンのドライバーだけでなく、ゼクシオプライムのウッドやゼクシオボールにも採用されています。

そして、ゼクシオ12ではアイアンにも取り入れられ、ヘッド剛性の違う構造を組み合わせた飛びのメカニズムは、ゼクシオ全体で採用されています。

ゼクシオ12 ドライバー(12代目)

特徴・適合ゴルファー

新開発のアクティブウィングが搭載され、ダウンスイング中にフェースが開く、トゥが下がるといったブレが抑えられます。

前作のゼクシオ11で搭載されたカウンターバランス効果を生むウェイトプラステクノロジーも継承されていて、より正確で安定したスイングがしやすくなっています。

282gの軽量クラブで、ヘッドスピードが遅めの方が楽に振れ、爽快な金属音で心地良く飛ばすことができます。

右へのミスも出にくく、球の高さも出ますので、スライスを抑えたい方、楽に振りたい方におすすめです。

スペック

  • ロフト角:9.5、10.5、11.5°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ
  • クラブ重量:282g(R)

ゼクシオ12フェアウェイウッド

特徴・適合ゴルファー

ドライバーと同様に、新開発のアクティブウィング、リバウンドフレームが搭載されています。

また、WEIGHT PLUSフルラバーグリップも採用されていますので、アクティブウィングとの相乗効果で、より安定して正確なスイングがしやすくなっています。

番手は3、4、5、7、9と細かく用意されていて、ロフト角でみると15°~23°までカバーされています。

シャローフェースで球をしっかり上げげくれて、ミスに対する強さも備わっていますので、フェアウェイウッドが苦手な方にとって、とても扱いやすいです。

スペック

番手 3 4 5 7 9
ロフト角 15° 16.5° 18° 20° 23°
ライ角 58° 58.5° 59° 59.5° 60°
ヘッド体積 185cc 174cc 162cc 147cc 136cc
長さ 43.25” 42.75” 42.25” 41.75” 41.25”

ゼクシオ12ハイブリッド

特徴・適合ゴルファー

ゼクシオでは数世代前からユーティリティではなく、ハイブリッドという名称になっています。

呼び方こそ変わりましたが、同じウッド系ユーティリティであることには変わりは無く、世代が違っても同じ感覚で扱いやすくなっています。

ハイブリッドにもアクティブウィングとリバウンドフレーム、そして、ウェイトプラステクノロジーが搭載されていて、安定した正確なスイングをしやすくなっています。

前作同様、四角いフェースで、フェースのトップラインはオフセットになっていますので、ウッド系ユーティリティではありますが、ややアイアンライクに構えやすくなっています。

スペック

番手 H3 H4 H5 H6
ロフト角 18° 20° 23° 26°
ライ角 59.5° 60° 60.5° 61°
ヘッド体積 129cc 128cc 126cc 124cc
長さ 40.75” 40.25” 39.75” 39.25”

ゼクシオ12アイアン

特徴・適合ゴルファー

ゼクシオ特有のパーツが細分化された構造で、ステンレスボディ、タングステンウェイト、チタンフェースなどが組み合わされています。

アイアンにも柔・剛の剛性の組み合わせ構造によるリバウンドフレームが採用されていて、撓み効果で飛距離が出やすくなっています。

ディスタンス系アイアンでありながら、ロフト角は7番で28°ありますので、飛距離が出せつつ、球もしっかりと上がりやすくなっています。

アイアンらしいグリーンを狙える弾道で、楽に振れてゴルフとしての楽しさが味わえるアイアンです。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 カーボン スチール
5 22 61.5 38.25 38
6 25 62 37.75 37.5
7 28 62.5 37.25 37
8 32 63 36.75 36.5
9 37 63 36.25 36
PW 42 63.5 35.75 35.5
AW 48 63.5 35.75 35.5
SA 56 63.5 35.75 35.5

ゼクシオブレードパター(2022)

特徴・適合ゴルファー

ゼクシオ12と合わせて、高慣性モーメント設計のゼクシオブレードパターが発売となっています。

ちなみに、前作のゼクシオ11の時はマレットタイプでしたので、ゼクシオ12の今作では異なるタイプのパターといことになります。

ソールの左右にはタングステンニッケルウェイトが搭載されていて、ヘッドがブレにくい高慣性モーメント設計となっています。

スペック

  • ライ角:70°
  • 長さ:34インチ

XXIO クロスアイアン#0(ゼロ)はフェアウェイウッド、ユーティリティ代わりに使える【ウッドが苦手な方は、ゴルフが楽になります】

ダンロップからXXIOクロスアイアンの2代目モデルが発売されています。

2021年のニューモデルでは、新たにコンセプトアイアンとして、#0(ゼロ)が発売されています。

ロフト角が17°で、アイアンという名が馴染まないこのクラブの活用方法について取り上げます。

ゼクシオクロスアイアン #0(ゼロ)の位置づけ

ゼクシオクロスアイアンの#0(ゼロ)は、ロフト角が17°で、アイアンとは思えないようなスペックです。

ゼクシオクロスアイアンのロフトピッチから考えていくと、上の番手は2°間隔になっていて、6番が23°、5番が21°ですので、17°は3番相当となります。

とは言え、一般的な3番アイアンというと20°前後ですから、17°は1.5~2番相当と考えるのが妥当でしょう。

ゼクシオクロスアイアン #0(ゼロ)は、5番ウッド・3番ハイブリッド相当

さて、ゼクシオクロスアイアン 2021年モデルの#0ですが、アイアンセットの中の1つとして使うには、一番上の5番とはロフトピッチが空きすぎていますので上手くありません。

そもそも、ゼクシオクロスアイアンは7番で25°の超ストロングロフト仕様ですので、5番よりも上のアイアンは必要ない方が殆どかと思います。

では、#0(ゼロ)をどのように活用できるかですが、そもそも#0(ゼロ)の位置づけについて、ダンロップ社にてゼクシオレギュラーモデルのゼクシオ11でどの辺りに相当するかが目安として示されています。

出典:https://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2020/sp/2020_sp64.html

上図によると、フェアウェイウッドでは5番、ハイブリッドでは3番相当のクラブということになります。

クラブ 番手 ロフト角 長さ
XXIO11 FW 5番 18° 42.25インチ
XXIO11 HYBRID 3番 18° 40.75インチ
XXIO CROSS #0 17° 39.25インチ

実際、ロフト角を見比べてみても、この辺りが適当であることが分かります。

ウッドが苦手な方は、#0(ゼロ)で置き換えできる!

5番ウッドは3番ウッドよりも楽に扱えます。そして、ハイブリッドは1本持っておくとゴルフが楽になります。

とは言え、ウッド系がどうしても苦手な方もいます。

そういった場合、5番ウッド、3番ハイブリッドを苦手ながらに使われている方は、ゼクシオクロスアイアンの#0(ゼロ)を取り入れるという選択肢が考えられます。

ゼクシオクロスアイアンは、超ストロングロフト・超ワイドソールのディスタンス系アイアンで、対象ユーザーが絞られるアイアンです。とは言え、アイアンの番手が上になると難しさがありますので、ゼクシオクロスアイアンの想定ユーザーが楽に#0(ゼロ)を扱えるかというと、疑問符が付きそうに思います。

#0(ゼロ)に限って言えば、アベレージゴルファー・セミアスリートが使うことえ、クラブセッティングを改善することができそうなクラブです。

ゼクシオの公式サイトでは、アイアンの中で紹介されていますが、フォルムからは、アイアンやアイアン型ユーティリティというより、ウッド系ハイブリッドのクラウンだけシースルーにしたようにも見えます。

フォルムも特徴的ではありますが、この尖った位置づけのコンセプトアイアン。ピタッとはまると比類のない強烈な武器になりそうです。

NEWゼクシオCROSSアイアンに#0(ゼロ番手)が追加されている件

ニューXXIOクロスアイアン2021のスペック・シャフト

ゼクシオ11フェアウェイウッドのスペックと試打・評価

ゼクシオ11ハイブリッドのスペックと試打・評価

 

ゼクシオ11ドライバーと10ドライバーの適合ゴルファー

ゼクシオから2020年に11代目モデルが発売されました。

そこで、最新モデルのゼクシオ11ドライバーと1世代前のゼクシオ10ドライバーについて、モデルの特徴や違いから適合ゴルファーについて取り上げます。

ゼクシオ11ドライバーとゼクシオ10ドライバーの違い

ゼクシオはこれまで軽量化をずんずんと進めてきました。これはレディースゴルファーやシニアゴルファーに人気という側面があり、また、ゴルファーの高齢化も影響しているとも言われています。

そんな路線を歩んできたゼクシオは、ゼクシオ10でレギュラーモデルとしてはシリーズ最軽量となる270gを実現しています。

そして、11代目はどうなるのかという注目の中、ゼクシオが持ってきた答えは重量アップという予想外の結果でした。

ゼクシオ11ドライバーは、10g増えた280gとなっていますが、単なる重量増ではなりません。

カウンターバランスというグリップエンド側の重量バランスを高めたことで、クラブヘッドの重さを感じさせず、一方でグリップエンドの重量増により安定感が増すことで、手元側の軌道を安定させるという仕組みが採用されています。

それでは、ゼクシオ10とゼクシオ11の両ドライバーについて、どのようなゴルファーに適しているか見ていきましょう。

クラブフィッターによる解説

  • ゼクシオ11は、カウンターバランスにより、少ない力でヘッドを走らせやすい。ゼクシオ10の方がヘッドが重く効いてるため、少し触れる人によい。
  • ゼクシオ10とゼクシオ9では、ゼクシオ9はシャフトがしなってプレーンに乗ってくれるので、手元がしなった方が良い人にはゼクシオ9が良い。

ティーチングプロによる解説

  • 形状の違いは殆どない。
  • ゼクシオ10ドライバーは、クラブ重量が軽い。軽いだけでは飛距離は伸びないので、シャフトの手元が柔らかいことで、タメがしっかり作られるようになっている。体にまきついたようになってヘッドが下りてくることで、ヘッドが走るようになっている。
  • ゼクシオ11ドライバーは、手元側に重りを入れることで、スイングを安定するようになっている。手元側が重いことで、テイクバックで同じ位置に上げやすくなっている。

ゼクシオ11ドライバーとゼクシオ10ドライバーの試打・評価

ゼクシオ11ドライバーの試打・評価

ゼクシオ11ドライバーの新たな飛びの秘密はグリップエンドにある!?

ゼクシオ10ドライバーの試打・評価

XXIO ゼクシオ10ドライバー 試打・評価・徹底解説

まとめ

ゼクシオ10とゼクシオ11について、二方の解説を取り上げました。クラブ重量に関する評価については、異なる方向への解説となっているようです。

スペック値として参考になるものとして、スイングウェイトというものがあります。バランスと呼ばれる場合もあります。

この値は、ゼクシオ10がSRでD6、ゼクシオ 11がSRでD3となっています。ゼクシオ11ドライバーの方がカウンターバランスによりヘッドが軽く感じられるということになります。

実際にどのように感じられるかは、スイング軌道やスピードによっても変わってくると思いますので、実際に試打されてみて違いを感じられると良いと思います。