SIM MAX OSアイアンの試打・評価まとめ

テーラーメイドの2020年モデルの「SIM」から発売のSIM MAX OSアイアンについて、試打・評価をまとめました。

SIM MAX OSアイアンは、ヘッドサイズが大きいのが特徴

SIMシリーズからは2種類にアイアンが発売となっています。左がSIM MAXアイアン、右がSIM MAX OSアイアンです。

以前は、M5アイアン、M6アイアンといったように、モデルが完全に異なっていましたが、SIMシリーズではSIM MAXというモデル名が同一になっています。

本記事で取り上げるのは、SIM MAX OSアイアンで、ヘッドサイズが大きくやさしい方のアイアンです。

  • SIM MAX アイアン
    高弾道・高初速で、打感も優れている
  • SIM MAX OS アイアン
    SIM MAXアイアンより軽くて大きい。ワイドソール・低重心で、高弾道で飛距離が出る

SIM MAX OSアイアンの特徴を解説

SIM MAX OSアイアンについて、打ラボしだるチャンネルで注目の石井プロが詳しく解説されています。

  • SIM MAXアイアンと比べると、後ろのエコーダンピングシステムがはっきり見えるので、深く、大きくなっているのが特徴。
  • SIM MAXとSIM MAX OSアイアンを打ち比べてみると、SIM MAX OSアイアンの方が10~15ヤード飛ぶ。
  • 球の高さは変わらないので、飛ぶ要素が強いことが分かる。
  • スピードポケットが搭載されていて、芯を外してもボール初速がしっかり出る。

SIM MAX OSアイアンを試打

GOLF PLAYING 4さんにてSIM MAX OSアイアンを試打されて、解説されています。

  • M6アイアンと似ている。
  • SIM MAX OSアイアンは、7番で26°。ロフトが立っている。
  • AP2アイアンの5番アイアンが26°で同じだが、同じロフトでもSIM MAX OSアイアンの7番の方がスピンは入らない。
  • SIM MAX OSアイアンは、高さで止める感じになると思う。

SIMアイアンが存在しない理由

今回のSIMシリーズでは、冒頭でも少し触れましたが、ドライバーやフェアウェイウッドはSIMとSIM MAXの2ラインなのに対して、アイアンではSIMがなく、SIM MAXが2種類となっています。

前年のMシリーズでは、M5アイアンとM6アイアンがありましたので、モデル構成に違いがあります。

これまでのアイアンで、M5かM6か、または、M3かM4かを悩まれていた方にとっては、気になるところかと思います。SIMアイアンが存在しない理由については、みんなのゴルフダイジェストさんにて解説されています。

最後になぜドライバーは「SIM」と「SIM MAX」、フェアウェイウッドも「SIM」と「SIM MAX」なのに、アイアンは「SIM MAX」と「SIM MAX OS」なのかだが、テーラーメイドの説明によれば、「SIM」に対応するアイアンは同社の「P790」アイアンなのだという。
引用:https://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17331480

ということで、SIMアイアンは、P790アイアンが該当するそうです。なるほどなるほど・・・んっ?

P790アイアンって2017年と2019年に発売されていて、M5の時期と被ってますので、SIMとM5が継承関係にあるとすると、M5とP790はどうなるのか?と考えてしまいますが、この辺りはSIMになって、遂に理想的なモデル構成になったと考えれば良いのかもしれませんね。

≫ テーラーメイド P790アイアン 2019の最新情報!前作よりも低重心!

 

あわせて読みたい