T400アイアンの最新情報をまとめました

タイトリストのT400アイアンについて、最新情報をまとめました。

T100~400までアイアンは4種類のラインナップ

タイトリストのT400アイアンが2020年4月10日に発売となり、既に発売されている3種とあわせて、全4種類となっています。

写真左からT100、T200、T300、T400アイアンです。厳密には、T100・Sアイアンというモデルもありますので、細かくは5種類となります。

T400アイアンは、シリーズ中、もっともやさしい

前年に発売されているT100~300アイアンの3種は、数字が大きくなるほど、やさしいモデルとなっています。

その流れにそって、T400アイアンは更にやさしいアイアンです。

中空構造で飛距離性能と寛容性を備えている

出典:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/irons/t400/

T400アイアンは中空構造を採用しています。フェースは薄く仕上げられていますので、飛距離性能と寛容性を備えています。

トゥ・ヒールにタングステンウェイトを搭載

出典:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/irons/t400/

5~7番アイアンでは、ヘッドのトゥ側とヒール側には、最大で100gのタングステンウェイトが内臓されています。

慣性モーメントが大きくなりますので、フェースの広範いが高初速エリアとなり、また、低重心効果もありますので、高い打ち出しを生み出してくれます。

抵抗が少ないスプリットソールデザインを採用

T400アイアンでは、ソールの地面との設置部分が独特な形状となっています。

スプリット・ソールデザインと呼ばれる段が付いた形状により、地面との設置面積が抑えられます。

エネルギーロスが小さく抑えられますので、飛距離アップにつながります。

飛距離性能が高いストロングロフト設計

モデル T100 T200 T300 T400
7番のロフト角 33° 30° 29° 26°

T400アイアンは、かなりのストロングロフト設計となっています。

T100~400までの7番のロフト角を比べて見ると、フェースの立ち具合は一目瞭然です。

最近、主流となりつつあるストロングロフトのアイアンの中でも、かなり立っている方となりますので、前に前に強く飛ばしたい方に適しています。

T400アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ
5 20 62 38
6 23 62.5 37.5
7 26 63 37
8 29 63.5 36.5
9 33 64 36
P 38 64 35.75
W43 43 64 35.5
W49 49 64 35.25
W55 55 64 35

クラブセッティングは、5~9、P、W43、W49、W55で、最大揃えると9本となっています。

T400アイアンのシャフト

公式サイトで紹介されているシャフトは4種類です。

  • N.S.PRO 950GH neo
  • N.S.PRO Zelos 7
  • Titleist Tensei Blue 50
  • Titleist Tensei Purple 40

T400アイアンの発売日・発売価格

5本セット(7~P、43W)・(6~P)

  • N.S.PRO 950GH neo (S):¥130,000+税
  • N.S.PRO Zelos 7(S):¥130,000+税
  • Titleist Tensei Blue 50:¥130,000+税

5本セット(7~P、43W)

  • Titleist Tensei Purple 40:¥130,000+税

単品(5、6、49W、55W)

  • N.S.PRO 950GH neo (S):¥26,000+税
  • N.S.PRO Zelos 7(S):¥26,000+税
  • Titleist Tensei Blue 50:¥26,000+税
  • Titleist Tensei Purple 40:¥26,000+税

あわせて読みたい