MAVRIKドライバー・MAVRIKサブゼロドライバー|キャロウェイの2020年モデル

キャロウェイのドライバーが適合リストに掲載されました。

MAVRIKと名付けられたニュードライバーについて取り上げます。

MAVRIKのドライバーはこれまで通り2種類ある!

キャロウェイのドライバーは、GBB EPIC、ROGUE、EPIC FLASHの過去3年間のモデルで2種類のヘッドが発売されています。

アベレージ向けのノーマルモデル、アスリート向けのサブゼロモデルです。(日本ではスターモデルがアベレージ向けとして発売)

今回、USGAの適合リストに掲載されたモデルも、ノーマルとサブゼロの2種類となっています。

MAVRIKドライバーの概要

MAVRIKドライバーの外観

こちらがノーマルモデルと思われるMAVRIKドライバーとなります。ヘッド後方に固定式ウェイトが搭載されています。

GBB EPIC、EPIC FLASHではレール上を動かせるペリメーター・ウェイティングでしたが、ROGUEと同じく固定式です。

2年という商品サイクルからしても、EPICシリーズではなく、ROGUEシリーズとしての後継モデルの可能性があります。

但し、ROGUEの特徴であるシャローヘッドではないように見えますので、全く新たなモデルの可能性もあります。

MAVRIKドライバーの搭載テクノロジー・スペック

  • ロフト角:9、10.5°
  • JAILBREAKテクノロジーを搭載
  • フラッシュフェースを搭載
  • 可変スリーブによるロフト角・ライ角調整機能を搭載
  • 固定式ウェイトをソール後方に搭載

MAVRIK サブゼロ ドライバーの概要

MAVRIK サブゼロ ドライバーの外観

MAVRIKサブゼロ ドライバーは、ソールの前方と後方にウェイトを一つずつ搭載しています。ウェイトは共に固定式となっていますので、EPIC FLASHサブゼロのようなドローフェードの調節機能ではありません。

ヘッド形状は、ノーマルなMAVRIKドライバーと比べてストレッチが短く見えます。ディープヘッド、前方ウェイトという点から、従来のサブゼロと同じく浅重心の低スピンタイプのドライバーで、上級者向けのモデルと思われます。

MAVRIK サブゼロ ドライバーの搭載テクノロジー・スペック

  • ロフト角:9、10.5°
  • JAILBREAKテクノロジーを搭載
  • フラッシュフェースを搭載
  • 可変スリーブによるロフト角・ライ角調整機能を搭載
  • 固定式ウェイトをソール前方と後方に搭載

 

あわせて読みたい