キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバー・フェアウェイウッドの最新情報

キャロウェイのEPIC MAX FASTドライバー・フェアウェイウッドがルール適合リストに掲載されました。

EPIC’21の追加されると思われる2モデルについて、現在、分かっている情報を取り上げます。

EPIC MAX FASTは、ドライバーとフェアウェイウッドがある

出典:https://www.randa.org/

こちらがR&Aの適合リストで確認されたEPIC MAX FASTドライバーとEPIC MAX FASTフェアウェイウッドです。掲載されたのは3月のようです。

EPIC ’21は、現在、EPIC SPEED、EPIC MAX、EPIC MAX LSの3種類のドライバーがリリースされていますので、EPIC MAX FASTドライバーは4種類目のドライバーということになります。

フェアウェイウッドについては、LSがありませんので、3種類目となります。

主要テクノロジーは同じ

新たなFASTタイプに搭載されているテクノロジーは、先に発売されているものと同様になっています。

  • JAILBREAK AI スピードフレーム(ドライバー)
  • JAILBREAK AI ベロシティブレード テクノロジー(フェアウェイウッド)
  • FLASHフェースSS21(共通)

ジェイルブレイクにより、無駄な撓みを抑えてボールスピードをアップし、FLSHフェースによりフェースの幅広いエリアで優れた反発を発揮してくれます。

EPIC MAX FASTドライバー

出典:https://www.randa.org/

EPIC MAX FASTドライバーは、フェースの直ぐ後ろのソール部分がスタンダードなモデルと異なっています。

恐らく、MAVRIKのFASTタイプと同様に、より軽いチタン素材が使われていて、ヘッドの軽量化が図られているようです。

ロフト角・ライ角の調整機能についても、先に発売されている3モデルには搭載されていますが、EPIC MAX FASTドライバーには搭載されていません。

これは、可変スリーブを搭載すると重量が嵩張るため、軽量化を図るために未搭載としていると考えられます。

適合リストの掲載内容によると、ロフト角は9.5°、10.5°、12.0°となっています。前年のMAVRIK MAX FASTドライバーでは、12.0°というスペックはありませんでしたので、なかなか自力で球を上げきれない方にとっては、心強いスペックです。

EPIC MAX FASTフェアウェイウッド

こちらはEPIC MAX FASTフェアウェイウッドです。前年のMAVRIK MAX FASTはドライバーしかありませんでしたので、FASTタイプの適用が広がった形となります。

タイトリストの同じく軽量モデルのTSi1もフェアウェイウッドが発売となっていて、市場全体で軽量モデルのニーズが高まっているのかもしれません。

EPIC MAX FASTフェアウェイウッドの特徴としては、ドライバーと同様にヘッド前方に軽量素材が用いられているように見えます。

ウェイトは、EPIC MAXフェアウェイウッドと同じく、ソールの前方・後方に1つずつ装着されています。

通常、フェアウェイウッドは全番手が適合リストに掲載されるのですが、EPIC MAX FASTフェアウェイウッドは5番のみとなっていますので、番手は1種類の可能性があります。

まとめ

EPIC ’21のFASTタイプのドライバー、フェアウェイウッドについて、最新情報を取り上げました。

詳細スペックや発売時期・発売価格などの情報は、現時点では公式情報がなく分かりませんが、今後、SNSや公式サイトなどで公式情報が出て来ると思います。

あわせて読みたい