EPIC SPEEDドライバー USモデルの特徴・違い

キャロウェイのEPIC SPEEDドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

EPIC SPEEDドライバー USモデル

フレーム状に進化したジェイルブレイク・テクノロジー

出典:callawaygolf.com

2021年のEPICで最も顕著に変わってポイントの1つが、ジェイルブレイクの構造です。

従来まではヘッド内を縦に貫通させた二本の柱でしたが、EPIC 2021では四角いフレーム形状となっています。

より剛性が高くなりヘッドの無駄な撓みが抑えられ、ボールスピードがアップします。

エアロ設計を採用

2021年のEPICドライバーは、全部で3種類発売となっています。

MAVRIKで採用されたディープでハイバックなサイクロン・ヘッド・シェイプは、EPIC SPEEDドライバーのみに採用されています。

これが影響してか、EPIC MAX・EPIC MAX LSドライバーに搭載されているペリメーター・ウェイト(スライダー式のウェイト調整機能)は、EPIC SPEEDでは搭載されていません。

AI設計による新たなフラッシュフェースを搭載

出典:callawaygolf.com

フェースには、AI設計による新たなフラッシュフェースが搭載されていて、フェースの広いエリアで高初速が実現されています。

AIによるシミュレーションは、ヘッド形状・ジェイルブレイクも加味してモデル別に行われていますので、3種類のドライバーそれぞれで最適なフェースが搭載されています。

EPIC SPEEDドライバー USモデルのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:58°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ

ロフト角、ライ角、長さなど、基本的な主要スペックは、USモデルと日本モデルで同じです。

ただし、日本モデルでは9.0°、10.5°の2種類ですが、USモデルでは12.0°も用意されています。

EPIC SPEEDドライバーは、ヘッド後方が持ち上がったハイバック形状となっていますので、球が上りづらい方は、12.0°のあるUSモデルという選択もありそうです。

EPIC SPEEDドライバー USモデルの標準シャフト

  • Project X Cypher 40 Graphite
  • Project X HZRDUS Smoke iM10 50 Graphite
  • Project X HZRDUS Smoke iM10 60 Graphite

Project X Cypher 40 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Light 40 Mid-High Low

Project X HZRDUS Smoke iM10 50 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Regular 50 Mid Mid
Stiff 50 Low-Mid Mid

Project X HZRDUS Smoke iM10 60 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Regular 60 Low-Mid Mid
Stiff 60 Low-Mid Mid

EPIC SPEEDドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ライ角・ヘッド体積・長さなど、日本モデルとUSモデルで違いがありませんが、ロフト角のラインナップに違いがあります。

日本モデルは9.0°と10.5°のみですが、USモデルでは8.0°があります。より低く打ち出したい方にとって、8.0°というなかなかないスペックは魅力的かもしれません。

シャフトは日本モデルではDiamana 50 for Callawayが標準シャフトですが、前述の通りUSモデルでは異なるシャフトとなっています。

USでは同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

EPIC SPEEDドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでの掲載価格を見てみますと、USは$529.99、日本は84,700円~となっています。1ドル110円で計算すると20,000円弱ぐらいの差があります。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


あわせて読みたい