PING G400からG410 PLUSドライバーへの移行で注意したい3つのポイント!

PINGのG410 PLUSドライバーは、G400ドライバーの後継モデルとなります。

G400ドライバーからG410 PLUSドライバーに買い替え・移行する際に把握しておきたいポイントについてまとめました。

ウェイト調整機能をPINGで初めて搭載


出典:ping.com

G410 PLUSドライバーの最大の特徴は、ウェイト調整機能が搭載されている点です。

ドライバーの重心調整機能は、ゴルフ界全体では随分前からありますが、PINGでは初めての搭載となります。

PINGとしては、ここ最近のGドライバーの全てでタービュレーターを搭載していて、空力効果を前面に出していました。

特に、ヘッド後方にはVORTECというエアロダイナミクスのテクノロジーを入れていましたので、ヘッドにギミックを搭載することに対して、かなりのジレンマがあったものと思います。

そのため、ウェイト調整機能が搭載されたことは、やや驚きではありましたが、市場では好意的に受け入れられているようです。

切り替えは、ニュートラル、ドロー、フェードの3段階に限定され、間の微調整は行えませんが、弾道調整することができます。

試打された方の意見では、DRAWにすればSFT、FADEにすればLSTに近づくといった評価も聞かれます。

可変スリーブの互換性について

出典:ping.com

G410もG400も、可変スリーブが搭載されていて、ロフト角を調整することができます。

ただし、G410では可変スリーブがトラジェクトリー・チューニング 2.0になっていまして、G400と互換性がありません。

G400のシャフトをそのままG410に刺すことができませんので、この点は、予め把握しておきたいところです。

なお、G410の可変スリーブは、従来の±1.0°から±1.5°に最大調整幅が広がっていますので、この点は進化していてメリットとなります。

ヘッド体積が10ccアップしている

G400のスタンダードモデルは、ヘッド体積が445ccでしたが、G410 PLUSは455ccになっていて、10ccヘッド体積が大きくなっています。

最近のドライバー市場の傾向として、上級者向けモデルでも460ccにサイズアップしていたり、こぶりなモデルが廃止されていますので、その流れに沿った変更とも言えそうです。

大きなヘッド体積を求める方にとって、好ましい変更となっています。

PING G410 PLUSドライバー・G400ドライバーのスペック比較

G410 PLUSドライバーのスペック

ロフト角 9/10.5/12°
ライ角 59.5°
ヘッド体積 455cc
標準シャフト ALTA J CB RED
長さ 45.75インチ
フレックス X/S/SR/R
シャフト重量 60/55/50/45g
クラブ重量 約293g(Rスペック)
トルク 4.4/4.7/5.2/5.9
キックポイント 中/中/中先/先

G400ドライバーのスペック

ロフト角 9/10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 445cc
標準シャフト ALTA J CB
長さ 45.75インチ
フレックス TS/S/SR/R
シャフト重量 60/55/50/45g
クラブ重量 約294g(Rスペック)
トルク 4.4/4.7/5.2/5.9
キックポイント 中/中/中先/先

PING G410 PLUSドライバー 試打・評価・徹底解説

G410 PLUSドライバー USモデルの特徴・違い

 

G425シリーズのドライバーの試打・解説動画

PINGのGシリーズの2020年モデル、G425シリーズのドライバーついて、試打や解説の動画を取り上げます。

G425ドライバーは3種類

G425シリーズのドライバーは、前作のG410シリーズと同様、3タイプのラインナップとなっています。左から、G425 MAXドライバー、G425 LSTドライバー、G425 SFTドライバーです。

  • G425 MAXドライバー
    スタンダードタイプ。深低重心で高打ち出し・低スピンで、弾道がブレない。
  • G425 LSTドライバー
    低スピンタイプ。低スピンの強弾道。小ぶりなヘッドで操作性が高い。
  • G425 SFTドライバー
    ドロー仕様タイプ。スライス気味の方が真っ直ぐ飛ばせる。

G425ドライバーの公式動画

G425ドライバーの各モデルについて、360°ビューの映像を交えて詳しく解説されています。

PING契約プロたちによる試打・解説もあり、3つのモデルの特徴が紹介されています。

額賀辰徳プロがG425 MAX・LST・SFTドライバーを解説

G425から、前作のG410、前々作のG400まで遡て、これまでの変遷、モデルの特徴について、解説されています。

昔のモデルまで戻って解説されているところは、PING契約プロならではで、PINGサイドの人間ならではの視点で分かりやすいです。

動画の後半では、G425 MAXドライバーとG425 LSTドライバーを試打されていて、どちらを採用するか迷われているようです。ちなみに、額賀プロはG410シリーズではPLUS(スタンダードモデル)を使っています。

G425シリーズのヘッドをゴルフショップが詳しく解説

youtubeではニューモデルの動画投稿が早いGolf Effortさんの動画です。

G425とG410のヘッドを取り出して、形状や構造の違いを詳しく解説されています。

ドライバーを中心に解説されていますが、動画の最後の方ではフェアウェイウッドとハイブリッドも解説されています。

気になる可変スリーブについても、前作のG410と互換性があると解説されていますので、この点はG410ユーザーの移行しやすさにもつながりそうです。

G425 MAXドライバーの試打動画

G425 MAXドライバーを試打されている動画です。

G425 MAXドライバーの試打動画、その2


つるやゴルフさんにて、G425 MAXドライバーを試打されている動画です。

PING G425ドライバー

G425ドライバーの最新情報は以下の記事をご覧ください。

G425シリーズのドライバーの試打・解説動画


⇒ G425シリーズのドライバーの試打・解説動画

PINGのGシリーズの新作ドライバーと思われるG425の情報が出て来ましたので、取り上げます。

G425は3種類のドライバー

出典:R&A

R&Aの適合リストに、PINGの新たなドライバーが掲載されました。

このモデルがGシリーズの新作ドライバーだとすると、G410の後継モデルということになります。

掲載されたヘッドは、G425 MAXドライバー、G425 LSTドライバー、G425 SFTドライバーの3種類です。

G420でなかった点は予想外でした。PINGのシリーズ名は、G15、G25といったものもあり、数字の付番が規則的でないことがあります。

注目はG425 MAXドライバー

出典:R&A

G425 MAXドライバーは、ソール後方にウェイトが装着されているように見えます。そして、FADE、DRAWの文字も確認できますので、G410で搭載された移動式のウェイト調整機能は、G425でも搭載されているようです。

PINGのG400 MAXドライバーのヒットを契機に、MAXという名前のモデルが増えたような印象があります。

テーラーメイドでは、これまでのM5・M6という数字で分ける体系をかえて、SIMドライバー、SIM MAXドライバーという名称にしています。つまり、SIM MAXドライバーがアベレージゴルファー向けのスタンダードモデルということになります。

PINGの今回のラインナップでは、G425 PLUSドライバーが存在していませんので、G425 MAXドライバーがスタンダードモデルとして位置づけられる可能性がありそうです。

G425 LSTドライバー

出典:R&A

G410では、低スピンタイプのG410 LSTドライバーの発売が遅れましたが、G425では同時に適合リストに掲載されていますので、今回は、発売も同時になりそうです。

MAXやSFTと比べてディープに見えますので、浅重心による低スピン性能を持たせたヘッドのようです。

更に、ソールにあるロゴのGの文字のフェース側が、MAXやSFTでは輝いて見えますが、LSTはボディーと同じブラックに見えます。

MAXやSFTではソールに幅広ウェイトを搭載して、低重心化が強調されている可能性もありそうです。

G425 SFTドライバー

出典:R&A

G425 SFTドライバーは、G410 SFTドライバーと同様にヒール側にウェイトが見えます。

ドローバイアスモデルのため、重心角を大きく、重心距離を短くする効果を持たせた格好となっています。

MAXやLSTとの違いとして、FADE、DRAWの文字がありませんので、ウェイトは完全な固定式で、調整機能は無いのではないかと思われます。

G425のその他のモデル

通常、Gシリーズはドライバーだけでなく、フェアウェイウッド、ハイブリッド、クロスオーバー、アイアンがリリースされます。

現時点では、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアンの掲載がありません。

この点からすると、発売までにはまだまだ時間的な余裕があるのではないかと思われます。

G425シリーズのドライバーの試打・解説動画

 

G410 PLUSドライバー USモデルの特徴・違い

PINGのG410 PLUSドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G410 PLUSドライバー USモデル

遂にPINGがウェイト調整機能を搭載

G410 PLUSドライバーは、G410のスタンダードモデルです。スタンダードでありながら特別感のある「PLUS」という名前が付いていて、これまでのPINGのモデルにはなかった待望のウェイト調整機能が搭載されています。

ウェイトの調整は、予め定められたニュートラル・ドロー・フェードの3ポジションに移動する形で行うことができます。

ロフト角の調整機能はレンジが拡大

ロフト角の調整機能は、これまでのモデルにも搭載されていましたが、G410では、レンジ幅が1.5°まで広がっています。

この点は進化していますが、従来モデルはレンジ幅が1.0°でして、機構が異なります。そのため、旧スリーブとは互換性がありませんので、G400以前のモデルを使っていた方は、予め承知しておきたい点となります。

G410 PLUSドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:455cc
  • 長さ:45.75インチ

標準シャフト

  • PING Alta CB 55 Red
  • PING Tour 65
  • PING Tour 75
  • Project X EvenFlow Black 75
  • Mitsubishi Tensei CK Orange 60
  • PING Alta Distanza

PING Alta CB 55 Red

フレックス 重量 弾道
Soft Regular 56.0g High
Regular 59.0g Mid High
Stiff 63.0g Mid
X-Stiff 66.0g Mid

PING Tour 65

フレックス 重量 弾道
Regular 58.0g Mid
Stiff 62.0g Low Mid
X-Stiff 67.0g Low

PING Tour 75

フレックス 重量 弾道
Regular 68.0g Mid
Stiff 75.0g Low Mid
X-Stiff 80.0g Low

Project X EvenFlow Black 75

フレックス 重量 弾道
5.5 72.0g Low Mid
6 73.0g Low
6.5 78.0g Low

Mitsubishi Tensei CK Orange 60

フレックス 重量 弾道
Regular 61.0g High
Stiff 63.0g Mid High
X-Stiff 65.0g Mid

PING Alta Distanza

フレックス 重量 弾道
Soft Regular 40.0g High

G410 PLUSドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角とそのラインナップはUSモデルと日本モデルで同じです。ライ角はUSモデルの方が1°フラットで58.5°となっています。

シャフトはUSと日本で基本的に異なっています。またUSモデルの場合は、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

G410 PLUSドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


PING G710アイアンの試打・評価・徹底解説

PINGのG710 アイアン について、購入者や試打した人の口コミ・評価をまとめました。商品検討の参考にしてみてください。

G710 アイアン

G710アイアンは、2018年に発売されているG700アイアンの後継アイアンです。

前作のシルバーから一転して、ヘッド全体がブラック一色になり、引き締まった色で、精悍になっています。

中空構造で大きくたわむ!

出典:https://clubping.jp/product/product2020_g710.html

G710アイアンは、前作に引き続いて中空構造が採用されています。

フェースには、高強度のマレージングC300フェースが採用され、大きくたわむことでボールスピードがアップし、大きな飛距離が生み出されます。

前作よりも慣性モーメントがアップ

出典:https://clubping.jp/product/product2020_g710.html

前作と比べて、慣性モーメントが5%アップしています。反発エリアが広くなっていますので、打点がブレやすい方、フェースをワイドに使う方にとって、扱いやすくなっています。

PINGの中で最も飛び系

G710 アイアンは、7番でロフト角が28°となっていて、最も立っています。

ロフトが立つことで、フェース面は垂直に近づき、インパクトの際に前方向に分配されるエネルギーが多くなり、より飛距離を出しやすくなっています。

G710アイアンの試打・評価

試打動画

口コミ・評価

先代とは形状含め全くの別モノですね。ブラック仕上げはもちろん、バックフェース下部の厚みもかなりの厚さで確保されています。しかも、トゥ側のボリュームがすごいことになっていますね。かなり重心距離が長いのではないかと思われます。

弾道は高弾道です。ロフト角を考えれば文句なしの高弾道ですね。しかもスピン量が少ないっす!! 大きな弾道を楽しめるアイアンですね!

https://golftaiken.nikkansports.com/2020/02/21549.html

G710アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 バウンス角 クラブ長さ
4I 18.5 60.5 3 39.38
5I 21.5 61 4 38.75
6I 24.5 61.5 5 38.13
7I 28 62 6 37.5
8I 32 62.8 7 37
9I 37.5 63.5 9 36.5
PW 43 64.1 11 36
UW 48.5 64.1 11 36
SW 54 64.4 13 35.75

クラブ長さは、ALTA DISTANZA BLACK 40装着時の値となります。

G710アイアンの発売日・価格

G710アイアンの発売日は、2020年3月19日です。発売価格は、カーボンが26,000円、スチールが23,000円です。