Mグローレ ドライバー 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのMグローレ GLOIRE ドライバーについて取り上げます。

テーラーメイド Mグローレ ドライバー

Mグローレドライバーは、M3、M4などが属する「M」と、日本オリジナルブランドの「グローレ」が融合したモデルです。

Mグローレは果たした「M」シリーズなのか「グローレ」シリーズなのか、それとも全く新しいブランドになるのか、この点についてはニュースリリースで下記のように表現されています。

「世界を席巻する「ツイストフェース」を「GLOIRE」に搭載!!」
https://www.taylormadegolf.jp/newsRelease_2018.html/newsRelease_2018.html

ベースは「グローレ」で、そこにMのテクノロジーである「ツイストフェース」を載せたという形で、グローレに属するように読み取れます。

フォージドのツイストフェースを搭載!

Mグローレに搭載されているツイストフェースは、フォージドのフェースです。チタン(6- 4 ti)素材の鍛造のため、打感と打音にも優れています。

出典:http://www.taylormadegolf.jp/m-gloire.html

ツイストフェースの詳しい説明については、「M4ドライバーの試打・評価・徹底解説」での説明ご覧頂くとして、ハイトゥ・ローヒルに集中する打点のブレに対して、フェースを捩じれにより弾道をセンターに寄せてくれる働きをしてくれます。

ハンマーヘッドも搭載!

M3、M4のツイストフェースと並ぶもう一つのテクノロジー、「ハンマーヘッド」についても、Mグローレに搭載されています。

ハンマーヘッドとは、ソール前方のスピードポケットが2本のリブで剛性を高めたものです。これにより、フェースを薄くすることが可能となり、反発力が上がると同時に、バックスピンを減らしてくれます。

Mグローレのクラウン

クラウンは、シルバーとゴールドをイメージしたようなカラーリングとなっていて、デザイン性の高さと高級感が感じられます。

Mグローレの特徴の一つが、軽量化!

M3 M4 Mグローレ
307g 297g 278g

※標準シャフトのSRスペックでの値

標準シャフトのSRスペックが装着されたモデルで、クラブ重量を比較してみると、M4はM3より約10g軽く、MグローレはM4より更に約20g軽くなっています。

グローレ Fドライバーの重量が同じく標準シャフトのSRスペックで287gですので、Mグローレは10g軽くなっています。シャフトの長さもM4ドライバー、グローレFよりも若干長くなっています。軽量化、長尺化とくれば、ターゲットゴルファーが浮かび上がってきます。クラブ重量感としても、ターゲット層はゼクシオにかなり近いのではないかと思います。

ロフト角・ライ角の調整機能は搭載していない!

まず、ソールを見てお気づきの方もいると思いますが、M3で搭載されているウェイト調整機能は、Mグローレでは搭載されていません。

そして、M3、M4の両方に搭載されているホーゼル部のロフト角・ライ角調整機能もMグローレでは搭載されていません。これはキャロウェイがアジア向けにGBB PICやROGUEでスターモデルを出しているのと恐らく同じ理由で、軽量化を進めるために外したものと思われます。

Mグローレ ドライバーの試打・評価

Mグローレ ドライバーをマーク金井氏が試打

重心角が大きく、つかまりが良い。ヘッドが軽いのでヘッドスピードが速くない人に向いています。

中井学プロによるクラブ解説

クラブ設計について、時間を割いて解説してくれています。

新旧モデルの打ち比べ解説動画

Mグローレドライバーと前作となるグローレF2ドライバーの打ち比べ動画です。

Mグローレドライバーのスペック

ロフト角 9.5/10.5/11.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 460cc
Speeder EVOLUTION TM FUBUKI TM5
長さ 46インチ
フレックス S/SR/R
シャフト重量 50/47/42g
クラブ重量 281/278/273g
バランス D4
トルク 4.9/5.0/5.2
キックポイント 先中

ロフト角は9.5°、10.5°、11.5°の3種類が用意されていますので、球が上がりづらい方は高ロフトを選択することができます。スペック面での特徴はクラブ重量と長さです。Rスペックで273gですので、前の章でも触れましたようにグローレF2よりも約10g軽くなっています。そして、クラブ長さは46インチとなっていますので、ヘッドスピードが速くないゴルファーが、軽いヘッドと長めのシャフトで飛距離を出しやすくなっているドライバーです。

Mグローレドライバーの販売価格と発売日

Mグローレドライバーの発売開始日は2018年10月26日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトはSpeeder EVOLUTION TMの1シャフトのみで、本体価格は82,000円となっています。

 

あわせて読みたい