RS Dドライバー(RS JUST・6代目)の 試打・評価・徹底解説

PRGRから発売されているRS JUSTシリーズのRS Dドライバーについて取り上げます。

RS Dドライバー(RS JUST・6代目)

プロギアからRSシリーズの6代目となる「RS JUST」が2022年7月に発売となっています。

RSシリーズは、プロギアのアスリート向けのブランドですが、ここ最近は、RSでもやさしいモデルが発売されています。

RS JUSTには、フェード仕様、スタンダード、ドロー仕様の3タイプのドライバーがあり、本記事で取り上げているドロー仕様のRS Dドライバーは、やや軽めになっている点が他の2機種と違うところです。

<RS Fドライバー>
フェードバイアスで、操作性と低スピンが特徴。

<RSドライバー>
3機種で真中に位置するスタンダードなモデル。

<RS Dドライバー>
やや軽量で、ドローバイアス。

RS Dドライバー(RS JUST・6代目)の試打・評価

プロギア『RS D』(2022)ドライバー トラックマン試

  •  2022年モデル『RS JUST』シリーズは、『ナブラRS』から6代目のモデル。 フェースの「最大たわみ点」、「重心点(SS)、「最高CT点」、「フェースセンター」の4点を一致させる4点集中設計を前作から踏襲。 より精緻に4点を一致させることで、センター打点のたわみ率が約23%向上したといいます(PRGR調べ)。
  • フェースは高精度CNCミーリングで成型する「nabla neo face MAX」。 たわみエリアを増長させる「Wクラウン」&「Wソール」で、”ギリギリ”の高初速エリアをさらに拡大しています。 さらにホーゼルとフェースの接合面積を削減。フェースのたわみエリアをさらに拡大しています。
  • 前作と比較して、重量をより下部に配分し、低重心化による低スピン性能を高めているのも特徴です。 3モデルのラインナップのうち、『RS D』はしっかりつかまえて高弾道で飛ばすモデル。 重心角は3モデルで最大の30度となっています。
  • 純正シャフトの「Diamana for PRGR SILVER」は、手元剛性を下げ、全体がしなり、走り感、つかまり感のあるシャフトです。 プロゴルファー石井良介が、弾道測定器トラックマンを使って、その性能を検証しました。

プロギア『RS JUST』シリーズドライバー比較試打!RS/RS D/RS F 2022年モデル

  • 今回のドライバーの特徴はボール初速が上がるということです。 飛距離の3要素の1つであるボール初速を上げるために改良されたフェース面が特徴です。
  • 実際に試打をしてみても数値上で明らかに初速があがり距離が伸びました。 高弾道で力強い球筋になるので打っていて心地よいドライバーになっています。
  • 調整機能も設計されているので弾道も自在に変化させることが可能です。飛距離アップしたいという方に強くおすすめできるドライバーです。

プロギア『RS JUST』シリーズを徹底試打検証!マーク金井の試打職人

  • 2022年7月22日発売、プロギア『RS JUST』はどんなクラブ? どんなゴルファーに向いている?前モデルとの違いは?
  • マーク金井氏が徹底試打をして解説

最新ドライバー・プロギアRS JUSTシリーズ・何がジャストか探っていたら、とんでもない飛距離が出ちゃった!【最新ゴルフクラブ試打】

《今回試打したプロギア【RS JUST】シリーズ》

【RSドライバー】 ロフト角:10.5度 シャフト:ディアマナ FOR PRGR “BLACK” フレックス:SR(M‐40)

【RS Dドライバー】 ロフト角:10.5度 シャフト:ディアマナ FOR PRGR “SIVER” フレックス:SR(M‐40)

【RS Fドライバー】 ロフト角:10.5度 シャフト:ツアーAD FOR PRGR フレックス:SR(M‐40)

  • “ギリギリ”の設定で名高いプロギアRSドライバーから、最新モデルが発売された。
  • “ギリギリ”なのに“ジャスト”ってどういうこと?と、試打しながら検証を開始した2名のフィッターであったが、打ち進んでいくうちに飛距離がどんどん伸びていき、最終的には驚きの飛距離がたたき出されることに!
  • よく見れば、半端ないボール初速とミート率が出ている。

RS Dドライバー(RS JUST・6代目)のスペック

ロフト角 9.5° 10.5°
ライ角 59°
フェース角 -2.5°
体積 460cc
長さ 45.5インチ

RS Dドライバー(RS JUST・6代目)のシャフト

フレックス シャフト重量 クラブ重量 トルク バランス
S (M-43) 52g 299g 6.1° D-2
SR (M-40) 49g 296g 6,5° D-1.5
R (M-37) 46g 293g 6.5° D-1

PRGR RSドライバー 2020(5代目)の試打・評価まとめ

プロギアのRSシリーズの2020年モデルから発売のRSドライバー 2020について、試打・評価をまとめました。

PRGR RSシリーズの5代目(2020年)はドライバーが3種類


PRGRのRSシリーズの2020年版は、5代目となります。ドライバーは3種類あり、左から、RSドライバー、RS Fドライバー、RS+ドライバーです。

  • RS Fドライバー:思いきり叩け、強弾道で飛ばせる。
  • RSドライバー:つかまりが良く、高弾道で飛ばせる。
  • RS+ドライバー:RSドライバーの飛びに、振りやすさとやさしさを追加。

本記事で取り上げるのは、スタンダードタイプのRSドライバー2020(5代目)です。

RSドライバー2020(5代目)

RSドライバーは、RS Fドライバーがフェード仕様なのと比べると、つかまりが良く、ドロー仕様と言われています。

ただし、RSシリーズはPRGRのアスリート向けブランドのため、スライスに悩むアベレージゴルファーの方は、eggというシリーズがありますので、そちらも合わせて検討されると良いかもしれません。

RSドライバーは、つかまりと弾道の高さが特徴です。標準シャフトはDiamanaが装着されたモデルでクラブ重量は304g(SR)あります。もう少し軽めで振りたい方は、RS+ドライバーを選択すると、標準シャフトのSpeederでクラブ重量は294g(SR)となります。

RSドライバー(RS5)を計測試打

  • つかまるクラブ。スライスで悩んでいる方に良い。
  • 前作よりも思っている通りに振りやすい。
  • 打感は前作よりもフェースに乗っていて厚い感じがする。
  • スピンが入り過ぎない。やさしい。

RSドライバーをプロが試打・評価

RSシリーズドライバーは、4つの芯を1点に集めた構造となっていて、強芯・広芯が特徴です。試打では芯を外したらどうなるかも試されています。

  • ドローを打とうと思わなくても、シャフトの良いしなりでつかまってくれる。
  • ヘッドは座りが良く、安心感がある。
  • 芯を外しても、ミート率・スピン量は良い値が出る。広芯に救われる。

RSドライバー、RS Fドライバー、RS+ドライバーをマーク金井氏が打ち比べ

ヘッドが返ってくるのが手に伝わってくるため、自然と逃がしてしまい、試打では右に抜ける球が出ているそうです。

  • つかまりが良い。ナチュラルドロー。
  • 重心角が大きく、ヘッドが返ってくる。

PRGR RS Fドライバー 2018 試打・評価・徹底解説

プロギアのRSシリーズから発売のRS Fドライバー 2018年モデルについて取り上げます。

PRGR RSのドライバーは全部で4モデル!

左からRS E、RS RED、RS、RS Fドライバー

PRGRのRSシリーズは2018年にRSとRS Fの2種類、2019年にRS EとRS REDの2種類が発売され、全部で4モデルのラインナップとなっています。右から、2018年に発売のフェード仕様のSR Fドライバー、ドロー仕様のRSドライバー。そして、2019年に発売の軽量モデルのRS REDドライバー、つかまりの良いRS Eドライバーです。

POINT:RSシリーズの基本特性

  • RSドライバー:ドローで飛ばす
  • RS Fドライバー:フェードで飛ばす
  • RS Eドライバー:簡単に飛ばす
  • RS REDドライバー:スピードで飛ばす

本記事で取り上げるのは、RS Fドライバーです。

PRGR RS Fドライバー 2018は3代目モデル!

左から2016年、2017年、2018年モデル

RS Fドライバーは2016年に初代、2017年に2代目が発売され、2018年モデルは3代目となります。

2016・2017年のモデルは、トゥ側にウェイトが一つ搭載されていて、これはRSドライバーがヒール側なのと逆になっています。ウェイト位置からRSがドロー仕様、RS Fがフェード仕様であることが分かりました。

3代目の2018年モデルではウェイトが一つとなり、共にソール後方に搭載されていますので、ウェイト位置からはドロー・フェードの違いは分かりません。ただし、ヘッド形状により深重心・浅重心の差があり、重心角に差を生む形状となっています。RS Fドライバーの方が重心が浅いため、ヘッドがオートマチックに返りにくく、フェードが出やすいドライバーとなっています。

Wクラウンによりフェースがたわむ

RS Fドライバーは、RSドライバーと同様にクラウンの前方が斜めに傾斜しているWクラウン設計となっています。

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/18-rs-driver.html

上図はRSドライバーのものですが、Wクラウン設計によりフェースが大きく撓むことで、反発性能が高まっています。

ヘッド形状はディープ

RS Fドライバーは、RSドライバーと異なりディープヘッドになっています。ヘッド体積は同じく460ccえすので、フェースが面長で、その分、ストレッチが短くアドレスするとコンパクトに見えます。

洋ナシ形状で、RSよりもヘッドが勝手にかえることなく、左のミスを恐れずに叩いていけそうです。

大きな慣性モーメントで、反発エリアも拡大!

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/18-rs-driver.html

大きな慣性モーメントにより、一般的なドライバーと比べて反発エリアが約150%拡大しています。RS Fドライバーはフェースの縦方向の慣性モーメントが大きくなっていますので、上下方向の打点がバラつきに対して寛容性を発揮してくれます。

RS F ドライバー 2018の試打・評価

RS Fドライバーをマーク金井氏が試打して解説


フェード仕様のボールがつかまり過ぎないドライバーで、純正Diamanaシャフトでは、ヘッドスピード43~45m/sぐらいの人におすすめされています。

RS Fドライバーについて徹底解説–3upClub


前作のRSシリーズとの違いについても解説されています。RS Fについては、ドロー仕様というよりニュートラル、ストレートと言った感想が出ています。

メーカー公式PV


RSドライバー・RS Fドライバーについて、製品の特徴が詳しく解説されています。

RS Fドライバーのスペック

シャフトスペック S (M43) SR (M40) R (M37)
ロフト角(°) 9.5/10.5 9.5/10.5 10.5
体積(㎝3) 460 460 460
フェースアングル(°) -3.5 -3.5 -3.5
ライ角(°) 56.0 56.0 56.0
長さ(インチ) 45.5 45.5 45.5
総重量(g) 308 303 299
バランス D-2.5 D-2.0 D-1.5
シャフト重量(g) 54 49 44
シャフトトルク(°) 4.7 5.4 5.7

RS Fはフェードバイアス設計となっていますが、従来のウェイトをソールのトゥ側に搭載したいたものと異なり、重心深度を変えることで重心角を小さくし、ボールのつかまり・にげ具合を変えているようです。

フェードモデルといいながらも、そこまでつかまる感じはないという感想が印象的でした。2018年モデルでは、装着ウェイト数が異なったこともあり、フェード具合が弱まっているのかもしれません。

RS Fドライバーの販売価格と発売日

RS Fドライバーはの発売開始日は2018年7月13日です。標準シャフトはDiamana for PRGRで、発売価格は80,000円です。

PRGR RSドライバー 2018 試打・評価・徹底解説

プロギアのRSシリーズから発売のRSドライバー 2018年モデルについて取り上げます。

PRGR RSのドライバーは全部で4モデル!

左からRS E、RS RED、RS、RS Fドライバー

PRGRのRSシリーズは2018年に2種類、2019年に2種類発売され、全部で4種類あります。右から、2018年に発売のフェード仕様のSR Fドライバー、ドロー仕様のRSドライバー。そして、2019年に発売の軽量モデルのRS REDドライバー、つかまりの良いRS Eドライバーです。

POINT:RSシリーズの基本特性

  • RSドライバー:ドローで飛ばす
  • RS Fドライバー:フェードで飛ばす
  • RS Eドライバー:簡単に飛ばす
  • RS REDドライバー:スピードで飛ばす

本記事で取り上げるのは、RSドライバーです。

PRGR RSドライバーは2018年モデルで3代目

左から2016年、2017年、2018年モデル

RSドライバーは2016年に初代が発売され、2018年モデルは3代目となります。2016年と2017年のモデルは、RSドライバーとRS Fドライバーで、ソール前方のウェイトのヒール・トゥに分かれていましたので、ドロー・フェード仕様が一目瞭然でした。

しかし、2018年モデルでは目視できるウェイトはソール後方中央のウェイト一つになり、見た目ではドロー・フェードの違いが分かり辛くなりました。

2018年モデルでは、RS FよりRSの方が重心が深くなっています。大きな重心角でボールがつかまる方向に作用してくれます。

Wクラウンによりフェースがたわむ

RSドライバーは、クラウンの前方が斜めに傾斜しているWクラウン設計を採用しています。

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/18-rs-driver.html

Wクラウン設計によりフェースが大きく撓むことで、反発性能が高まっています。

ヘッド形状はシャロー

RSドライバーは、RS Fドライバーよりもシャロー形状になっています。

ストレッチが長く、アドレスした時にボールのつかまりを感じやすい形状になっています。

大きな慣性モーメントで、反発エリアも拡大!

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/18-rs-driver.html

大きな慣性モーメントにより、一般的なドライバーと比べて反発エリアが約150%拡大しています。打点がバラついてもスピードのロスが少なく、ミスに強いヘッドになっています。

RS ドライバー 2018の試打・評価

RSドライバーをマーク金井氏が試打して解説


RSとRS Fドライバーの違いについても解説されています。

RSドライバーについて徹底解説–3upClub


前作のRSシリーズとの違いについても解説されていて、2018年モデルの特徴が分かります。

メーカー公式PV


RSドライバーと同時に発売のRS Fドライバーについて、製品の特徴が詳しく解説されています。

RSドライバーのスペック

シャフトスペック S (M43) SR (M40) R (M37)
ロフト角(°) 9.5/10.5 9.5/10.5/11.5 10.5/11.5
体積(㎝3) 460 460 460
フェースアングル(°) -2.0 -2.0 -2.0
ライ角(°) 59.0 59.0 59.0
長さ(インチ) 45.5 45.5 45.5
総重量(g) 308 303 298
バランス D-2.0 D-1.5 D-1.0
シャフト重量(g) 54 49 44
シャフトトルク(°) 4.7 5.4 5.7

RSシリーズは、アスリート向けモデルという位置づけですが、反発エリアが広がり前作よりやさしくなっています。もともとツアープロ向けというほど難しいクラブではありませんので、中級者でスライス系の方があつかいやすいドライバーです。

RSドライバーの販売価格と発売日

RSドライバーはの発売開始日は2018年7月13日です。標準シャフトはDiamana for PRGRで、発売価格は80,000円です。

PRGR RS Eドライバー 試打・評価・徹底解説

プロギアのRSシリーズに追加発売されているRS Eドライバーについて取り上げます。

PRGR RSシリーズのドライバーは全部で4種類ある!

左からRS E、RS RED、RS、RS Fドライバー

PRGRのRSシリーズは当記事執筆時点で4種類のラインナップとなっています。まず、2018年6月にRS ドライバー、RS Fドライバー(右2つ)が発売され、年を跨いで2019年4月にRS Eドライバー、RS REDドライバー(左2つ)が発売されています。

POINT:RSシリーズの基本特性

  • RSドライバー:ドローで飛ばす
  • RS Fドライバー:フェードで飛ばす
  • RS Eドライバー:簡単に飛ばす
  • RS REDドライバー:スピードで飛ばす

本記事で取り上げるのは、RS Eドライバーです。

PRGR RS Eドライバー

RS Eドライバーは、モデル名の「E」あEASY(やさしい)を意味していて、やさしさに拘ったモデルとなっています。

RSは、Real Sportsの略で、もともとアスリート向けのモデルですが、つかまりがよく、球が上がりやすく、ミスにも強い設計となっていて、中級者でも使いやすいドライバーです。

RS Eドライバーのフェース

同時期に発売されている軽量モデルのRS REDと比べると、面長なフェース形状となっています。

https://www.prgr-golf.com/product/driver/19-rs-e-driver.html

たわみを増長させるリブが搭載されていて、フェースが大きくたわんで飛距離アップに貢献してくれます。

ヘッド形状は安心感のある丸形

ヘッドはストレッチが長めに取られていて、後方に重量配分されています。また、ヒールよりも膨らみがあり、重心角を大きくした設計になっています。

https://www.prgr-golf.com/product/driver/19-rs-e-driver.html

重心角はシリーズ最大の34°で、スライサーに適した重心設計となっています。筆者の記憶の範囲で言いますと、2019年モデルとして発売されているドライバーの中で、最も大きな重心角となっています。

これまでの重心角が大きなドライバーは、極端に軽かったり、やさし過ぎたり、シニアや初心者向けのものが多かったイメージがありますが、アスリート向けモデルから登場した大重心角のドライバーということで、新たなゴルファー層に注目されるモデルです。

メーカー モデル 重心角
PRGR RS Eドライバー 34°
ヤマハ インプレスUD+2ドライバー 33°
ブリヂストン PHYZドライバー 32°
PRGR RS REDドライバー 31.5°

低重心・深重心でやさしいドライバー

重心は深く設定されていますので、打点がバラツキやすいゴルファーにとって、オフセンター時のミスを許容してくれますので、扱いやすいドライバーです。

反面、ミスを許容するということは、直進性が高いため、打ち方を変えて弾道を操作するのには不向きとなります。

RS Eドライバーの試打・評価

RS Eドライバーをマーク金井氏が試打して解説

ボールのつかまりの良さについて、カット気味、プッシュアウト気味に打ち分けて検証されています。スライサーにおすすめのドライバーです。

みんなのゴルフダイジェストによる試打動画


RS EドライバーとRS REDドライバーを試打して打ち比べてしています。

アマチュアゴルファーがRS Eドライバーを体験


アマチュアゴルファー2人がRS Eドライバーを実際に使って感想を述べています。

メーカー公式PV


RS E、RS REDドライバーについて製品の特徴が詳しく解説されています。

RS Eドライバーのスペック

 

シャフトスペック S (M43) SR (M40) R (M37)
ロフト角(°) 9.5/10.5 9.5/10.5 9.5/10.5
体積(㎝3) 460 460 460
フェースアングル(°) 0 0 0
ライ角(°) 59.0 59.0 59.0
長さ(インチ) 45.5 45.5 45.5
総重量(g) 308 300 298
バランス D-2.0 D-1.5 D-1.0
シャフト重量(g) 54 47 44
シャフトトルク(°) 5.2 5.5 7.0

同時期に発売されているRS REDドライバーも、つかまり、球の上がりやすさ、直進性に優れていて、RS Eドライバーとあまり変わらないのでは?と思うゴルファーもいると思います。

が、RS REDドライバーは約30g軽量化されたモデルで、RS Eドライバーは、先に発売されているRSドライバー、RS Fドライバーと同じ重量感となっています。ちなみに、スペックとは別の話になりますが、RS Eドライバーの方が2万円安いです。

ロフト角は9.5°、10.5°の2種類のみ、フレックスもR、SR、Sの3種類のみとなっています。RSドライバーはドローモデルとして発売されていますが、つかまりが一つ足りず購入を断念した方は、つかまりがぐっと良くなったRS Eドライバーを試してみてください。

RS Eドライバーの販売価格と発売日

RS Eドライバーはの発売開始日は2019年4月19日です。発売価格は68,000円です。