ROGUE スターユーティリティ 試打・評価・徹底解説

キャロウェイのROGUEスターユーティリティについて取り上げます。

ROGUEのユーティリティはスターモデルのみ

ROGUEは2018年に発売されているモデルです。前年の2017年に発売されているGBB EPICとは異なるモデルですが、EPICの最大の特徴であるJAIL BREAKテクノロジーは、ROGUEのユーティリティにも搭載されています。

JAIL BREAKテクノロジーが搭載されているのは、4番と5番の2本!

出典:https://news.callawaygolf.jp/special/rogue/ut_fw/

JAIL BREAKはヘッド内部の貫通する2本の柱構造で、縦方向の剛性を高めることで、ヘッドの撓みがボールの進行方向と異なる縦に生じにくくなっています。

エネルギーの消費効率が高まりますので、ボールスピードのアップにつながるだけでなく、ヘッドの剛性が高まることで、様々な箇所の薄肉化・軽量化が実現可能となっています。

JAIL BREAKは、ROGUEモデルで初めてユーティリティに搭載されましたが、全番手ではなく、4番と5番のみに搭載されています。6番と7番には恐らくスペース的な関係から搭載されていません。

フェースカップを搭載

飛距離が求められる4番、5番では、フェース素材にカーペンター455スチールが採用され、カップフェース構造となっています。オフセンター時でもボール初速の低下が抑えられます。

アンダーカット・インナーウェイトテクノロジー

出典:https://news.callawaygolf.jp/special/rogue/ut_fw/index.html

アンダーカット・インナーウェイトテクノロジーは、もともとアイアンのために開発されたもので、重心位置の自由度が上がります。ROGUE スターユーティリティにも搭載され、浅重心・低重心に設定されています。弾道としては、浅重心による低スピン効果、低重心による高打ち出しとなります。

POINT

  • 浅重心・低重心により、低スピン・高打ち出しの弾道

ロフト角調整機能は搭載されていない

ホーゼル部分にロフト角の調整機能は搭載されていません。また、ソールにウェイトビスもなく、GBB EPICのようなスライディングウェイトもありませんので、調整機能はありません。

ROGUEスター ユーティリティの試打・評価

ROGUEユーティリティの試打–深堀圭一郎

  • 飛距離も大事だけど、ミート率が高い。
  • 芝の上で構えて当たりそうな感じがする。
  • ユーティリティが苦手だった人にも打ちやすい。

ROGUEスターユーティリティの試打–佐伯三貴

  • 顔はアイアンっぽくて、構えた時に合わせやすい。
  • 打感も良く、楽に打てる。

ROGUEスターユーティリティのスペック

番手 4 5 6 7
ロフト角(°) 20 23 26 29
ライ角(°) 59 59.5 60 60.5
ヘッド体積(cc) 127 125 122 117
クラブ長さ (インチ) 40 39.5 39 38.5

番手は4(20°)、5(23°)、6(26°)、7(29°)の4種類が用意されています。USモデルではROGUEハイブリッドが2~6番、ROGUE Xハイブリッドが3~8番と番手が豊富ですが、日本モデルは4種類です。

ROGUEスターユーティリティの販売価格と発売日

ROGUEスターユーティリティの発売開始日は2018年3月です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは3種類です。

  • FUBUKI for CW (S/SR/R)
  • Speeder EVOLUTION for CW 60(S/SR/R)
  • N.S.PRO Zelos 7 Hybrid(S)

発売価格は¥21,204(税抜き)からです。

あわせて読みたい