キャロウェイ APEX MBアイアン ツアーバージョンの最新情報をまとめました

キャロウェイから限定発売のAPEX MBアイアンのツアーバージョンについて、最新情報をまとめました。

APEX MBアイアン ツアーバージョンの特徴

ツアープロのフィードバックが反映されている希少モデル

APEX MBアイアンは2017年に市販されているマッスルバックアイアンです。

バックフェースを見ると違いが分かりませんが、ツアーバージョンの方は、ツアープロからのフィードバックが反映されていますので、形状やスペックなど、幾つか異なる点があります。

ちなみに、このツアーバージョンはスター選手によって使われています。

使用しているプロは、キャロウェイ・スタッフプレーヤーの石川遼プロや、メジャーチャンピオンのフランチェスコ・モリナリなど、現在でも数えるほどです。
引用:https://callawaynews.jp/tour-news/5414/

ツアーバージョンはフェースが薄く、ネックがさらにストレート

左がツアーバージョンです。トップラインからうかがえるフェースの厚さを見ると、ツアーバージョンの薄さが際立っています。

2017年に発売のAPEX MBアイアンも、当時は厚みを感じさせないモデルでしたが、ツアーバージョンと並べてみると、アスリート向けとアベレージ向けの違いぐらいに感じられます。

もう一つ大きく違っているのは、ネック形状です。アスリート向けの方はFPが大きく、綺麗なストレートネックです。「つかまり」なんてものが存在せず、結果は自分次第というクラブです。

ツアーバージョンの方が柔らかい素材が使われている

APEX MBアイアンの通常バージョン、ツアーバージョンともに、アスリート向けのマッスルバックですので、共に軟鉄鍛造のアイアンですが、素材に若干の違いあります。

APEX MBアイアンはS25Cが使われていて、ツアーバージョンの方はS20Cが使われています。20、25という数字は鉄に含まれている炭素の量を表していまして、少ないほど鉄は柔らかくなります。

そして、S20Cはゴルフクラブに用いる用途としては限界の柔らかさと言われていますので、ツアーバージョンは打感をギリギリまで追求されています。

スペックにも違いがある

APEX MBアイアン ツアーバージョンのスペック

番手 4 5 6 7 8 9 PW
ボディ素材 軟鉄鍛造 (S20C)
クラブ長さ 38.25 37.75 37.25 36.75 36.25 35.75 35.25
ロフト角 23.5 26.5 30 34 38 42 47
ライ角 59 59.5 60 60.5 61 61.5 62

APEX MBアイアン 2017のスペック

番手 3 4 5 6 7 8 9 PW
ボディ素材 軟鉄(S25C)
クラブ長さ 39 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.75
ロフト角 20.5 23 26 30 34 38 42 47
ライ角 60 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5

APEXMBアイアン ツアーバージョンの発売日と発売価格

APEX BMアイアン ツアーバージョンの発売日は2019年12月19日です。発売価格は1本32,000円+税となっています。

キャロウェイ APEX PROアイアン2019 試打・評価・徹底解説

キャロウェイのAPEX PROアイアン 2019年モデルについて取り上げます。

APEX PRO アイアン 2019

キャロウェイのAPEX PROアイアン2019は、同時に発売されているAPEXアイアンのプロモデルです。前作は2016年、その前は2014年に発売されていまして、珍しく間が3年あいています。

ちなみに、前作の2代目APEXアイアンは2015年末に発売され、アメリカでは爆発的に売れたアイアンです。

2代目の「APEX アイアン」は、昨年もアメリカで売れに売れて、*No.1の人気を誇るアイアンだったんだそうです。2016年のモデルですから、登場して3年目(!)にもかかわらずです。これって、すごいことですよね。 *2015年1月-2018年11月の期間、アメリカ市場でのキャロウェイアイアンの販売金額No.1
引用:https://callawaynews.jp/products-news/4393/

APEXアイアンとAPEX PROアイアン

左がAPEXアイアンで、右がAPEXプロアイアンです。プロモデルの方が全体的に肉盛りが薄めで、フェース周辺部だけでなく、ブレードやソールの厚みも薄くなっています。

フェース内部にウレタンマイクロスフィアを搭載

プロモデルですがAPEX PROアイアンは、360°のフェースカップが採用されています。また、ヘッド内部にはウレタン・マイクロスフィアが搭載されていて、打感を良くするだけでなく、無駄な振動を抑えてエネルギーの伝達効率も高めています。

ドライバーで400ヤード飛ばすゴルファーが表れている時代で、一昔前よりプロの平均飛距離がぐっと伸びていますので、プロ向けアイアンと言えど、飛距離要素が取り入れられているのが特徴的です。

POINT

  • プロモデルだが、フェースカップ採用で飛距離も重視。

オフセットが無く、操作性の高いストレートネック

ネックはストレートでFPが大きくノーオフセットとなっています。つかまり過ぎることなく、意図した方向・スピンが繰り出せるよう、操作性の高いネック形状となっています。

トップブレードは薄め

360°のフェースカップを採用していますので、合わせ部分で厚みが出てしまいますが、それでもノーマルなAPEXアイアンと比べると、薄くなっています。

ソールはすっきりとした形状

ソールは薄めで、ダフら無いよう肉厚にしたアベレージ向けモデルとは異なり、ダウンブローに打ち込みやすくなっています。

APEX PROアイアン 2019の試打・評価

石川遼による試打・解説

石川遼がAPEX PROアイアンについて詳しく解説しています。

APEXアイアンとAPEXプロアイアンを打ち比べ

APEXアイアンはN.S.PRO Zelos 8、APEXプロアイアンは、N.S.PRO 950GHでの試打です。

APEX PRO アイアン 2019のスペック

基本スペック

番手 I4 I5 I6 I7 I8 I9 PW
ロフト角(°) 23 26 29 33 37 41 45
ライ角(°) 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5
クラブ長さ (インチ) 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.75

シャフトスペック

シャフト名 (硬さ) N.S.PRO 950GH(S) N.S.PRO MODUS3 Tour 120(S)
クラブ重さ(I#5 / I#7) 約408g / 約422g 約416g / 約430g
シャフト重さ 98g 114g
シャフトトルク 1.8 1.7
シャフト調子 中調子 中元調子

前作の2016年モデルではロフトが5番で27°、7番で34°でしたので、1°立っています。プロモデルですので、ストロングロフトの部類にはまだまだ入りませんが、カップフェースを採用していますので、ロフトを立てたあたりも飛距離を重視してきた様子がうかがえます。

APEX PROアイアン 2019の発売日と販売価格

APEX PROアイアン 2019の発売日は、2019年2月8日です。販売価格は、7本セットで129,600円です。公式サイトでスペック公開されているシャフトは以下の2種類です。

  • N.S.PRO 950GH(S)
  • N.S.PRO MODUS3 Tour 120(S)

キャロウェイ APEXアイアン2019 試打・評価・徹底解説

キャロウェイのAPEXアイアン 2019年モデルについて取り上げます。

APEXアイアン 2019

キャロウェイのAPEXアイアン2019は、今回で3代目のモデルとなります。前作の2代目APEXアイアンは2015年末に発売され、アメリカでは爆発的に売れたアイアンです。

2代目の「APEX アイアン」は、昨年もアメリカで売れに売れて、*No.1の人気を誇るアイアンだったんだそうです。2016年のモデルですから、登場して3年目(!)にもかかわらずです。これって、すごいことですよね。 *2015年1月-2018年11月の期間、アメリカ市場でのキャロウェイアイアンの販売金額No.1
引用:https://callawaynews.jp/products-news/4393/

そして、3代目となるAPEXアイアン 2019も注目のモデルとなっています。

これまでのAPEXアイアンをの形状の変化

S25C軟鉄による鍛造ボディに、17-4 ステンレスによる360°フェースカップが採用されていて、オフセンターで捉えた時でも安定したボール初速を生み出してくれます。また、ウレタン・マイクロスフィアが使われることで、打感が良くなるだけでなく、余分な振動を吸収してエネルギーの伝達効率を高めてくれます。

トップブレードは厚め

こちらは今作の2019年モデル(左)と2016年モデル(右)の写真を並べてみたものです。トップブレードに厚みがある形状は一緒で、ネックがすっきりしたためか、グースが前作よりやや抑えられた印象を受けます。

APEX アイアン 2019のソール

ソールは厚みがあり、座りもよく安心感を持って構えられそうです。

4番から8番までは、タングステンインナーウェイトにより、重心位置の最適化調整がなされていますので、各番手に求められる性能が発揮されるようになっています。

APEX アイアン 2019の試打・評価

石川遼による試打・解説

石川遼がAPEXアイアンについて詳しく解説しています。

APEXアイアンとAPEXプロアイアンを打ち比べ

APEXアイアンはN.S.PRO Zelos 8、APEXプロアイアンは、N.S.PRO 950GHでの試打です。

APEX アイアン 2019のスペック

番手 I4 I5 I6 I7 I8 I9 PW AW SW
ロフト角(°) 21 23.5 26.5 30.5 34.5 38.5 43 48 54
ライ角(°) 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5 63.5 63.5
クラブ長さ (インチ) 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.75 35.5 35.25

前作と比べると、若干のストロングロフトとなっています。7番で0.5°、9番で1.5°です。ただし、7番アイアンで30.5°ですから、標準的なロフト角で、ストロングアイアンの部類には入りません。

APEX アイアン 2019の発売日と販売価格

APEXアイアン 2019の発売日は、2019年2月8日です。販売価格は、シャフトにより異なります。なお、公式サイトでスペック公開されているシャフトは以下の3種類です。

  • Speeder EVOLUTION for CW(R)
  • N.S.PRO Zelos 8(S)
  • N.S.PRO MODUS3 Tour 105(S)