PRGR LSシリーズ 2021の全モデルを一挙紹介!

PRGRから発売のLSシリーズ(2021)について、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

LSシリーズ

PRGRから発売のLSシリーズは、これまでのRSシリーズ、eggシリーズとは異なる新たなシリーズです。

アマチュアゴルファーのヘッドスピードの平均が40m/s前後であり、このゴルファー層が飛距離を更に伸ばすために最適なゴルフクラブがLSシリーズです。

ドライバーに関して言えば、飛距離を伸ばすための仕組みは、18°の高打ち出しと2000rpmの低スピンです。

ドライバーだけでなくフェアウェイウッド、ユーティリティも同じ考え方で開発されています。

LSドライバー

特徴

  • ヘッドスピード40m/s 前後のゴルファーがターゲットで、高弾道、低スピンにより、最大飛距離の弾道を打ちやすく設計されています。
  • ソールの下に搭載された新構造のD.B.ソールにより、重量が深く低く配分され、球の上がりやすさ、つかまり、低スピンが実現されます。
  • 高精度のCNCミルドカップフェースが採用されていて、安定したスピン量に加えて、フィーリング面でも快適な打音・打感が備わっています。

スペック

  • ロフト角:10.5、11.5°
  • ライ角:59.5°
  • フェース角:0°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • フレックス:S、SR、R
  • クラブ重量:287g(S)、283g(SR)、281g(R)

LSフェアウェイウッド

特徴

  • ドライバーと同様に、ヘッドスピード40m/s 前後のゴルファーがターゲット。
  • 高初速、高弾道、適正スピンで飛距離を最大化。
  • 低重心と最適ロフト設計により、球をしっかり上げ、キャリーで飛ばせる。
  • 3番、5番共に42.5インチに揃えた1レングス設計が採用され、同じ感覚で打ちやすくなっている。
  • ロフト角が一般的なものより大きく、球が上って大きく飛ばしやすくなっている。

スペック

番手 3W 5W
ロフト角(°) 16.5 20
体積(cc) 186 182
フェース角(°) -2
ライ角(°) 59
長さ(インチ) 42.5

LSユーティリティ

特徴

  • ドライバー、フェアウェイウッドと同様に、ヘッドスピード40m/s 前後のゴルファーがターゲット。
  • 高初速、高弾道、適正スピンで飛距離を最大化。
  • 低重心と最適ロフト設計により、球をしっかり上げ、キャリーで飛ばせる。
  • 4番、5番共に40インチに揃えた1レングス設計が採用され、同じ感覚で打ちやすくなっている。
  • ロフト角が一般的なものより大きく、球が上って大きく飛ばしやすくなっている。

スペック

番手 4UT 5UT
ロフト角(°) 23 27
体積(cc) 133 128
フェース角(°) -3
ライ角(°) 60
長さ(インチ) 40

LSシリーズの発売日・発売価格

LSシリーズの発売日は、2021年6月25日です。

<発売価格>

  • ドライバー:96,800円
  • フェアウェイウッド:52,800円
  • ユーティリティ:44,000円

あわせて読みたい