TSi1・TSi4の全モデルを一挙紹介!TSi1はフェアウェイウッド・ハイブリッドもある

タイトリストのTSiシリーズに、TSi1、TSi4が追加されました。

ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッドに新たに追加されたモデルについて取り上げます。

TSiシリーズに追加されたTSi1・TSi4

2020年の後半に発売されているタイトリストのTSiシリーズ。

発売当初はTSi2、TSi3の2種類のモデルでしたが、前作のTSシリーズと同様に、TSi1、TSi4が追加となりました。

本投稿時点では、USモデルの存在は確認されていますが、日本モデルの方は確認されていませんので、USモデルの情報を取り上げます。

TSi1はフェアウェイウッド・ハイブリッドも発売

TSi1については、ドライバー・フェアウェイ・ハイブリッドの3種類が発売となっています。

一方、TSi4については、ドライバーのみとなっています。

TSシリーズではフェアウェイウッド、ハイブリッドはTS2・TS3のみでしたので、TS1の市場ニーズを確認したということかもしれません。

そう考えると、軽量のニーズはアジア市場の方がポテンシャルが高いと思いますので、TSi1の日本での発売も可能性が高いのではないかと思います。

TSi1ドライバー

ヘッド形状

特徴・適合ゴルファー

TSi1ドライバーは、前作と同じく軽量が特徴となっています。

ヘッド形状は丸型で、ウェイトはソール後方の中央に装着されています。

このヘッド形状のドライバーの特徴としては、低重心・深重心で、球が上りやすく、直進性が高い弾道が出ます。

適合ゴルファーとしては、弾道を高くしたい方、スピンが入らずどっぷ気味になりやすい方、290~300gのヘッドが重いと感じるようになった方が挙げられます。

TSi1ドライバーの解説動画になります。英語バージョンですので、翻訳機能を使ってご覧になってください。

スペック

ヘッドサイズ 460cc
ロフト角 9.0°・10.0°・12.0°
ライ角 59°
ヘッド形状 モダンエアロ
弾道
スピン量
クラブ長さ 45.75インチ

TSi4ドライバー

ヘッド形状

特徴・適合ゴルファー

TSi4ドライバーは、シリーズの中で唯一ヘッドが小ぶりで430ccです。

ヘッド形状もツアープロが好む洋ナシ型のディープフェースです。浅重心でスピン量が抑えられますので、ヘッドスピードが速いゴルファーが思い切り叩きに行けます。

ヘッドの操作もしやすい形状になっていますので、思い通りの弾道を繰り出したい上級者に適しています。

スペック

ヘッドサイズ 430cc
ロフト角 8.0°・9.0°・10.0°
ライ角 58.5°
ヘッド形状 クラシックツアーピア
弾道
スピン量 超低
クラブ長さ 45.5インチ

TSi1フェアウェイウッド

ヘッド形状

特徴・適合ゴルファー

TSi1フェアウェイウッドは、ドライバーと同様に打ち出しが高く、スピン量も中程度です。

こちらも軽量に仕上げられていますので、軽いヘッドで楽にスイングしたい方に適しています。

USの公式サイトでは標準のフェアウェイウッドよりも50g軽量と紹介されています。

スペック

番手 3 5 7 9
ロフト角 15° 18° 20° 23°
ライ角 56.5° 57.5° 58° 58.5°
ヘッド形状 モダン モダン モダン モダン
弾道
スピン量

TSi1ハイブリッド

ヘッド形状

特徴・適合ゴルファー

TSi2、TSi3のハイブリッドは、ソールウェイトが前方に搭載され、スピン量を抑えた強い弾道が出やすく設計されています。

一方、TSi1ハイブリッドは、ドライバー、フェアウェイウッドと同じく一貫してソール後方に搭載されています。

スピン量を抑え過ぎず、ミスへの寛容性を高め、球の上がりやすさを備えています。

スペック

番手 4 5 6 7
ロフト角 20° 23° 26° 29°
ライ角 58° 58.5° 59° 59.5°
クラブ長さ 40インチ 39.5インチ 39インチ 38.5インチ
弾道
スピン量

「TSi」関連記事

タイトリスト TSiドライバーの特徴を解説!TSi2ドライバー・TSi3ドライバー

タイトリスト TSi2・TSi3フェアウェイウッドの試打動画まとめ

TSi2・TSi3ドライバーの海外での評価!タイトリスト使用プロの約6割がTSiを使用

TSi2ドライバー USモデルの特徴・違い

TSi3ドライバー USモデルの特徴・違い

TSi2、TSi3ハイブリッドがツアー・シーディング開始!

 

あわせて読みたい