TS1ドライバーの試打動画を3本まとめ

タイトリストから発売のTS1ドライバーについて、先日、モデルの特徴をまとめました。

TS1ドライバーの試打・解説–みんなのゴルフダイジェスト

こちらは前回の投稿でも紹介した動画です。モデルの趣旨に合わせて、ヘッドスピードを遅めにして試打しています。

  • 打感がとても柔らかい。柔らかさが手元に残る。
  • 芯を外しても、飛距離が落ちず、直進性が非常に高い。
  • 投影面積が大きく、ドローが打ちやすい。ヘッドが戻ってきてくれる。
  • ボールのつかまりがよく、中弾道。
  • スライサーのように打っても、スライス回転が殆ど掛からない。
  • ディアマナ以外に、エアスピーダーも選べるので、ヘッドスピードが遅い人も使える。

TS1ドライバーの試打・解説、その1–3upClub

  • 全部ヒールに当たったが、球は全く捩じれず飛んで行く。
  • 球の弾き方と捩じれなさが、ここ数年打った中で一番良い。
  • 右にミスしたはずの球が、全部つかまってくれる。
  • クラブ重量は軽量化を進めて275g。
  • ヘッドスピードは42m/sぐらいまでのゴルファー向け
  • ソールのウェイトは変えられるらしい。標準が9gで、上は+6g、下はー4g。
  • クラブ重量が軽いのに、スピン量が増えない。

TS1ドライバーの試打・解説、その2–3upClub

  • これまでのタイトリストのモデルの中で一番ドローバイアスな設計で、つかまりが良い。
  • TS2と比べて、球は上がりやすく、つかまりが良い。スピンはちょっと(200ぐらい)上がる。
  • ディアマナ50は先中で、結構、返ってくる。つかまりが良いモデルなので、つかまるシャフトなんだろうけど。。。
  • TS2ユーザーとしては、ヘッドはTS1の方が良いので、ロフトを立てて9.5°で、シャフトを固めのものにして使いたい。

以上、予想外に発売されたTS1ドライバーについて、試打の情報が早速出てきましたので、まとめてみました。

注目のTS1ドライバーは、2019年7月5日に発売が予定されています。

「TS1」関連のおすすめ記事

タイトリスト TS1ドライバーの最新情報!試打動画もあり!

 

あわせて読みたい