タイトリスト 620MB・620CBアイアン!マッスルバックとキャビティーバックの2タイプ!2019年8月30日発売

タイトリストから発売の620MBアイアン・620CBアイアンについて取り上げます。

タイトリスト 620アイアンは、マッスルバックとキャビティーバックの2タイプ

タイトリストの620アイアンは、マッスルバックの620MBアイアンとキャビティーバックの620CBアイアンの2種類が発売されています。

どちらもツアープロのニーズが反映されたツアーモデルのアイアンです。

620MBアイアンの特徴と外観

620MBアイアンは、トップブレードが薄く、余分な形状も重量も削ぎ落され、まさに上級者向けのマッスルバック形状です。

ネックはオフセットが少ないストレートで、インテンショナルナショットを繰り出したいゴルファーに適した形状をしています。

スコアラインはフェース上部ギリギリまで施されています。様々なコースコンディション・不自由な体制からのショットでも、高いスピン性能が保たれるよう配慮されています。

620CBアイアンの特徴と外観

620CBアイアンは、キャビティーアイアンのためフェースの周辺部が肉盛りされています。中央が薄く外周が分厚い構造は、ミスへの強さと弾きの良さが特徴となっていますので、620MBより寛容性が高く、飛距離性能も高くなっています。その反面、操作性は620MBの方が高くなります。操作性と寛容性、このあたりがモデル選択の一つのポイントになります。

ネックは620MBよりもオフセットがあり、若干、グースがありますが、FPはかなり小さく見えます。ツアーモデルのため、つかまりが良いというモデルではありません。

3、4番では、高比重のタングステンがトウ・ヒールに配置されていて、左右方向の慣性モーメントの高さにつながる重量配分となります。慣性モーメントが大きいことで、打点のブレによる飛距離の低下が抑えられます。

620アイアンのスペック

620MBアイアンのスペック

番手 3 4 5 6 7 8 9 P
ロフト角 21 24 27 31 35 39 43 47
ライ角 60 61 62 62.5 63 63.5 64 64
長さ 39 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.75

620CBアイアンのスペック

番手 3 4 5 6 7 8 9 P
ロフト角 20 23 26 30 34 38 42 47
ライ角 60 61 62 62.5 63 63.5 64 64
長さ 39 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.75

7番のロフト角を比較すると、620MBが35°、620CBが34°となっています。キャビティーアイアンの方が1°ストロングになっていて、やや飛距離性能を求めたスペックとなっています。

620MB・620CBアイアンの発売日・発売価格

620MBアイアン、620CBアイアンの発売日は、2019年8月30日が予定されています。

  • 620MBアイアン / AMT TOUR WHITE S200
    5本セット(6~9、P):120,000円+税
    単品3、4、5:24,000円+税
  • 620CBアイアン / AMT TOUR WHITE S200
    5本セット(6~9、P):120,000円+税
    単品3、4、5:24,000円+税

あわせて読みたい