スリクソン ZX7ドライバーの実物カラー画像を確認!

スリクソンの2020年モデルではないかと言われているZXシリーズ。

R&AにもZXと記されたヘッドが多数掲載されていて、存在は間違いないようです。

注目されるのは、やはり色々な意味でドライバーです。

これまで確認されていた映像は、適合リストに掲載されたモノクロ版ですが、ついにカラーで実物を捉えた映像が出て来ました。

スリクソン ZX7ドライバーの実物映像

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bang(@go_further__be_closer)がシェアした投稿

現在、SNSで確認できるのはこの2つの海外の投稿です。

どちらもZX7ドライバーが捉えられています。

後者のインスタの方の映像は、複数毎の写真が投稿されていて、スライドして見ていくと、後半にフェースとヘッド後方の映像があります。

どちらにも「REBOUND FRAME」の文字が記されていますので、撮影した人は、この文字の存在を伝えたかったのではないかと思われます。

REBOUND FRAME

REBOUND FRAMEですが、筆者の記憶の範囲で言いますと、スリクソンにこのようなテクノロジーは今までありません。

直訳すると、「跳ね返る枠」となります。

REBOUNDの跳ね返るは、最近のゴルフクラブの潮流からすると、撓みを表していると思います。

そして、FRAMEについても、ドライバーヘッドをFRAME構造にして剛性を確保し、フレーム以外の部分にはカーボンなどの軽量素材を用いて、ヘッド全体の軽量化を図っているのではないかと思われます。

ZX5ドライバーについては、まだ映像が出てきていませんが、確認され次第、このサイトでお伝えしたいと思います。

ZXシリーズ関連のおすすめ記事

https://golf-club-news.com/2899/%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%82%af%e3%82%bd%e3%83%b3-zx%e3%83%bbzx%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%a6%e3%83%83%e3%83%89%e3%81%ae%e6%9c%80%e6%96%b0/

スリクソン ZXユーティリティの最新情報

スリクソン ZX5・ZX7アイアンの最新情報

 

あわせて読みたい