PRGR RSドライバー 2018 試打・評価・徹底解説

プロギアのRSシリーズから発売のRSドライバー 2018年モデルについて取り上げます。

PRGR RSのドライバーは全部で4モデル!

左からRS E、RS RED、RS、RS Fドライバー

PRGRのRSシリーズは2018年に2種類、2019年に2種類発売され、全部で4種類あります。右から、2018年に発売のフェード仕様のSR Fドライバー、ドロー仕様のRSドライバー。そして、2019年に発売の軽量モデルのRS REDドライバー、つかまりの良いRS Eドライバーです。

POINT:RSシリーズの基本特性

  • RSドライバー:ドローで飛ばす
  • RS Fドライバー:フェードで飛ばす
  • RS Eドライバー:簡単に飛ばす
  • RS REDドライバー:スピードで飛ばす

本記事で取り上げるのは、RSドライバーです。

PRGR RSドライバーは2018年モデルで3代目

左から2016年、2017年、2018年モデル

RSドライバーは2016年に初代が発売され、2018年モデルは3代目となります。2016年と2017年のモデルは、RSドライバーとRS Fドライバーで、ソール前方のウェイトのヒール・トゥに分かれていましたので、ドロー・フェード仕様が一目瞭然でした。

しかし、2018年モデルでは目視できるウェイトはソール後方中央のウェイト一つになり、見た目ではドロー・フェードの違いが分かり辛くなりました。

2018年モデルでは、RS FよりRSの方が重心が深くなっています。大きな重心角でボールがつかまる方向に作用してくれます。

Wクラウンによりフェースがたわむ

RSドライバーは、クラウンの前方が斜めに傾斜しているWクラウン設計を採用しています。

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/18-rs-driver.html

Wクラウン設計によりフェースが大きく撓むことで、反発性能が高まっています。

ヘッド形状はシャロー

RSドライバーは、RS Fドライバーよりもシャロー形状になっています。

ストレッチが長く、アドレスした時にボールのつかまりを感じやすい形状になっています。

大きな慣性モーメントで、反発エリアも拡大!

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/18-rs-driver.html

大きな慣性モーメントにより、一般的なドライバーと比べて反発エリアが約150%拡大しています。打点がバラついてもスピードのロスが少なく、ミスに強いヘッドになっています。

RS ドライバー 2018の試打・評価

RSドライバーをマーク金井氏が試打して解説


RSとRS Fドライバーの違いについても解説されています。

RSドライバーについて徹底解説–3upClub


前作のRSシリーズとの違いについても解説されていて、2018年モデルの特徴が分かります。

メーカー公式PV


RSドライバーと同時に発売のRS Fドライバーについて、製品の特徴が詳しく解説されています。

RSドライバーのスペック

シャフトスペック S (M43) SR (M40) R (M37)
ロフト角(°) 9.5/10.5 9.5/10.5/11.5 10.5/11.5
体積(㎝3) 460 460 460
フェースアングル(°) -2.0 -2.0 -2.0
ライ角(°) 59.0 59.0 59.0
長さ(インチ) 45.5 45.5 45.5
総重量(g) 308 303 298
バランス D-2.0 D-1.5 D-1.0
シャフト重量(g) 54 49 44
シャフトトルク(°) 4.7 5.4 5.7

RSシリーズは、アスリート向けモデルという位置づけですが、反発エリアが広がり前作よりやさしくなっています。もともとツアープロ向けというほど難しいクラブではありませんので、中級者でスライス系の方があつかいやすいドライバーです。

RSドライバーの販売価格と発売日

RSドライバーはの発売開始日は2018年7月13日です。標準シャフトはDiamana for PRGRで、発売価格は80,000円です。

あわせて読みたい