ゼクシオ11アイアンの試打・評価!

ゼクシオ11代目となるアイアン、ゼクシオ11アイアンについて、試打動画を取り上げ、モデルの特徴や評価をまとめました。

ゼクシオ11アイアンはボディーが撓んで飛ぶ

ゼクシオ11アイアンでは、注目すべき新しいテクノロジー・構造が搭載されています。

ウェイトプラス テクノロジー

1つ目はウェイトプラステクノロジーです。アイアンでは、グリップエンドを重くすることで、クラブの重心点が先端からグリップ寄りになっています。

このカウンターバランスにより効果としてゼクシオが述べているのは、まず、ヘッドが重く感じなくなるため、トップの位置でのヘッド位置のバラツキが減り、理想的なためができること。もう一つは、グリップエンドが重くなることで、スイング開始時からテコの原理が働き、コックがたまるということ。

テコの原理については、詳しい説明が見受けられないのですが、恐らく握った位置を視点として、グリップエンドが従来より重量感があるため、コックしやすいということと筆者は理解しました。

ツイングルーブ

参考:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2019/sp/2019_p05.html

二つ目はツイングルーブと呼ばれる当たらな溝構造です。最近のアイアンは、独特な形状のヘッドの中に、如何に大きく効果的な溝スペースを作り出すかがポイントになっているように思います。

ゼクシオ11アイアンでは、フェース裏の下部に2つ目の溝が設けられていて、優れた反発性能を発揮してくれます。

溝については、こちらの公式動画の中で詳しく解説されています。

ゼクシオ11アイアンを試打

  • ヘッドの形状は従来モデルと比べても違和感がない。
  • 前作よりも、打感・抜け感が良い。
  • ゼクシオユーザーのヘッドスピードが遅めの方だと、打感は柔らかく、吸い付いている感じがある。
  • 同時に発売されているゼクシオXアイアンは、ヘッドスピードが速めの方向け。

 

あわせて読みたい