SIM MAXレスキュー(ハイブリッド)の詳細情報

テーラーメイドの2020年の新作ハイブリッド、SIM MAXレスキューについて、公式情報が発表されましたので、これまでの情報と合わせて取り上げます。

SIMのレスキューは1種類

SIMのハイブリッドは、SIM MAX レスキューのみとなります。ドライバーとフェアウェイウッドは、アスリート向けと思われるSIMドライバー、SIMフェアウェイウッドがありましたが、レスキューは1種類です。

レスキューにも「Vスチールソール」を搭載

出典:https://www.taylormadegolf.jp/

フェアウェイウッドには、Vスチールフェアウェイウッドに採用されたV字型のソールが復活しています。このVスチールソールは、SIM MAXレスキューにも搭載されています。

芝との設置面積が減りますので、抜けが良くなっていて、様々なライで使いやすさを発揮してくれます。

ツイストフェース・スピードポケットを搭載

レスキューにもツイストフェースとスピードポケットが搭載されています。

ツイストフェースによりオフセンターヒット時にも弾道の直進性が損なわれにくく、スピードポケットによりフェース下方でのヒットの際に飛距離のロスが抑えられます。

ロフト角・ライ角の調整機能は搭載されていない

ドライバーとフェアウェイウッドの一部には、ロフト角・ライ角の調整機能が搭載されていますが、SIM MAXレスキューには搭載されていません。

アスリート向けモデルは無い

M5・M6のシリーズでも、ハイブリッドはアベレージ向けと言われるM6のみで、アスリート向けと言われるM5はハイブリッドのみ発売がありませんでした。

そして、SIMでもハイブリッドはアベレージ向けと思われるSIM MAXレスキューのみとなっています。

プロもM6レスキューを使用していますので、ハイブリッドになると、プロ向け・アマ向けの区分けが引き続き無いのかもしれません。

SIM MAXレスキューのスペック

番手 3 4 5 6
ロフト角 19 22 25 28
ライ角 60 60.5 61 61.5
ヘッド体積 100 102 103 104
長さ 40.25 39.75 39.25 38.75

SIM MAXレスキューの標準シャフト

シャフト フレックス クラブ重量 シャフト重量 トルク バランス 調子
TENSEI BLUE TM60 S 約339g 約62g 2.9 D1
R 約334g 約57g 3.1 D1
KBS MAX85 JP S 約378g 約100g 1.8 D1.5 先中

SIM MAXレスキューの発売価格

  • TENSEI BLUE TM60 (S、R):34,000円+税
  • KBS MAX85 JP (S):31,000円+税

 

M6レスキュー 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのM6レスキューについて取り上げます。

テーラーメイド M6レスキュー

2019年モデルのMシリーズからはM5、M6が発売されています。ドライバー、フェアウェイウッド、アイアンは、M5、M6の両方がありますが、レスキューはM6のみとなっています。

これまでのモデルでは、M3・M4、M1・M2でも、全てのモデルでレスキューが発売されていましたので、今回初めて上級者向けモデルでレスキューが発売無しとなりました。

POINT

  • レスキューはM6のみ発売で、M5は未発売。

レスキューにもツイストフェースを搭載!

今回のM6フェアウェイ・レスキューの最大の特徴の一つは、ツイストフェースが搭載された点です。フェアウェイウッドとレスキューでも弾道をセンターに戻してくれます。

こちらは前作であるM4レスキューのフェースです。先ほどのM6レスキューと比べてみると、画像からはM6の方がシャローフェースに見え、弾道が上がりやすくなっているように感じられます。

スピードポケットも搭載!

こちらはM6レスキューのサイドから見た姿です。横からのため少々確認し辛いですが、ソール前方に窪みが施されています。貫通型のスピードポケットで、反発エリアを広げ、ボール初速をアップし、スピン量を抑える働きをしてくれます。

クラウンのカーボン領域が増え、ヘッド全体の軽量化が大きく進んでいて、生み出された余剰重量がソールのM6のロゴ部分のウェイトに大きく配分されています。

ちなみに、フェアウェイウッドとアイアンの間のクラブは、ユーティリティ、ハイブリッド、レスキューなど様々な呼び方があります。日本ではユーティリティ、欧米ではハイブリッドと言うケースが多く、それとは別にテーラーメイドではレスキューと言います。

M6フェアウェイとレスキューの違い

そもそもクラブの種類が違いますので、M6フェアウェイとM6レスキューの違いを取り上げるのは違和感がありますが、フォルムはほぼ同じですが素材面に違いがありますので、敢えて取り上げてみました。

M6フェアウェイではMシリーズのコンセプトである複合素材が採用されていまして、クラウンにカーボンが用いられています。一方、M6レスキューの方は上の画像を見て頂くとクラウンがつるっとしていまして、ステンレススチールのみとなっています。

M6レスキューの試打・評価・動画

M6レスキューを練習場で試打


標準シャフトのFUBUKI TM6 2019で試打した動画です。

おすすめユーティリティとしてM6レスキューを紹介


3名の方がおすすめユーティリティを紹介している動画です。2名の方がM6レスキューを取り上げていて、飛距離が出ると評価されています。

M6レスキュー、M6アイアンを試打

アマチュアの方によるM6レスキューとM6アイアンの試打動画です。

M6レスキューのスペック

番手 3 4 5 6
ロフト角 19° 22° 25° 28°
ライ角 57° 57.5° 58° 58.5°
ヘッド体積 100cc 102cc 104cc 106cc
標準シャフト FUBUKI TM6 2019
長さ 40.25インチ 39.75インチ 39.25インチ 38.75インチ
フレックス S/R

前作のM4と同じく3番、4番、5番、6番が用意されていて、ロフト設定も同じになっています。クラブ長さも同じですので、新たにツイストフェースが追加され、買い替えもしやすくなっています。

M6レスキューの販売価格と発売日

Mレスキューの発売開始日は2019年2月15日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは2種類あります。

  • FUBUKI TM6 2019(S、R): ¥32,000+税
  • REAX 85 JP(S):¥30,000+税