仲直り–石川遼、草彅剛、SMAPに想うこと

石川遼の反省文の記事を書いていて、

まあ途中でdisる記事は書きたくないと思い、

私見は削除したわけですけど。

 

石川遼の謝罪(全文)、青木功の謝罪(全文)を見て思うこと

 

一般論として、

公人などの謝罪に触れて思うのは、

評価は0点か100点かしかない、

というのはウソで、

0点か200点だなと。

(株を上げるって意味)

 

そう思った切欠が、

SMAPの草彅剛さんの謝罪会見です。

 

彼は、自分の不祥事を隠すことなく、

自分を守ることなく、

記者の前に立って、自らが本心で反省の弁を述べていました。

 

この姿勢には、

好感しか芽生えませんでした。

 

謝る時は、謝る。

これにつきるなと。

 

実際、草彅剛さんの会見を見てから、

自分は謝る時は、言葉に力を込めて、

しっかり謝っています。

 

「自分が間違った。ごめん」と。

 

やってみると、

謝る気持ち良さ・清々しさは、

格別の物があります。

 

未だに多くの人がこれをできないなと思うのですが、

逆に自分は達成感に似たものもありますし、

(良い振る舞いが出来たという)

謝って、負けた・下になったといった感覚より、

どちらかと言えば、上になるような感じを覚えます。

 

人間、人と関わらずには生きていけません。

そして、

接すれば必ず、

摩擦熱が必ず生じます。

 

その熱は、

心地良い温かさの時もあれば、

不快な熱さの時もあります。

 

その不快さから、

揉めてしまうこともしばしば。

 

自分に誤りがある時は、

謝って仲直りすることが大事ですよね。

 

謝ってから再開する絆は、

不思議と強く・太くなっていて、

永遠かと信じれるぐらい、

長く続きます。

 

まるで筋トレですね。

 

そんな経験、

皆さんあるんじゃないでしょうか?

 

過ち

謝罪

仲直り

その結果

もっと良くなる

 

この循環って、素敵ですよね。

 

そう考えると、

過ちに面しても、

正面から向き合える。

 

そういう正直さと勇気が

保てるように思います。

 

草彅剛さんから思い出してしまうのが、

SMAPの解散。

 

そして、スマスマで

ユーミンがこの歌に込めた想い。

包んでくれる優しさがあって、

守ってあげたいという人がいます。

 

解散はしてしまいましたが、

多くの人の想ってくる気持ちに包まれた中で、

お互いを許し合って、

再開する時が来ると良いですね。

石川遼の謝罪(全文)、青木功の謝罪(全文)を見て思うこと

石川遼が米国から帰国後の自主隔離期間中に、一般客も利用しているゴルフ場で練習をし、複数人で飲食していたことが某週刊誌で報じられました。

これを受け、石川遼からはマネジメント事務所を通じた謝罪の文章が、そして、自身が副会長を務めていた日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長からも報告と謝罪の文章が出されています。

石川遼の謝罪文(全文)

この度の週刊誌報道に関しまして、支えて下さっているファンの皆様、関係者の皆様にご心配やご迷惑をお掛けしておりますことを深くお詫び申し上げます。

帰国時に、空港の検疫にて登録した待機先(ゴルフ場)で、入国者健康チェックを毎日受け、14日間の隔離を行っておりましたが、一部至らない点があったことを重ねてお詫び申し上げます。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。 石川遼

JGTO 青木功会長の報告・謝罪文(全文)

弊機構役員に関する報道についての状況報告とお詫び(11月9日)

日頃より、ジャパンゴルフツアーへのご支援と、温かなご声援を賜り、厚く御礼申し上げます。

11月8日、一部週刊誌のデジタル配信におきまして、弊機構の副会長を務めます石川遼に関する報道がございました。

内容は、厚生労働省が定めております、海外から帰国した際のいわゆる自主隔離期間中に、千葉県内のゴルフ場でラウンドし、その後複数名での食事等をしていたというものです。

弊機構ではこの報道に基づき、直ちに本人に事実確認をし、現在、それらの行為が弊機構が定めるジャパンゴルフツアー懲戒・制裁規程の違反行為に抵触するか否かを詳細にわたり検証しております。
これらの検証には若干の時間を要しますことをご理解いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

また、本日午前中に石川本人から、弊機構の副会長および理事の職を辞する旨の書面を受け取りましたことも、合わせてご報告させていただきます。弊機構ではこの書面が提出されたことを受けまして、近々、臨時理事会を開催し、上記の検証結果をも踏まえ、最終的な処遇を決定する予定をしております。

この度の弊機構役員による軽率な行動によりお騒がせし、ご迷惑をお掛けしておりますことをお詫び申し上げますとともに、日ごろからジャパンゴルフツアーを応援していただいておりますファンの皆さま方、関係者の皆さま方に対しまして、深くお詫び申し上げます。

一般社団法人日本ゴルフツアー機構
会長   青木 功

*引用:JGTO公式HP

この記事について

謝罪内容について思うところがありましたので、記事を書いていたのですが、どうしても個人を批判する内容のようになってしまいました。

そのような性質のものはこのブログに乗せたくない、そして、WEBで発信したくないと思いまして、謝罪内容についての感想は削除し、石川遼、JGTOからの謝罪文の全文を載せるに留めました。

【石川遼:ドライバーを微調整して優勝】エピックフラッシュ SUB ZERO ◆◆◆のロフトを1°アップ!

石川遼プロは長らく不振にあえでいていましたが、今期は見違えるようにプレー内容も良く、優勝回数も重ねています。

その理由の一つに、ドライバーのマイナーチェンジがあるそうです。

≫ 石川遼 今季3勝目を呼び込んだ1Wの微調整

このGDOの記事によると、ドライバーの仕様を少し変えたとのこと。

もともと、石川遼はEPICFLASHドライバーの導入の際、当初はダブルダイヤモンドを使用していました。小振りなタイプです。

しかし、途中から洋ナシ型のトリプルダイヤモンドに変え、使い続けています。

ちなみに、ダブルダイヤモンドもトリプルダイヤモンドも、キャロウェイから市販されています。

石川遼プロは、1°立たせて8.5°にとありますので、10.5°のモデルで調整リングで9.5°、8.5°と立たせていったか、特別仕様モデルということも考えられます。

ちなみに、EPICFLASHはロフト角5°で調整機能を使って3°なんて絶壁モデルもあります。

これで弾道の高さが出ているのが凄いですね。万振りマンのハードヒッター振りは見ていて爽快です。

石川遼の優勝クラブセッティングに注目!ドライバーはEPIC FLASH SZトリプルダイヤモンド

優勝から遠ざかっていた石川遼プロ。3年ぶりの優勝に導いたクラブセッティングについて取り上げます。

石川遼、3年ぶりの優勝!

ここ数年、腰痛やショットの不調で苦しんでいた石川遼が、3年ぶりにツアー優勝を飾り、国内通算15勝目を挙げました。

パットを決めた直後のガッツポーズは、タイガーウッズを彷彿とさせる力溢れたものでした。ここ数年の苦労がこちらにも伝わってくるような、苦しさ・切なさ・喜び、色々な感情が見てる側にも沸き起こりました。

ピンチをチャンスに変えた!石川遼のメンタルの強さ!

今回の大会では、このショートホールでのボールの扱いに対する石川遼プロのメンタルが、最終的な勝ち目を分けたように思います。文字通りピンチをチャンスに変えました。

さて、そんな劇的な優勝を飾った石川遼の優勝時のクラブセッティングが、GDOさんにて記事に出ていましたので、こちらでも過去のクラブセッティングと交えながら見てみましょう。

石川遼の優勝ドライバー

ドライバーは、キャロウェイの2019年モデルであるエピック フラッシュのサブゼロです。サブゼロの中でもツアーバージョンとして数量限定で発売もされている◆◆◆トリプルダイヤモンドの9.5°です。

シャフトの硬さはTXです。一般ゴルファーはXでも縁遠いですから、TXは何だかわからない方もいると思います。XX相当ですから、Xの一つ上になります。いずれにしても相当しっかりめのシャフトです。

少し前の2019年1月の時点では、若干、別のモデルを使っていました。キャロウェイがSNSで公開したセッティングでは、ネックの部分をみると、ダイヤモンドが2つですので、ダブルダイヤモンドだったこちが分かります。

低スピンモデルから、ヘッドサイズが小さい450ccのトリプルダイヤモンドに変更したということになります。

この後のクラブセッティングを見ると分かるのですが、番手別に異なるモデルを乱組みしているので、石川遼プロの苦労の後が伺えます。

石川遼の優勝フェアウェイウッド

フェアウェイウッドは、キャロウェイの2016年モデルのXR 16 フェアウェイウッドです。番手は3番13.5°となっています。

公式サイトでスペックを見ると、3番は15度、3+番は14°となっていますので、調整された特別モデルなのかもしれません。

なお、2019年1月時点ではヘッドに「+3」という番手が見えます。

石川遼の優勝ユーティリティ

ユーティリティは、キャロウェイ X フォージド UT アイアンの3番21°です。名前からユーティリティに分類しましたが、この上のロフトとなる2番アイアンも使ってますので、本来は3番アイアンとして取り上げるの方が良いのかもしれません。

こちらは、2018年にも使っていますので、石川遼プロにとって特別なクラブのようです。

石川遼の優勝アイアン

アイアンは、2番のみキャロウェイ APEX PRO アイアン。

そして、4番~ピッチングまでキャロウェイ APEX MB アイアンです。

ロングアイアンは、今年の初めまでスティールヘッド XR プロの3番を使っていましたので、ニューモデルに入れ替えています。4番以降は昨年 X フォージでしたが、今年の初めにはAPEX MBアイアンに切り替わっています。

石川遼の優勝ウェッジ

ウェッジは、キャロウェイ のX フォージド ウェッジ(50°)と マックダディ 2 ツアーグラインド ウェッジ(58°)です。このあたりはコロコロ変わっているようです。

石川遼の優勝パター

パターは、オデッセイの プロトタイプ PT 09 ix パターです。

石川遼の優勝ボール

ボールは、昨年同様、キャロウェイ クロムソフト X ボールです。

 

以上、石川遼プロの優勝を振り返ると共に、クラブセッティングに付いて取り上げました。キャロウェイと用具契約を結んでいますので、オデッセイもキャロウェイのブランドで、ドライバーからパター、ボールに至るまで、全て揃えられるところがキャロウェイの強みとも言えます。

改めて、ロングアイアンのところはクラブ選びに苦慮している様子が伺えます。ウッドからのつながりのところは、クラブの打ち方も性質も変わりますので、プロでも調整が難しいのでしょう。